IT転職 × Tips 仕事の悩み

【攻略本】人生は運ゲーだからこそ、諦めるべきです【人生の勝率を高める方法】

2022年8月29日

【攻略本】人生は運ゲーだからこそ、諦めるべきです【人生の勝率を高める方法】
ミヤビ

人生って、運ゲーだよな...とはいえ、努力が大切って言うし...運ゲーな人生をどうにか攻略したいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 人生は運ゲーだからこそ、諦めるべきです
  • 運ゲーな人生を諦めつつ、攻略する3つの方法

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。過去には、天皇陛下に仕えてました。まさに「運ゲー」ですね。

人生って、運ゲーだと思いませんか?...

本記事では、人生 =「運ゲー」だからこそ、諦めるべき理由を解説します。

この記事を読むと「人生は運ゲーである」ことを再認識しつつも、運ゲーな人生を攻略するヒントを得られます。

基本的に「人生は運ゲー」なので、諦めつつも、しかし、淡々と努力すべきだと思います。

人生は運ゲーだからこそ、諦めるべきです

人生は運ゲーだからこそ、諦めるべきです

理由を解説します。

  • 理由①:親ガチャ
  • 理由②:国ガチャ
  • 理由③:職ガチャ

理由①:親ガチャ

残念ながら、人間の能力は、親の遺伝で決まります。運動神経や学力とか容姿です。

慶應義塾大学の調査結果によると、子供の学力は、70%も親の影響を受けることが判明してます。運動神経は「ゴールデンエイジ」な3歳〜12歳でほぼ決まります。

まぁ「努力が大切」というのは当たり前ですが、プラスαで、親の教育だったり、環境や出会いもあるので、努力だけで成功するのは無理ですね。

小学生の夢 =「サッカー選手」でしたが、僕は当時から「あっ、自分には無理だな...」と悟りつつ、諦めました。

そもそも、能力値の低い親 =「環境の扱いもビミョー」という感じでして、親の育て方がビミョーだと、いくら本人が頑張っても、やはり、その分野で成功しづらいかと。

子どもの環境を潰してしまうような人は、ぶっちゃけ、子供を産むべきではない。育児放棄とか、マジあり得ないですからね。

理由②:国ガチャ

どこの国に生まれるのかも重要ですね。

たとえば「北◯鮮」とかに生まれてたら「外の世界」を知ることを許されません。そして、脱北者 = 56されるとか、最悪ですよね...まさに「パラディ島」かと。

上記は極論ですが、国によっては、まともにご飯を食べられなかったり、ボットン便所だったり、蚊に刺されたらゲームオーバーみたいな国もあります。

アフリカ人に生まれれば、運動神経抜群だったかもしれません。ヨーロッパ系に生まれれば、イケメンかもです。じゃあ「アジア人は?」というと「あっ、アジア人だな...」という感じでしかないと思います。

何はともあれ、親ガチャ同様、国ガチャは操作できません。生まれた瞬間から、人生ハードゲーな人もいますし、僕は幸い死ぬことはなかったので、運が良かった方ですね。

 日本 =『勝ち組』です

お気づきかもですが、日本に生まれた時点でわりと勝ち組です。

パスポートの信頼性も世界一ですから、日本国籍なら、世界のどこへでも行けます。僕は「ジョージア」というナゾな国で生きてますが、これも日本人ならではの特権。

とはいえ、取得率は「19%」とビミョーですけど...

最後の砦として「生活保護」もあります。
死ぬことは、ないですね。

理由③:職ガチャ

あなたが勤めている会社も、わりと運ゲーかと。

そしてそこには、たくさんの人間がいて、人それぞれ性格も異なります。そもそも、たまたま入った会社なのだから、運ゲーなのは当たり前ですよね?

怒りっぽい人、割り切ってる人、無関心な人、媚びる人、穏やかな人...

何はともあれ、仕事で辞める原因は「人間関係」が圧倒的。職場もガチャ要素が強い。まさに、運ゲーですね。

 働く業界も重要

当たり前の事実ですが、年収は業界で決まります。

  • ショボい業界の営業:年収250万
  • イケてる業界の営業:年収700万

ザックリと上記のとおりでして、業界が違うだけで、年収が大きく変わります。業務内容は「モノを売る」というシンプルな構図ですが、働く業界が違うだけで差は歴然です。

年収が低いと、心も狭くなります。すると、謎にキレる、、、、上司も多かったりするので、ストレス大です。このように業界選びも、運要素としては大切ですね。

この辺りの思考論は「転職と副業のかけ算」で学べます。ぜひ、ポチりましょう。

運ゲーな人生を諦めつつ、攻略する3つの方法

運ゲーな人生を諦めつつ、攻略する3つの方法

人生の勝率を高める方法です。

  • 方法①:仕事を変える
  • 方法②:住む場所を変える
  • 方法③:時代の波に乗る

極論「フツーに生きてたら不確定要素が強すぎるから、レールから降りよう」というお話。

特に「方法③」が重要でして「好きなことをしつつ、時代の波が来たら、発信しつつ稼ぐ」ですかね。これが、現代の最適解かと。なので、ある程度「ヒマな人生」も大切でして、ヒマじゃないと波乗りできなかったりしますので。

方法①:仕事を変える

シンプルに「IT業界」に転職しましょう。

IT業界と聞くと、真っ先に「プログラマー」とか「エンジニア」を思い浮かべるかもですが、要は、パソコンやインターネット、スマホを使って稼ぐ仕事です。

ブログやWEBデザイン、YouTubeもITの世界でして、こういった世界で働くと、自由への一歩につながります。いうまでもなく、大変な世界ですが、コンテンツが自分の資産になります。

ITの世界で生きると、シンプルにパソコンさえあれば稼げます。というと、場所を選ばない働き方も可能でして、海外に拠点を移しつつ旅するように稼ぐことも可能です。

こういう生き方を「デジタルノマド」といいますが、月5万ほどでノマド生活をしつつ、月50万〜100万を稼ぐといったチート人生を送ってる人がたくさんいます。

IT系のお仕事は、給料も高かったりするので、特にエンジニアは勝ち組ですね。

 人付き合いも変わる

仕事を変えると、人間関係が変わります。つまり、人付き合いが変化します。そして、フリーランスの僕としては、過去の職業柄を俯瞰できるようになりました。

  • インフラ業:ヒマ主義←暇を愛し、人生を体たらくに生きる人たち
  • 国家公務員:安定主義←人生 =「安定という幻想」にしがみつく人たち
  • フリーランス:自由主義←自由とお金を求め、挑戦を繰り返す人たち

体感的に、こういった人たちでした。

運ゲーな人生を攻略するには、人間関係を取捨選択できる環境に身を置くこと。フリーランスは、人間関係を選択できるので、メリットはでかい。その分、孤独ですけどね。

方法②:住む場所を変える

住む場所も大切です。
たとえば僕は「ジョージア」で暮らしています。

何はともあれ、場所に縛られないことが大切だと思います。人によっては、タイだったり、バリ島とかも良いですね。

じゃあ、こーいった世界観で働くには、やはり「IT業界」なワケです。しかし、スーパー「いな○やの店員」ですと「いな◯や飯田橋店」とかに縛られるワケです。

それは気楽かもですが、会社都合で転勤させられるとか、ちょっとストレスじゃないですかね?本当はもっとココで働きたいのに異動を命ぜられるとか、僕は勘弁です。

その③:波に乗る

やはり大切なのは「波に乗る」ことですね。

僕が皇室で働けたのも、まさに波に乗れたからでした。皇室ブームが始まる前は、採用人数が若干増えまして、まぁ結果はというと、ギリギリ合格でした。

こんな感じで波に乗れると、多少スキルは雑魚でも、チャンスは大きく掴めます。たとえば、ブログの世界でも波はあります。

  • 2017年:仮想通貨ブーム←仮想通貨の始め方や口座開設で大きく稼げた
  • 2019年:ブログブーム←ブログの始め方やブログの書き方で大きく稼げた
  • 2022年:NFTブーム←NFTアートの始め方で大きく稼げた

まぁこういった感じで、時代の波にうま〜く乗れると、ガツンと稼ぎやすいですね。YouTubeでもそうですが、エンタメブーム、ビジネス系ブーム、ASMRブームなど、時代の波に乗るチャンスはたくさんあります。

というわけで、〇〇 =オワコンと叫ぶ前に、時代の波に乗ることを意識すればOK。チャンスは、目の前に転がってますよ。

結論:諦めつつ、淡々と作業すべし

「親がヒドい...」「生まれた国が...」「人間関係が...」、、、こんなこと言ってたら、一生、他人のせいにする人生です。この先も「運ゲー」任せに逃げる人生でしょう。

とはいえ、それでも生きられてしまうのだから、日本は素晴らしい国ですね。死ぬことを考えないだけで(いや、実際には考えてしまうのだが)勝ち組です。

「人生は、運ゲーである」ということを前提に生きれば、深く悩んだりせず、もっと気楽に生きられると思います。ならやるべきことは、シンプルに行動しかありません。

日本人はよく「生きる意味」とか「仕事のやりがい」を探そうとしますが、そんなモンは、自分が稼いで幸せになってからでOK。余計なことを考えるから悩むわけです。

ホリエモンの言葉を借りると、「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」です。人生は運ゲーなので、諦めつつも、淡々と今を生きる、、、ことが大切です。

 日頃から、運が良いと思い込むべし

最後に、普段から僕が意識してることです。

というわけで「自分は運がいい」と思い込みましょう。そうすると、自然と神が味方し、機運が高まります。根拠はないのですが、成功者は「運が良かった」と言いますから、盲目に信じるまで。

自分なんて信じられないかもですが、自分を信じなくてどうするんですかね。孤独じゃないですか?まずは、ちっぽけな自分でも、愛しましょう。自分を愛し、自分の脳みそを勘違いさせるイメージです。

というわけで、今回は以上です。人生 =「運ゲー」というか「勘違いゲー」だったりもするので、人生を諦めつつ、今日も淡々と作業です。諦める力とセットで、人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっているもどうぞ。

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み