Blog ブログ ツール

【7社】WordPressブログおすすめレンタルサーバー徹底比較【プロが厳選】

2022年12月28日

【7社】WordPressブログおすすめレンタルサーバー徹底比較【プロが厳選】
ミヤビ

WordPressのレンタルサーバー選びで迷っています。たくさんあって、一体どれを選べばいいかわかりません。WordPressブログにおすすめなレンタルサーバーを教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • レンタルサーバーとは?
  • レンタルサーバーを選ぶ10個の基準
  • WordPressブログおすすめレンタルサーバー7社比較
  • WordPressにレンタルサーバーを導入する方法
  • レンタルサーバーに関するよくある質問
  • レンタルサーバー選びに役立つ用語集
  • 比較不要!レンタルサーバーなら「エックスサーバー」

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。ブログ歴は3年ほどでして、ブログの最高月収は20万円です。

WordPressブログにおすすめなレンタルサーバーを知りたいですか?

本記事では、WordPressブログに最適なレンタルサーバー7社を徹底比較します。

この記事を読むと、コスパ最強なレンタルサーバーがわかり、今すぐサクッと10分でWordPressブログを始められます。

下記に「おすすめレンタルサーバー7選」の比較表をまとめました。

【比較表】レンタルサーバー7選
レンタルサーバー エックスサーバー ConoHa WING シン・レンタルサーバー mixhost カラフルボックス お名前.comレンタルサーバー ラッコサーバー
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
月額料金 495円〜
(2/03まで)
687円〜
(2/07まで)
770円〜 990円〜 528円 891円 385円〜
ディスク容量 300GB〜 300GB〜 300GB〜 300GB〜 150GB〜 400GB〜 100GB〜
ドメイン代 永久無料 永久無料(2つ) 永久無料 永久無料 永久無料 永久無料 無料
SSL化 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
バックアップ 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
簡単インストール
公式サイト エックスサーバー ConoHa WING シン・レンタルサーバー ミックスホスト カラフルボックス お名前.com
レンタルサーバー
ラッコサーバー

ぶっちゃけ、人気定番な「エックスサーバー」か「ConoHa WING」ですね。

もしくは、ワンランク上の、エックスサーバー次世代バージョン「シン・レンタルサーバー」もおすすめでして、超高速環境を実現できます。

ミヤビ

僕は「エックスサーバー」をメインで愛用してます。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、読んで字の如く「サーバーをレンタル」できるサービスのこと。

サーバーを自前で用意すると、専門知識や高度な技術が必要です。

ユーザー自身で、サーバーを用意する必要がなく、お金を払ってサーバーを借りることで、ネット上でブログやECサイトを提供できるようになります。

サーバーの役割

サーバーは、インターネット上でサーバー自身が所有するデータを、他のコンピュータに提供する役割があります。

つまり、ユーザーからのリクエストを受け取っては、必要な情報を返す役割がある、、、ということ。たとえば、下記のとおりです。

  • メールを送信→メールを受信する
  • HPをクリック→HPが表示される
  • 調べ事を検索→記事を閲覧できる

上記の「→」で、サーバーが情報を処理します。

たとえば、スマホでググるケースを考えましょう。

ネットでググると、サーバーにリクエスト(要求)が届きます。そして、適切な情報をサーバーが返します。だから、僕たちはWebサイトを閲覧できるのです。

サーバーがダウンすると、ネットは繋がってても、記事やサイトを閲覧できなくなるのは、このためです。

レンタルサーバーの種類

主なレンタルサーバーの種類は、下記のとおりです。

  • 専用サーバー:1台のサーバーを1ユーザーで利用する
  • 共有サーバー:1台のサーバーを複数のユーザーで利用する
  • 仮想サーバー:1台のサーバーに複数の仮想環境を作成し、1つの仮想環境を1ユーザーで利用する

WordPressブログ運営をするなら「共用サーバー」がメジャーです。

デメリットは、サーバー過負荷による影響を受けることですね。とはいえ、最近のレンタルサーバーは、性能が抜群でして、別にあまり気になりませんよ。

費用は「月500円〜1,000円」ほど。使い方もシンプルで、専門知識は必要ありません。レンタルサーバーをサクッと契約すれば、WordPressブログを好スタートできます。

レンタルサーバーの魅力とは?

特に最近のレンタルサーバーは、高品質・高機能・コスパ最強なサービスが魅力的。これからブログを始めたい方は、レンタルサーバーの契約が「必須」です。

  • 魅力①:月額「ワンコイン」でサーバーを借りられる
  • 魅力②:ドメイン永久無料サービスもある
  • 魅力③:WordPress簡単インストール付き
  • 魅力④:自動の無料SSL化対応
  • 魅力⑤:自動バックアップサービス

上記のとおり、毎月「マック1回分」で、ブログ運営できるなんて、こんなに美味しいビジネスは存在しません。

レンタルサーバーは、サーバーだけでなく、サイトURLとなる「独自ドメイン」も無料で提供してくれ、WordPressのセットアップも行ってくれます。

レンタルサーバーを選ぶ際には、サーバーのスペックや利用料金、サポート体制などをよく確認しつつ、適切なサービスを選ぶことが重要です。

レンタルサーバーを選ぶ基準10項目

レンタルサーバーを選ぶ基準10項目

レンタルサーバーを選ぶ際は、下記の10項目を比較・検討しましょう。

  • その①:運営実績・シェア率
  • その②:WordPress簡単インストール
  • その③:初期費用・月額料金
  • その④:独自ドメイン
  • その⑤:サーバーの安定性
  • その⑥:ページ速度
  • その⑦:SSL化の無料自動設定
  • その⑧:自動バックアップ
  • その⑨:サポート体制
  • その⑩:アダルトサイトの運営可否

その①:運営実績・シェア率

レンタルサーバー 運営開始 シェア率
エックスサーバー 2003年〜 36%
ConoHa WING 2013年〜 7.4%
シン・レンタルサーバー 2021年〜 2.5%
ミックスホスト 2016年〜 1.6%
カラフルボックス 2018年〜 圏外
お名前.com レンタルサーバー 2009年〜 2.4%
ラッコサーバー 2021年〜 圏外

国内レンタルサーバーのシェア率に関しては、下記の図をどうぞ。

日本のWordPressサーバーシェア率(2022年1月)

日本のWordPressサーバーシェア率(2022年1月)引用元:マニュオン

国内の運営実績・シェア率については「エックスサーバー」がダントツ。

国内最大手のレンタルサーバーなので、選んでおいて間違いありません。

もしくは、最新サービス・性能で人気な「ConoHa WING」もおすすめですね。

その②:初期費用・月額料金

レンタルサーバー 初期費用 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
エックスサーバー 無料 - 1,320円〜 1,210円〜 1,100円〜 1,045円〜 990円〜
ConoHa WING 無料 - 1,320円〜 1,320円〜 1,320円〜 1,320円〜 1,320円〜
シン・レンタルサーバー 無料 - 990円〜 990円〜 880円〜 825円〜 770円〜
ミックスホスト 無料 - 2,200円〜 - 1,650円 - 1,320円〜
カラフルボックス 無料(3ヶ月以上の契約) 792円〜 748円〜 704円〜 638円〜 594円〜 528円〜
お名前.com レンタルサーバー 無料 1,430円 - 1,188円 1,078円 990円 891円
ラッコサーバー 無料 550円〜 523円〜 495円〜 440円〜 - 385円〜

ただし、上記は「定価」です。

基本的には、キャンペーン期間に申し込めば「ワンコイン価格」でお得に契約できます。

特に「エックスサーバー」ですと、よく「月額495円」キャンペーンをやってます。こーいったお得キャンペーン期間に申し込むと、初期費用を節約できますね。

基本的に、ブログ =「長期運営」ですので、少なくとも「12ヶ月以上」で契約しましょう。36ヶ月契約すると、最安になります。

その③:WordPress簡単インストール

レンタルサーバー WordPress簡単インストール
エックスサーバー WordPressクイックスタート
ConoHa WING WordPress簡単インストール
シン・レンタルサーバー WordPress簡単インストール
ミックスホスト WordPressクイックスタート
カラフルボックス WordPress快速セットアップ
お名前.com レンタルサーバー WordPressかんたんインストール
ラッコサーバー かんたんブログスタート

本記事で紹介したレンタルサーバーは、すべて「WordPress簡単インストール」を申し込めます。

要は「サーバー・ドメイン・WordPress」を一括でインストールできます。

もちろん「無料」ですし、自力でWordPressをセットアップする手間を考えたら、申し込まない選択肢はありません。

その④:独自ドメイン

レンタルサーバー 独自ドメイン
エックスサーバー 永久無料 1個
ConoHa WING 永久無料 2個
シン・レンタルサーバー 永久無料 1個
ミックスホスト 永久無料 1個
カラフルボックス 永久無料 1個
お名前.com レンタルサーバー 永久無料 1個
ラッコサーバー 無料 1個

各レンタルサーバーを契約すると、無料で独自ドメインもゲットできます。しかも、ドメイン代は「永久無料」の場合が多いです。

また「ConoHa WING - WINGパック」を申し込むと、永久無料のドメインが「2個」もゲットです。

他では類を見ないサービスですので、複数のサイト運営をお考えでしたら「ConoHa WING」がおすすめです。

その⑤:サーバーの安定性

ブログ運営者としては、サーバー不可に強いレンタルサーバーを選ぶべき。なぜなら、ブログ収益に直結するからです。

レンタルサーバーは「共有サーバー」がメジャーであると解説しました。つまり、同時アクセスなどでサーバーに超負荷がかかると、サーバーダウンしやすくなります。

読者は、サーバーダウンの事情など、関係ありません。

記事をクリックしたけど閲覧できない...
シンプルに、ユーザー体験の損失です。

ブログ収益化のためにも、アクセスに強い安定したサーバーから選びましょう。

その⑥:ページ速度

ページ速度は、SEOでも重要ですので、通信速度の速いサーバーを選びましょう。

ぶっちゃけ、どのレンタルサーバーでも「国内No.1(当社調べ)」を掲載します。

しかし、いろんなレンタルサーバーを使って思うに「大差なし」です。「エックスサーバー」「ConoHa WING」あたりは、ストレスなく速いので、間違いありません。

その⑦:SSL化の自動設定

上記レンタルサーバーを契約すると、無料&自動でSSL化が設定されるので、ご安心を。

SSL化とは、通信を暗号化するセキュリティ対策のことです。通信内容が筒抜けになることなく、安心・安全なWebサイトの閲覧が可能になります。

「http」→「https」にすることを「SSL化」といいます。

WordPressブログでは、通信の暗号化は必須です。というのも、自身だけでなく読者へのセキュリティ配慮も必要だからです。

当たり前のセキュリティ対策を行うことにより、読者に対する「信頼感」も生まれます。

その⑧:自動バックアップ

レンタルサーバー 自動バックアップ
エックスサーバー 標準搭載(過去14日間)
ConoHa WING 標準搭載(過去14日間)
シン・レンタルサーバー 標準搭載(過去14日間)
ミックスホスト 標準搭載(過去14日間)
カラフルボックス 標準搭載(過去14日間)
お名前.com レンタルサーバー 標準搭載(過去14日間)
ラッコサーバー 標準搭載(過去30日間

サーバー上のデータは、1日1回、バックアップ専用サーバーで自動コピーされます。万が一、データが消失した場合でも、サーバーパネルなどからデータを復旧できます。

一般的なデータ保存期間は「過去14日間」までですが、ラッコサーバーだけ「過去30日間」と、手厚いバックアップ支援です。

その⑨:サポート体制

レンタルサーバー 電話 チャット メール
エックスサーバー
ConoHa WING
シン・レンタルサーバー
ミックスホスト × ×
カラフルボックス
お名前.com レンタルサーバー ×
ラッコサーバー × ×

手厚いサポートを受けられるレンタルサーバーを選びましょう。

僕も何度かお世話になりましたが、メールやチャットサポートが便利です。

自分で問題解決できない場合は、サポートに問い合わせることで、打開の可能性が広がります。

質問の仕方に配慮せよ

質問の仕方には「配慮」が必要です。

というのも、相手も人間です。いくら客でも「わかりません、助けてください」というような誠意のない態度では、良質なサポートを受けられません。

下記に、質問テンプレを載せておきます。僕は下記のイメージで質問しますが、いつも、120%の解答を得られます。

質問テンプレ

  • アカウントID・サーバーID:xxx
  • エラーメッセージ:503エラー
  • エラー発生日時:2023/01/01/0:00頃〜
  • 利用ソフトウェア名:WordPress
  • 解決を試みた実践内容:「A」「B」「C」

その⑩:アダルトサイトの運営可否

レンタルサーバー アダルトサイトの運営可否
エックスサーバー 不可
ConoHa WING 不可
シン・レンタルサーバー 可能
ミックスホスト あり(mixhost adult)
カラフルボックス あり(Colorful Box adult)
お名前.com レンタルサーバー 不可
ラッコサーバー 不可

アダルトサイトの運営をお考えでしたら、ココは注意ですね。

というのも、レンタルサーバーによっては、アダルトサイトの運用が禁止されてる場合があります。

中には「OK」なレンタルサーバーもありますが、各サービスの利用規約を読んでから申し込みましょう。

WordPressブログおすすめレンタルサーバー7社比較

WordPressブログおすすめレンタルサーバー7社比較

WordPressブログにおすすめなレンタルサーバーを下記の比較表にまとめました。

こんなこというと怒られるかもですが、ぶっちゃけ、どこも「大差なし」です。

僕が選ぶとしたら、人気定番な「エックスサーバー」か「ConoHa WING」ですね。特に、これからブログを始める人にとっては、「定番」から選ぶと失敗しませんよ。

【比較表】レンタルサーバー7選

【比較表】レンタルサーバー7選
レンタルサーバー エックスサーバー ConoHa WING シン・レンタルサーバー mixhost カラフルボックス お名前.comレンタルサーバー ラッコサーバー
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
月額料金 495円〜
(2/03まで)
687円〜
(2/07まで)
770円〜 990円〜 528円〜 891円〜 385円〜
ディスク容量 300GB〜 300GB〜 300GB〜 300GB〜 150GB〜 400GB〜 100GB〜
ドメイン代 永久無料 永久無料(2つ) 永久無料 永久無料 永久無料 永久無料 無料
SSL化 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
バックアップ 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
簡単インストール
公式サイト エックスサーバー ConoHa WING シン・レンタルサーバー ミックスホスト カラフルボックス お名前.com
レンタルサーバー
ラッコサーバー

1位:エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバー
初期費用 無料
月額費用 495円〜(2/03日まで)
ディスク容量 300GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト NG

ココまで読むとわかりますが、ぶっちゃけ「エックスサーバー」一択ですね。

特に、デメリットはありません。初期費用も完全撤廃されましたし、国内最大手の人気レンタルサーバーだから、間違いありません。

月額「495円」の超お得キャンペーンも定期的にやってます。

他のレンタルサーバーと迷って、時間を失うことの方が大損失です。今すぐ「ポチッ」と申し込んだ方が「賢い」選択ですよ。

2位:ConoHa WING

ConoHa WING

ConoHa WING
初期費用 無料
月額費用 687円〜(2/07日まで)
ディスク容量 300GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト NG

もしくは、最近、人気絶頂な「ConoHa WING」も選択肢としておすすめです。

実績やシェア率は、エックスサーバーに劣りますが、性能面ではトップクラス。とはいえ、サーバー障害がわりと多かったり、サポート対応の不満の声もよく耳にします。

月額「660円」のお得キャンペーン、永久無料ドメインは「2つ」ゲットです。

エックスサーバーが微妙なら「ConoHa WING」に決まりです。さぁ、今すぐポチってください。サクッと10分で、WordPressブログを始められます。

3位:シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバー
初期費用 無料
月額費用 770円〜
ディスク容量 300GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト 可能

シン・レンタルサーバーは、国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」のシステムをベースとした次世代レンタルサーバーです。

  • 超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」の導入
  • 読み込み速度が最大14倍「NVMe」の採用
  • PageSpeed Insightsのスコアは最大264%向上
  • アクセス集中時も高速・安定「nginx」を採用
  • 快適なネットワーク環境「10Gbps」を実現

機能を見ると「スゲ〜」って感じですが「エックスサーバー」で十分です。

とはいえ、月額「ワンコイン」は魅力的。予算に余裕あれば、サーバー環境に革新性を融合させた「シン・レンタルサーバー」でもOK。これで文句はありませんね。

もうこの先は、読まなくてOK。ダルかったら「WordPressにレンタルサーバーを導入する方法」まで、スルーしましょう。

4位:mixhost

ミックスホスト

mixhost
初期費用 無料
月額費用 990円〜
ディスク容量 300GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト mixhost adult

アダルトサイトを運営できる貴重なレンタルサーバー「ミックスホスト」も人気です。

しかし、2016年にリリースされたとして、エックスサーバーより13年も後発組。安定稼働・サポート実績を重視する人にとっては、エックスサーバーの方がおすすめです。

そして、ちょっと高めな月額費用も気になるところ。

初心者向けというより、中上級者のブロガー・アフィリエイター向けです。

5位:カラフルボックス

カラフルボックス

Colorful Box
初期費用 無料(3ヶ月以上の契約)
月額費用 528円〜
ディスク容量 150GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト Colorful Box adult

カラフルボックスは、2018年にリリースされたばかりの新米レンタルサーバー。月額費用がかなり安いのが特徴でして、とにかく節約したい...という人におすすめです。

僕も契約してますが、初心者向けでして「可もなく不可もなく...」といった印象。とはいえ、サポート対応がスムーズで素晴らしかったです。

Colorful Box のチャットサポート

Colorful Box のチャットサポート

丁寧なサポートなら、ブログ初心者さんでも安心して使えるかと。

また、アダルトサイトを運営できる「Colorful Box adult」もあります。上記「mixhost」さんより、お安く運営できるので、気になってる方は、ぜひどうぞ。

6位:お名前.com レンタルサーバー

お名前.com レンタルサーバー

お名前.com レンタルサーバー
初期費用 無料
月額費用 891円〜
ディスク容量 400GB〜
ドメイン代 永久無料
SSL化 無料
バックアップ 無料
簡単インストール
アダルトサイト NG

お名前.com レンタルサーバー」は、有名ドメイン取得サービス「お名前.com」が提供するレンタルサーバー。申し込むと、なんと下記の特典があります。

  • 特典①:月額費用が初回「100円」(1ヶ月払い)
  • 特典②:人気WordPress有料テーマが特別価格

特に「特典②」有料テーマの特別価格は嬉しいですね。

WordPress有料テーマ特別価格

  • 賢威:6,380円OFF(27,280円→20,900円)
  • Diver:2,800円OFF(1,7980円→15,180円)
  • SUNSET:6,600円OFF(54,780円→48,180円)
  • THE・THOR:3,080円OFF(16,280円→13,200円)
  • Emanon Buisness:2,570円OFF(12,800円→10,230円)
  • LIQUID CORPORATE:550円OFF(10,890円→10,340円)

こんなこと言うと怒られますが、ぶっちゃけ「お名前.com レンタルサーバー」でなければならない理由は存在しません。

別に他のレンタルサーバーでも、ドメインは永久無料ですし、初期費用も無料です。むしろ、他と比べて月額費用が高いです。

有料テーマの特別割引は、テーマが限定されており、その点で微妙です。詳しくは【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】をどうぞ。

【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】
【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】

WordPressでおすすめな有料テーマを知りたいですか?本記事では、ブログ収益化に必須なWordPressおすすめ有料テーマを7つ厳選し、徹底比較しました。ブログで稼ぎたいなら、ポチりましょう。

続きを見る

7位:ラッコサーバー

ラッコサーバー

ラッコサーバー
初期費用 無料
月額費用 385円〜
ディスク容量 100GB〜
ドメイン代 無料
SSL化 無料
バックアップ 無料(過去30日間)
簡単インストール
アダルトサイト NG

最後に、みんな大好き「ラッコキーワード」でお馴染み、ラッコ株式会社が提供する「ラッコサーバー」です。

ラッコサーバーでは、第4世代のWebサーバー「LiteSpeed(ライトスピード)」を採用してます。高速化だけでなく、高負荷時の安定性に優れてます。

また「Apache」「Nginx」「Microsoft」の次世代サーバーとして注目されており、レンタルサーバーに多く採用されてる「Apache」「nginx」の完全上位互換です。

引用元:hostsuar

実は「nginx」を搭載する「エックスサーバー」より速いと評価されてまして、海外シェアも右肩上がり。上記のとおり、nginxの12倍、Apacheの84倍もの処理性能です。

本記事で紹介したレンタルサーバーの中で「最安」で契約できます。本記事では「7位」と紹介しましたが、実は「ラッコサーバー」穴場なんですよね。

ラッコ定番ツール

レンタルサーバーとセットで、下記のツールやサービスもおすすめです。

特に「ラッコキーワード」は、キーワード選定で必須です。詳しくは、ブロガー必須!ラッコキーワードの超便利な使い方ガイド【無料・有料プラン】をどうぞ。

ブロガー必須!ラッコキーワードの超便利な使い方ガイド【無料・有料プラン】

ラッコキーワードの使い方を知りたいですか?本記事では、ブログで必須なキーワードツール「ラッコキーワード」の使い方を解説します。ラッコキーワードを使い、正しいサイト設計を行いましょう。

続きを見る

WordPressにレンタルサーバーを導入する方法

WordPressにレンタルサーバーを導入する方法

本記事で紹介したレンタルサーバーなら「WordPress簡単インストール」で、サクッと10分、WordPressブログを始められます。

というわけで、国内最大手で人気定番な「エックスサーバー」を例に、WordPressブログの立ち上げ方を解説します。方法は、下記のとおりです。

  • 手順①:エックスサーバーにアクセスする
  • 手順②:WordPressクイックスタートを申し込む
  • 手順③:WordPressにログインする

たったこれだけで、WordPressブログを始められます。

申し込みの具体的な手順につきましては【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】をどうぞ。

【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】
【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】

WordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、WordPressブログの始め方やブログの全体像、開設後の初期設定やよくある質問にお答えします。たった10分でブログを始められますよ。

続きを見る

手順①:エックスサーバーにアクセスする

エックスサーバー

まずは、公式サイト「エックスサーバー」にアクセスし、申し込み手続きをしましょう。

エックスサーバー申し込み

エックスサーバー申し込み

手順②:WordPressクイックスタートを申し込む

プランは「スタンダード」でOKです。

WordPressクイックスタートを申し込む

WordPressクイックスタートを申し込む

上記「WordPressクイックスタート」にチェックすることで「サーバー・ドメイン・WordPress」を一括で自動インストールしてくれます。

WordPressクイックスタートを申し込む注意点

WordPressクイックスタートを申し込む注意点

エックスサーバーでは、WordPressクイックスタートを申し込むと、10日間の無料体験ができません。

とはいえ、ワンコインでブログを運営できるので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

あとは、必要項目に従いつつ、ドメインを決めたり、お支払い方法を入力して、申し込みを完了させましょう。サクッと10分ほどで終わります。

手順③:WordPressにログインする

お申し込みの完了後、5分〜30分ほどで、WordPressにアクセスできるようになります。WordPressのログイン方法は、下記のとおりです。

https://ドメイン名/wp-login.php/

WordPressログイン画面

WordPressログイン画面

すると、上記のようなログイン画面が表示されるので「ユーザー名 or メールアドレス」と「パスワード」を入力し、WordPressにログインしましょう。

WordPressクイックスタート」を申し込むと、サクッとWordPressブログを開設できます。他のレンタルサーバーでも仕組みは同じなので、ぜひ、申し込みましょう。

レンタルサーバーに関するよくある質問

レンタルサーバーに関するよくある質問

レンタルサーバーに関するよくある質問にもお答えします。

  • 質問①:WordPressにログインできません
  • 質問②:無料レンタルサーバーはおすすめ?
  • 質問③:サーバーを後から変更できますか?
  • 質問④:おすすめなドメインはなんですか?
  • 質問⑤:サーバー費用を節約できませんか?

質問①:WordPressにログインできません...

WordPressにログインできない原因はさまざまです。

  • ログインIDやパスワードの入力ミス
  • テーマやプラグインの干渉によるバグ
  • レンタルサーバー側の不具合

ログインできない場合は【簡単】WordPressにログインできない?考えられる10の原因と5つの対処法をどうぞ。サポートに問い合わせる前に、自力で解決しましょう。

質問②:無料レンタルサーバーはおすすめ?

結論、おすすめしません。

というのも、無料レンタルサーバーには、使用制限がありまして、安定したサービスを提供できない場合も多いです。また、アンチウイルスやファイアウォール対策も必要です。

とはいえ、ポートフォリオ用にWebサイトを作るだけ、小規模なWebサイトを運用する場合には、無料サーバーでも十分な場合もあります。

そのため、無料レンタルサーバーを利用する場合には、使用目的や規模、必要なセキュリティー対策などを考慮しつつ、適切なサーバーを選びましょう。

 初期費用と割り切りましょう

エックスサーバーと同じ会社が提供する「XFREE」は、無料かつ独自ドメインも設定できます。

ただし、データベース容量が「100GB」まででして、広告も表示されたりと、本格的なブログ運営の「足枷」になります。

無料レンタルサーバーは、スペックや機能がショボい。レンタルサーバーの費用 =「必要経費」と割り切ることが大切です。

質問③:サーバーを後から変更できますか?

はい、後から変更できます。とはいえ、サーバー移行を検討するくらいなら、最初から人気・定番なレンタルサーバーを契約しておきましょう。

  • WordPressをどのくらい使うかわからない
  • とりあえず、安いサーバーから始めてみたい
  • 落ち着いたら、別のサーバーに乗り換えたい

こーいった気持ちはわかります。しかし、わざわざトラブルが想定されやすいサーバーを選ぶのはおすすめしません。

サーバー移行に失敗すると、ホワイトアウトして見れなくなります。サーバー移行を業者に依頼すると、高額費用も発生します。

初めから初期投資として、もっとも確実なレンタルサーバーを契約した方が、長期で損しませんよ。

質問④:おすすめなドメインはなんですか?

WordPressブログでおすすめなドメインは、人気定番な「.com」「.net」「.jp」あたりです。

とりま、ユーザーに馴染みある「.com」を選びましょう。あえて「.tokyo」などを選ぶと「なんか詐欺くさいな...」と不審に思われるだけですので。

なお、誰かと同じドメインは使用できません。つまり「早いもの勝ち」です。

もし、希望ドメインに空きがなければ、「.com」の次に定番な「.net」「.jp」「.org」などのドメインも試しましょう。

質問⑤:サーバー費用を節約できませんか?

レンタルサーバーの費用を節約するには「36ヶ月契約」にしましょう。

  • 12ヶ月契約:1,000円くらい
  • 24ヶ月契約:700円くらい
  • 36ヶ月契約:500円くらい

レンタルサーバーのキャンペーン内容は「36ヶ月契約」を前提にセールスします。

そもそも、ブログ =「長期運営」です。これから本格的にブログを始めるなら「36ヶ月契約」で申し込めば、キャンペーン次第では、費用をガツンと節約できます。

ブログを始めるならシェア率No.1な「エックスサーバー」を、ブログの複数運営をお考えでしたら、ドメイン2つが永久無料な「ConoHa WING」でOK。

それぞれ「月500円」ほどで運用できます。
こんなに美味しいビジネスは存在しません。

>> 関連記事:【10万】稼げるアフィリエイトセルフバック!おすすめASP&案件ランキングTOP5

レンタルサーバー選びに役立つ用語集

レンタルサーバー選びに役立つ用語集

さいごに「おまけ」で、サーバー契約〜ブログ運営で役立つ用語をいくつか解説します。

  • 用語①:独自ドメイン
  • 用語②:SSL化
  • 用語③:通信プロトコル
  • 用語④:FTP
  • 用語⑤:WAF

用語①:独自ドメイン

独自ドメインとは「あなただけの」Webサイト用ドメイン名のことです。

  • 独自ドメイン:「https://example.com
  • 他社ドメイン:「https://note.com/xxx」←Noteの管理下

独自ドメインを取得することで、あなたのWebサイトをより「プロフェッショナル」にできます。また、読者にとってもわかりやすく、覚えやすいURLを提供できます。

SEO対策だけでなく、ブランディングとしての「脳内SEO」にも効果的ですね。

用語②:SSL化

SSL化とは、インターネット上で通信を暗号化するためのプロトコルです。SSL化のメリットは、下記のとおり。

  • メリット①:Webサイトのデータ通信が暗号化される
  • メリット②:第三者によるデータの改ざんや盗聴を防げる
  • メリット③:セキュリティ対策により、ユーザーからの信頼も得られる

最近のレンタルサーバーは、WordPressをインストールする際、ドメイン取得に加え、無料かつ自動でSSL化が設定されます。

SSL化の目印は、サイトURLの始まりが「http://」ではなく「https://」です。もしくは「鍵マーク」が付与されていれば、SSL化されてる証拠です。

SSL化の証拠

SSL化の証拠

用語③:通信プロトコル

通信プロトコルとは、コンピューター同士がデータ送信するための「ルール」です。

Webブラウザからサーバーにアクセスする場合「HTTP(Hypertext Transfer Protocol)という通信プロトコルが利用されてます。

要は、データを送信する側と受信する側が、どのようにデータを送受信するかをルールに基づき定義しているということ。

 HTTP/3

「HTTP/3」は、Web上のデータやり取りを行うプロトコルの最新バージョンです。

前のバージョンである「HTTP/2」と比べ、より高速で安定した通信が可能です。

また「HTTP/3」は、TCPを使ったデータのやり取りではなく「QUIC」と呼ばれる新しいプロトコルを使用することで、さらなる高速通信を実現してます。

ミヤビ

本記事では「mixhost」「Colorful Box」「ラッコサーバー」が、HTTP/3プロトコルを採用してます。

用語④:FTP

FTP (File Transfer Protocol) とは、インターネット上でコンピュータ同士がファイル転送するためのプロトコルです。

FTPを使用すると、コンピュータ間で大量のデータ転送ができるため、Webサイトやサーバーの管理やバックアップなどによく使用されます。

WordPressの管理画面にログインできない場合は、FTP経由でアクセスすることで、原因を解決することができます。

用語⑤:WAF

WAF(Web Application Firewall)とは、Webアプリケーションを保護するためのセキュリティ技術のこと。

WAFは、Webサイト・アプリケーションを攻撃から保護するため、HTTPリクエストをフィルタリングし、不正なリクエストを検出することで、悪意ある攻撃をブロックします。

  • XSS対策:JavaScriptなどのスクリプトタグが埋め込まれたアクセスを検知
  • SQL対策:SQL構文に該当する文字列が挿入されたアクセスを検知
  • ファイル対策:「.htaccess」「.htpasswd」などのサーバーに関連する設定ファイルが含まれたアクセスを検知
  • メール対策:「TO」「CC」「BCC」などのメールヘッダーに関係する文字列を含んだアクセスを検知
  • コマンド対策:「kill」「ftp」「mail」「ping」「ls」などのコマンドに関連する文字列が含まれたアクセスを検知
  • PHP対策:session、ファイル操作に関連する関数、脆弱性の元になる可能性が高い関数の含まれたアクセスを検知

WordPressを不正アクセスから守るために、とても重要なセキュリティ対策です。各レンタルサーバーのサーバーパネルより、設定できますので、対策しておきましょう。

比較不要!レンタルサーバーなら「エックスサーバー

比較不要!レンタルサーバーなら「エックスサーバー」

本記事では、WordPressブログにおすすめなレンタルサーバー7社を厳選比較しました。

経験よりステマなしで「エックスサーバー」が一番おすすめです。どの道、選ぶのは1つなので、人気定番で確実なレンタルサーバーにしましょう。

サーバー比較で悩む時間が無駄です

ぶっちゃけ、サーバー選びに悩む時間が無駄です。さっさとWordPressを立ち上げ、サイト設計なり、記事を書いた方が、よっぽど有意義な人生を送れます。

「考える人」は、アゴに手を乗せ、考えてる「フリ」をしてるだけです。

そんなモン「ゼロ秒思考」で、さっさとレンタルサーバーを契約しつつ、WordPressブログを始めましょう。

10分もあれば、WordPressブログを開設できます。通勤や昼休憩などのスキマ時間にできるハズです。

というわけで、経験よりおすすめは「エックスサーバー」です。この記事を読み終えたら、今すぐWordPressブログを始めてください。悩んでるヒマはありませんよ。

 WordPressブログの始め方

【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】
【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】

WordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、WordPressブログの始め方やブログの全体像、開設後の初期設定やよくある質問にお答えします。たった10分でブログを始められますよ。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

ブログ・アフィリエイト・AIを愛するデジタルノマド|海外移住のため皇室を去る|日本⇄ジョージア⇄トルコ⇄ASEANで永久機関生活|ブログ歴3年→ブログ最高月収20万|普段はイスタンブールに隠遁しつつ、徒然なるままに日暮し365日ブログを書いてます|ブログで「ゆとり」ある人生設計を発信します。

-Blog, ブログ ツール
-