デジタルノマド

【簡単】デジタルノマドにサクッとなるたった1つの方法【航空券をポチろう】

2022年6月19日

【簡単】デジタルノマドにサクッとなるたった1つの方法【航空券をポチろう】
ミヤビ

デジタルノマドにどうやってなるんだろう?アナログ人間だし、リモートで稼げるスキルなんてありません。組織に向いてないと感じてるのですが、こんな僕でも将来デジタルノマドになれるかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • デジタルノマドとは?
  • デジタルノマドになるべき3つの理由
  • デジタルノマドになる方法と5つの手順
  • デジタルノマドのよくある3つのQ&A
  • 3ヶ月後にデジタルノマドになろう!

この記事を書いてる僕は、デジタルノマド歴1年ほど。現在は、ジョージアで暮らしており、ブログやアフィリエイトでご飯を食べています。

デジタルノマドになる方法を知りたいですか?

本記事では、ジョージアで旅するように暮らしてる僕が、未経験からデジタルノマドになる方法を解説します。結論、デジタルノマドになるには、海外に飛び立つ行動勇気があればOKですよ。

この記事を読むことで、アナログ人間なあなたでも、たった3ヶ月でデジタルノマドへの一歩を踏み出すことができます。とりあえず、半強制的な行動心理として、行き先を決めて航空券をポチるのが最適です。

デジタルノマドとは?

デジタルノマドとは?

ITスキルで稼ぎ、世界を旅するように暮らすライフスタイルのこと。

たとえば僕は、ジョージアを拠点にしてます。ノマドな聖地なだけあり、本当に暮らしやすい。

Wi-Fi環境さえあればどこでも仕事できるので、カフェやコワーキングスペース、宿が作業場となります。


こういった環境で、リモートワークをします。別に日本でもOKですが、せっかくならフラッと海外を味わいたいので、そこはあなたの感性に従いましょう。

デジタルノマド3つのメリット

まずは、メリットを解説します。控えめにいって、デジタルノマドは心地良い。

  • メリット①:時間や場所に縛られない
  • メリット②:通勤という概念がない
  • メリット③:旅をしながら働ける

 メリット①:時間や場所に縛られない

時間や場所に縛られません。
100%ではないですが、自由度は高め。

当たり前ですが、クライアントとの納期や条件は守りましょう。

海外だと、時の流れもわりとゆったり。
フリーダム・イズ・キングですね。

 メリット②:通勤という概念がない

通勤がないのも最高ですね。
作業場所は宿だから「通勤ゼロ秒」です。

移動は、バスやタクシー。ジョージアなら、40円くらいで乗れます。

通勤ストレスから、完全に解放されます。

 メリット③:旅をしながら働ける

基本的に、一人旅がオススメです。Wi-Fiさえあればどこでも働けるので、世界を転々としつつ、定期的に日本に戻る感じかと。

未来予想として、日本と海外をフラットに考えるコトが大切。海外でも生きられる自信とスキルを20代で身につければ、相当なアドバンテージ。

日本に「息苦しさ」を感じるなら、海外に飛び立ちましょう。外国人からしたら、日本人とかマジでどーでもいい人種なので。人目も気にしなくてOKです。

デジタルノマド3つのデメリット

デメリットは、下記のとおり。

  • デメリット①:Wi-Fiに縛られる
  • デメリット②:わりと孤独です
  • デメリット③:移動が非効率

 デメリット①:Wi-Fiに縛られる

時間と場所に縛られないメリットがある一方、Wi-Fiに縛られます。

裏を返すと、Wi-Fiがないと仕事できません。

とはいえ、わりとWi-Fi環境は整ってるので、気になるのは通信速度かと。初めて行ったカフェやホテルのWi-Fi速度をアプリでメモっておくと良い。

 デメリット②:わりと孤独です

ノマド全般ですが、実は「孤独」ですね。

1日の会話が「あっハイ...」みたいなのはザラで、定期的に表情筋トレーニングも必要だったりします。

とはいえ、日本にいても孤独な人は孤独なので、思い切って挑戦してみることが大切です。孤独フレンズになりましょう。

※ 孤独が苦手な人は、日本人コミュニティに入ると良いですよ。そこで、ワイワイ仲良く酒を飲む感じです。

 デメリット③:移動が非効率

定期的に宿を変えるので、移動がダルい。旅をしながら働くスタイルなので、ココは仕方ないかと。住所不定のライフスタイルを満喫しましょう。

デジタルノマドになるべき3つの理由

デジタルノマドになるべき3つの理由

20代なら、思い切って海外に行くべき。
理由は、下記のとおり。

  • 理由①:自信がつく
  • 理由②:日本と海外をフラットに考えられる
  • 理由③:社会のレールから降りられる

理由①:自信がつく

海外へ一人旅に出ると、自信がつきますよ。

  • 衣食住:一人暮らしやシェアハウス
  • コトバ:英語でコミュニケーション
  • おカネ:リモートで実案件を獲得

大切なのは「1ミリの自信」でして、自信がつくと行動に結び付く。まさに「点と点がつながる」でして、人生が潤います。

海外に出ると「背水の陣」になるので、必然的に生きる努力をします。クラウドソーシングでも仕事をもらえる時代なので、月5万ほど稼げれば、死ぬことはありません。

理由②:日本と海外をフラットに考えられる

日本と海外をフラットに考える視点を持つべき。与沢翼さんもいってるので、信頼の担保になるかと。

まずは、海外に行ってみることですね。そこで、こういう文化なのか...飯もうまいな...お金はリモートで稼げるのか...と、自分に勇気を与えていく感じです。

日本のパスポートは世界一なのに、海外に興味ない人ばかり。せっかく「国ガチャ」に恵まれてるので、いつまでも「親ガチャ」のせいにするのは良くないと思います。

理由③:社会のレールから降りられる

社会のレールから降りた方が、実は幸せかもしれません。競争に疲れたら「寝そべり族」になるのもアリです。

  • 日本:手取り20万←生活にゆとりがない
  • 海外:リモート月20万←わりと小金持ち

ぶっちゃけ、海外では月10万くらい稼げれば余裕でして「無理して会社で働く必要なくね?...」って気づいてる行動力ある人が、ITスキルで無双する...といった感じです。

インターネットでお金を稼げる以上、これからは、好きな国で好きなように暮らす人が増えるハズ。というわけで、日本以外で暮らす選択肢が増えますね。

デジタルノマドになる方法と5つの手順

デジタルノマドのよくある3つのQ&A

ぶっちゃけ、海外に飛び出す勇気とお金があれば、誰でもなれますよ。

  • 手順①:収入を確保する
  • 手順②:航空券をポチる
  • 手順③:海外渡航の手続き
  • 手順④:宿泊先を確保する
  • 手順⑤:荷作り

※ 手順①と②は、逆でもOK。先に航空券を買えば、損失回避の心理が働くので、半強制的にデジタルノマドへの一歩を踏み出せるかと。

手順①:収入を確保する

「デジタルノマドに俺はなる!」と決めたその日から、稼ぎましょう。リモートで稼げる仕事は、下記のとおり(難易度順)

  • ライター
  • 動画編集
  • オンライン講師
  • WEBデザイン
  • プログラミング
  • ブログ・アフィリエイト
  • YouTube
  • 投資・仮想通貨・NFT

とりあえず、リモートで稼げればOK。初心者にオススメは「WEBライター」ですね。

定番な「クラウドワークス」「ランサーズ」「Bizseekに登録しておきましょう。こういったクラウドソーシングからお仕事を受注できます。

 最低限、100万は貯金しておこう

収入がない人は、貯金しておきましょう。
目安は、ザックリ100万ほどあればOK。

  • 家賃:月3万〜5万
  • 食費:月1万
  • 交通費:月3,000円
  • 通信費:月3,000円
  • カフェ代:月4,000円

月5万〜7万ほどの生活費ならば、1年くらいはノマド生活できるハズかと。

基本的にノマドは、引きこもり。とりあえず、収入が安定するまで「稼ぐ行動」を継続すれば問題ない。1年頑張って金が尽きたら、日本でバイトでもして、貯金ができたら再挑戦すればOK。

とりあえず、現代社会のチートライフです。

手順②:航空券をポチる

まずは、半強制的な行動心理として「航空券をポチる」ことが大切です。

先に航空券を買ってしまえば、後戻りしにくいですよね?

スキルが身についたら海外に行こう...という意識だと、たぶん一生行かないハズ。人は行動を先延ばしする生き物なので、まずは航空券を買ってしまい、半強制的に自分を追い込む「ドM精神」が大切です。

航空券をポチって、後戻りできない心理を作りましょう!

手順③:海外渡航の手続き

次は、海外渡航の準備です。
やるべきことは、下記のとおり。

  • パスポート:発行or更新←パスポートセンターにGo
  • 海外転出届:節約テク←市役所にGo
  • 国民年金:免除も可能←市役所にGo
  • 歯の治療:わりと大切←歯医者にGo
  • 海外保険:クレカ保険でOK←後で解説

1ヶ月くらい前から、ポチポチ準備をしましょう。

なお、日本から住民票を抜く(海外転出届を提出する)と「住所不定」となり健康保険の適用外になります。とはいえ、10割負担になるだけで、日本でも医療は受けられます。

世界をノマドしつつ、帰国したら住民票を入れれば3割負担になるので、問題ないかと。

歯の治療も済ませるべし

海外で病院にお世話になると、高額な医療費を請求されます。しかし、それだけは避けたいので、医療技術が世界トップな日本でしっかりと歯の治療を済ませておきましょう。

手順④:宿を確保する

宿は「Airbnb」で探せばOK。
3週間くらい前から、決めておきましょう。

上記の宿は、1泊2,000円ほど。控えめにいって「Very Comfortable」でした。

手順⑤:荷造り

よくあることで「荷物を多くする」のはNG。デジタルノマドは「ミニマリスト」で生きましょう。

というのも、荷物が多いと移動が大変です。もちろん、行き先や季節によって、持ち物も変わります。とはいえ、デジタルノマドの醍醐味は「旅をする」だから、荷物が多いとシンドいだけですよ。

たとえば「冬を避ける」と、かさばる洋服を減らせます。

基本的に、35〜40Lくらいのバックパックに詰める感じです。荷造りは、3日くらい前からでも間に合います。ちなみに、僕のバックパックの中身が気になる方は、下記の電子書籍をどうぞ。

デジタルノマドのよくある3つのQ&A

デジタルノマドのよくある3つのQ&A

ちょっとした「不安」にお答えします。

  • 質問①:どの国を選べばいいの?
  • 質問②:おすすめなクレカって?
  • 質問③:英語は話せた方がいい?

質問①:どの国を選べばいいの?

初心者なら、タイのバンコクやチェンマイあたりが無難かと。日本からもアクセス抜群だし、格安で人気です。その他の人気な国は、下記のとおり。

カナリア諸島(スペイン)/リスボン(ポルトガル)/ブエノスアイレス(アルゼンチン)/イスタンブール(トルコ)/トビリシ(ジョージア)

Nomad List」というサイトが便利です。ちなみに僕は、ジョージアのトビリシがおすすめ←飯がメッチャ美味い

質問②:おすすめなクレカって?

おすすめなクレカは、下記のとおり。
海外保険つきだから、美味すぎる。

  • その①:楽天カード←自動付帯(プレミアムなら、プライオリティパス付き)
  • その②:エポスカード←自動付帯(ゴールドなら、ラウンジ無料)
  • その③:リクルートカード←利用付帯(予備の一枚)

海外で暮らすと、ケガや病気が心配ですよね?現地の民間保険に加入するのもアリですが、クレカ保険を利用した裏ワザを使いましょう。

 クレカの裏ワザを紹介

  • 手順①:渡航から、自動付帯のクレカで「90日」の保険が適用
  • 手順②:90日後に、利用付帯のクレカを使用し「90日」延長
  • 手順③:90日後に、利用付帯のクレカを使用し「90日」延長

「自動付帯クレカ1枚+利用付帯クレカ数枚」って感じで、保険適用日数をグイッと伸ばせます。実質、360日くらいに延長できるので、民間保険に入る必要は「ない」です。

 日本円の現金は、不要

基本的に海外では、日本の現金は使いません。普段の生活は、クレカ or 現地のマネーです。あと気になるのが海外送金ですが、WISE(ワイズ)を使えば、手数料を世界最安で抑えられます。

質問③:英語は話せた方がいい?

最低限、、、「英語+現地のコトバ」を勉強しておきましょう。

  • 空港での乗り継ぎ
  • Airbnbのやりとり
  • 現地でのお買い物
  • 飲食店でのオーダー
  • しつこい勧誘を断る

日本で外国人が「アリガトウ」っていえば、素直に嬉しいですよね?海外でも同じですよ。

とりあえず、英語が心配な人は、スタディサプリで鍛えましょう。7日間の無料体験もあるので、ぜひオススメです。

>> 新日常英会話セットプランを無料で体験する

3ヶ月後にデジタルノマドになろう!

3ヶ月後にデジタルノマドになろう!

「3ヶ月後にデジタルノマドに俺はなる!」と宣言しましょう。

思考は、現実化する

ちょっと胡散臭い自己啓発ですが、、、「思考は現実化」します。

 目標は、紙に書き出そう

目標は、紙に書きましょう。
思考を紙に書き出すと、夢が叶います。

紙に書くのはメンドイな...という方は、Twitterで宣言すればOK。

要は「自己洗脳」でして、自分を愛することが大切です。他人の人生を生きても、しょうもないので。

たとえば、親から「人生を棒に振るぞ」と言われましても、親の価値観など「アメリカンドックのこべりカス」みたいなモンですからね。とりま、目標を紙に書き出し、新たな人生の一歩を踏み出しましょう。

デジタルノマドになる方法と手順

さいごに、おさらいです。

  • 手順①:収入を確保する
  • 手順②:航空券をポチる
  • 手順③:海外渡航の手続き
  • 手順④:宿泊先を確保する
  • 手順⑤:荷作り

金さえあれば、なんとかなります。何はともあれ、行き先を決めて、航空券をポチりましょう。

とはいえ、リモートで稼げるスキルなんてないよ...という方も多いと思います。

僕も最初は、あなたと同じ気持ちでした。しかし、地道にコツコツ取り組めば「1ミリの新芽」が出ます。とりま、下記のスキルを身につけることをオススメします。

デジタルノマドに最適なスキル3選

デジタルノマドは、下記のスキルがある人が多いですよ。

  • スキル①:プログラミング
  • スキル②:WEBデザイン
  • スキル③:WEBマーケティング

 スキル①:プログラミング

プログラミングを身につけると、WEBサイトやアプリを作れます。リモートも可能ですし、フリーランスとしての活路も開けます。

僕の友人の場合、月収「50万〜100万くらい」です。

なお、プログラミングは独学でもOKですが、挫折しやすい。そこで、オンライン学習できるスクールを使う方法もあります。詳しくは【無料あり】エンジニア転職に強いおすすめプログラミングスクール比較ランキング10選をどうぞ。

【無料あり】エンジニア転職に強いおすすめプログラミングスクール比較ランキング7選
【無料あり】エンジニア転職に強いおすすめプログラミングスクール比較ランキング7選

エンジニア転職に強いおすすめプログラミングスクールを知りたいですか?本記事ではデジタルノマドの僕が、プログラミングスクール厳選比較ランキング7を紹介します。エンジニア転職して、コスパよく生きましょう。

続きを見る

 スキル②:WEBデザイン

WEBデザインを身につけると、イケイケなWEBサイトを作れます。

経験からいうと「月収5万〜50万」くらいですね。

現代だと「ノーコード」といって、コードを書かなくてもサイトを作れる技術があります。独学でも習得しやすいので、WEBデザインに興味ある人は、挑戦すべきです。

なお、WEBデザインにセンスはあまり必要ありません。論理で8割カバーできます。独学が不安な方は【実質無料】おすすめWEBデザインスクール比較ランキング3選【未経験から転職できる】をどうぞ。

【実質無料】WEBデザインスクールおすすめ比較ランキング3選【未経験から転職できる】
【実質無料】WEBデザインスクールおすすめ比較ランキング3選【未経験から転職できる】

未経験からWEBデザイナーに転職したいですか?本記事では、デジタルノマドの僕がおすすめするWEBデザインスクールをランキング形式で3つ比較紹介します。コスパ良いWEBデザイナーを目指しましょう。

続きを見る

 スキル③:WEBマーケティング

WEBマーケティングを身につけると、WEBで集客し商品を購入させるスキルが身につきます。とりま、ブログとTwitterを始めればOKですね。

  • スキル①:SEO←検索上位をとる方法
  • スキル②:SEOライティング
  • スキル③:WEBライティング
  • スキル④:広告運用
  • スキル⑤:人の心を操る文章術

こんな感じで、メリット大。
やらないと、マジで損ですね。

ブログを始めるなら、WordPress一択。なお、現代は便利な時代でして、下記のサーバーを契約すると、10分くらいでWordPressを開設できます。ドメイン(永久無料)もセットで契約できて、マジで楽チン。

月額500円〜1,000円ほどで始められるので、こんなにお得なビジネスはありません。WordPressをサクッと始めたいなら、下記のサーバーが一般的です。

  • その①:エックスサーバー:国内シェアNo1のコスパ最強レンタルサーバー
  • その②:ConoHa WING:国内最速No1の次世代レンタルサーバー

個人的にエックスサーバーがおすすめでして、ブログの開設方法は【格安】エックスサーバーを使ったWordPressブログの始め方【初心者向け】をご覧ください。

【格安】エックスサーバーを使ったWordPressブログの始め方【初心者向け】
【格安】エックスサーバーを使ったWordPressブログの始め方【初心者向け】

エックスサーバーを使ったWordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、WordPressブログの開設方法と開設後の初期設定について解説します。初心者でもたったの10分で終わります。

続きを見る

おすすめクラウドソーシング3選

案件獲得には、クラウドソーシングをどうぞ。定番は、下記の3つです。

上記をすべて登録しましょう。
無料ですので、損することはありません。

===

デジタルノマドは、控えめにいって最高です。会社で働くことだけが正解じゃないので、人生の"サラダボール"に色を与えましょう。

日本はマジメすぎなので、もっと「適当」でいいと思います。

やるかやらないかは、あなた次第です。
迷ってるなら、行動しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-デジタルノマド