WordPress WordPress 初期設定

【簡単】WordPressにログインできない?考えられる10の原因と5つの対処法

2022年12月17日

【簡単】WordPressにログインできない?考えられる10の原因と5つの対処法
ミヤビ

WordPressにログインできない。どーやって、ログインすればいいんだろう...昨日までログインできてたのに、急に今日になってログインできないとは何事だ?至急、原因と対処法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • WordPressのログイン方法とは?
  • WordPressにログインできない10の原因
  • WordPressにログインできない場合の対処法5つ
  • WordPressのログインでセキュリティを強化する方法
  • WordPressには必ずログインできます!

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。ブログ歴は3年ほどでして、ブログの最高月収は20万円です。

WordPressにログインできなくて困ってませんか?

本記事では、WordPressにログインできない場合に考えられる10の原因と5つの対処法を解説します。

この記事を読めば、WordPressにログインできない原因を特定することができ、必ずログインできるようになります。

そもそも論、WordPressにログインできないのは、必ず「原因」があります。ブログ初心者でも実践できる対処法を解説したので、一つずつ着実に実行していきましょう。

※本記事は、レンタルサーバー「エックスサーバー」でWordPressブログを開設したブログ初心者さん向けにフォーカスします。

WordPressのログイン方法とは?

WordPressのログイン方法とは?

WordPressにログインする正しい方法を解説します。

 確認事項

新規ドメインを取得後「まもない」なら、そもそもWordPressにアクセスできません。30分〜半日ほど時間をおいてから、アクセスしてみてくださいね。

WordPressにログインする方法

取得したドメイン(サイトURL)の末尾に「wp-login.php」をつけると、WordPressにログインできます。ここは「盲点」ですので、必ず覚えておきましょう。

https://ドメイン名/wp-login.php/

すると、WordPressログイン画面が表示されるので、下記を入力します。

WordPressログイン画面

WordPressログイン画面

  • その①:ユーザー名 または メールアドレス
  • その②:パスワード
  • その③:間違いなく上記を入力し、ログイン

もし忘れてしまった場合、レンタルサーバーの契約内容を振り返りましょう。

たとえば、エックスサーバーで「WordPressクイックスタート」を申し込んだ場合、下記「WordPress情報」における「ユーザー名」「パスワード」が、ログイン情報です。

WordPressログイン情報

WordPressログイン情報

通常、この方法でWordPressにログインします。まずは、正しい方法で、WordPressにログインできるか確認してみてください。

WordPress管理画面にログインする方法

下記のURLを入力すると、WordPress管理画面にダイレクトでログインできます。

  • ダッシュボード:https://ドメイン名/wp-admin/
  • 新規投稿画面:https://ドメイン名/wp-admin/post-new.php/
  • 投稿画面:https://ドメイン名/wp-admin/edit.php/

なお、一定期間が経つと、アクセスできなくなるかもです。その場合は、正規の方法より「https://ドメイン名/wp-login.php/」でログインし直します。

ミヤビ

上記を入力すれば、スマホでもWordPressを編集できるようになります。

WordPressログイン方法【海外】

また、海外からWordPressにアクセスしようとする場合、レンタルサーバーによっては「アクセス制限」を設けてる場合があります。

たとえば、エックスサーバーの場合は、海外からのアクセス制限がありまして、設定を解除しない限り、WordPressにアクセス・ログインできない仕様になっています。

 アクセス制限の解除方法

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順①

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順①

次に「WordPress」>「WordPressセキュリティ設定」をクリックします。

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順②

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順②

アクセス制限を解除するドメインを選択します。

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順③

エックスサーバー:アクセス制限の解除手順③

「ダッシュボード アクセス制限」と「REST API アクセス制限」を「OFF」にします。これにて、海外からでも、WordPressにアクセス・ログインできるようになります。

ただし、セキュリティが低下するので、本記事で解説する「WordPressのログインでセキュリティを強化する方法」もセットでどうぞ。

WordPressにログインできない10の原因

WordPressにログインできない10の原因

上記URLにアクセスしてるにもかかわらず「ログインできない」場合があります。そこで、よくあるログインできない場合に考えられる原因を、まずは解説します。

  • 原因①:ユーザー名・メールアドレスが不明
  • 原因②:パスワードが不明
  • 原因③:400番台エラー
  • 原因④:500番台エラー
  • 原因⑤:Cookieの影響
  • 原因⑥:WordPressテーマの干渉
  • 原因⑦:WordPressプラグインの干渉
  • 原因⑧:PHPファイルの記述ミス
  • 原因⑨:.htaccessの記述ミス
  • 原因⑩:サーバー障害・メンテナンス

WordPressにログインできない場合、そもそも管理画面に入れないので、編集さえできません。サーバーのコンパネやFTPソフトで処理する必要があります。

原因①:ユーザー名・メールアドレスが不明

WordPressにログインできないケースで一番多いのは「ユーザー名やパスワードがわからない」場合。

解決するには、正しい「ユーザー名またはメールアドレス」「パスワード」の2点を入力するか、それらを再設定する必要があります。

基本的には冒頭で解説したとおりですが、途中で変更して忘れてしまった場合も考えられます。なので、それぞれの対処法を解説します。

 ユーザー名・メールアドレスの確認方法

確認手順は、下記のとおりです。

  • 手順①:MySQLのログイン情報をメモる
  • 手順②:WordPressデータベースにアクセス

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、「WordPress」>「WordPress簡単インストール」>「ドメイン選択」より、下記の項目をメモります。

ユーザー名・メールアドレスの確認手順①

ユーザー名・メールアドレスの確認手順①

WordPressのデータベースにアクセスします。「データベース」>「phpmyadmin」より、上記でメモった「ユーザー名」「パスワード」を入力しログインします。

ユーザー名・メールアドレスの確認手順②

ユーザー名・メールアドレスの確認手順②

すると、WordPressのデータベースにアクセスできますので、メモったデータベース名を選択し、上記「wp_users」をクリックします。

ユーザー名・メールアドレスの確認手順③

ユーザー名・メールアドレスの確認手順③

すると、データベースに登録されてる「ユーザー名」「メールアドレス」を確認できます。これが、WordPressのログイン情報です。忘れないよう、メモっておきましょう。

原因②:パスワードが不明

上記のとおり、WordPressにログインできない場合のほとんどは、パスワードを忘れたケース。パスワードを忘れてしまった場合は「再設定」の必要があります。

パスワード再設定の手順①

パスワード再設定の手順①

WordPressログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」をクリックします。

パスワード再設定の手順②

パスワード再設定の手順②

ユーザー名またはメールアドレスは、上記の方法で確認できたと思います。そのまま入力しつつ「新しいパスワードを取得」しましょう。

入力したメールアドレスに、再登録に必要な専用URLが届きます。クリックして、パスワードの変更を行いましょう。あとは、WordPressにログインするだけ。

原因③:400番台エラー

400番台エラーが表示される場合、必ず「原因」があります。基本的には「ユーザー側の操作ミス」でして、ここ数日の行動履歴を思い返してみてくださいね。

  • 403エラー:「403 Forbidden」←閲覧禁止
  • 404エラー:「404 Not Found」←ページが存在しない

 403エラー

403エラーとは、ウェブサイトが「閲覧禁止」になってる状態を意味します。サイト側でしか対処できないなので、ユーザー側では解決できません。

403エラーの発生原因は、管理者側の「設定ミス」がほとんど。中でも多いのが「.htaccess」の記述ミスです。

以前に「.htaccess」を触ってませんか?
よ〜く思い出してください。

 404エラー

WordPressのログインで「404 Not Found」エラーが表示される場合、アクセスしたページが存在しない状態です。

原因は「WordPressアドレス(URL)」または「サイトアドレス(URL)」の変更が考えられます。

404エラーの原因

404エラーの原因

WordPress管理画面の「設定」>「一般設定」から「WordPressアドレス(URL)」または「サイトアドレス(URL)」を変更すると、管理画面へログインできなくなります。

そもそも、いじる箇所ではありません。
不用意に、URLを変更しないでください。

ミヤビ

上記サイトURLの「SSL化」を確認しましょう。(http→https

原因④:500番台エラー

500番台エラーは「サーバー処理」で問題が発生してる場合に表示されるエラーです。

  • 500エラー:「Internal Server Error」
  • 503エラー:「Service Temporarily Unavailable」

 500エラー

WordPressログイン時に「500エラー」が表示される場合、ページにはアクセスはできるが、サーバー処理で問題が発生している状態です。

たとえば、サーバーのPHPバージョンが、WordPressとマッチしていないケースが考えられます。

サーバーのPHPバージョンを最新、もしくは推奨設定に変更し、問題解決できるか試しましょう。

 503エラー

503エラーとは、サーバーに一時的な負荷がかかることによって発生する「閲覧制限」のこと。

とはいえ、サーバーがダウンしてるワケではなく、あなたのサイトや同じサーバーを使っている人が一時的に使えなくなっている状態です。

  • 膨大なアクセスに耐えられるプランやサーバーに変更する
  • サイトデータの転送時におけるサーバーの負荷を軽減する

基本的に、エックスサーバーなどの「高速レンタルサーバー」を使っていれば問題ありません。500番台エラーは「対処法③:PHPのバージョンを確認する」をどうぞ。

ミヤビ

僕は「PHPの記述ミス」で503エラーが発生した経験もありました。

原因⑤:Cookieの影響

お使いのブラウザのCookie(クッキー)を削除すると、WordPressにログインできるかもしれません。Chrome(クローム)の場合は、下記のとおりです。

  • Chromeを開く
  • 右上のその他アイコン(⌘ + ,)>「設定」をクリック
  • [プライバシーとセキュリティ] をクリック
  • [閲覧履歴データの削除] をクリック
  • クッキー関係にチェックし、削除

ブラウザのCookieやキャッシュを削除しつつ、再度、WordPressにログインしてみてください。Cookieの削除は、わりと「効果アリ」ですね。

ミヤビ

Chrome以外のブラウザを使っている方は「〇〇(ブラウザ名) Cookie 削除」と調べてみましょう。

原因⑥:WordPressテーマの干渉

WordPressのテーマが、他の要素と干渉することで、ログインできない場合があります。

  • WordPress本体と互換性がない
  • テーマが壊れてる、更新されてない
  • WordPressテーマがプラグインと干渉してる

この場合、そもそもログイン自体できないので「FTPソフト」を使って操作します。

テーマには、WordPress本体やプラグインとの「相性」があります。よくバグが発生しやすいので、干渉する際はテーマを見直しましょう。

FTPソフトの使い方は「対処法②:FTPソフトでアクセスする」をどうぞ。

 有料テーマを使おう

基本的に、無料テーマではなく、有料テーマををおすすめします。

僕は有料テーマを使っており、バグにさえ悩んだことはありません。詳しくは【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】をどうぞ。

【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】
【初心者】WordPressでおすすめな有料テーマ7つ比較【AFFINGER6一択】

WordPressでおすすめな有料テーマを知りたいですか?本記事では、ブログ収益化に必須なWordPressおすすめ有料テーマを7つ厳選し、徹底比較しました。ブログで稼ぎたいなら、ポチりましょう。

続きを見る

原因⑦:WordPressプラグインの干渉

WordPressのプラグインが干渉して、ログインできなくなるケースもあります。

  • 最近、プラグインをインストールしましたか?
  • 最近、プラグインを更新しましたか?

もし上記に心当たりあるなら、ログインできない =「プラグイン」の原因が考えられます。この場合、プラグインを一つずつ停止させ、問題のあるプラグインを特定できます。

ただし、WordPress管理画面に入れないので、FTPソフトでプラグインを停止する必要があります。詳しくは「対処法②:FTPソフトでアクセスする」をどうぞ。

>> 関連記事:【9選】WordPressブログおすすめ無料プラグイン【不要プラグイン5選】

原因⑧:PHPファイルの記述ミス

PHPファイルを編集しませんでしたか?
これも"あるある"な事例ですね。

ほぼほぼ、記述ミスでして、WordPressの画面が「真っ白」になったり、エラーが発生する原因です。

事前に「バックアップ」をとりつつ、PHPファイルを編集する際は、元の状態を把握しておくと、修復もラクですよ。

もし、WordPressの管理画面にさえアクセスできない状態であれば「FTPソフト」を使いましょう。FTPソフトの使い方は「対処法②:FTPソフトでアクセスする」をどうぞ。

原因⑨:.htaccessの記述ミス

.htaccessを編集しませんでしたか?
これも"あるある"な事例ですね。

記述をミスると、エラーが発生し、WordPressにアクセスできなくなります。

この場合は「.htaccess」を元の状態に戻せばOK。これで、WordPressにアクセスできるハズです。

そもそも、.htaccessは不用意にいじる箇所ではありません。安易に編集するほど、愚かなことはないですよ。

原因⑩:サーバー障害・メンテナンス

WordPressにログインできない場合は、サーバー障害やメンテナンスも疑いましょう。

  • サーバー障害:突然に発生する←終了の目処は不明です
  • メンテナンス:事前に告知アリ←終了までログイン不可

サーバー障害が発生している場合、ホームページやSNSで情報が掲載されてるかもです。また、メンテナンスが行われる場合、事前に案内メールが通知されるハズです。

コチラの対処方法はないので、復旧まで大人しく待つしかありません。諦めましょう。

WordPressにログインできない場合の対処法5つ

WordPressにログインできない場合の対処法5つ

ここまで、WordPressにログインできない場合に考えられる10の原因を解説しました。ここからは、本質的な対処法を解説します。

  • 対処法①:仮説を立て、順番に試す
  • 対処法②:FTPソフトでアクセスする
  • 対処法③:PHPのバージョンを確認する
  • 対処法④:バックアップをとる
  • 対処法⑤:サポートに問い合わせる

基本的には、入力ミスだったり、パスワードを忘れたとか、PHPファイルや.htaccessをいじったことが大半です。

それでも解決できないこともあるので、本記事の対処法を実行してみてください。

対処法①:仮説を立て、順番に試す

ポイントは「1つずつ」です。
同時に対処すると、原因を特定できません。

  • ログインできない原因←テーマ?
  • ログインできない原因←プラグイン?
  • ログインできない原因←コードの改変?

「原因は〇〇かな?」と仮説を立てつつ、解決法をググっては、一つずつ実行していくまで。

WordPressにログインできない原因がわからないと、いつまで経っても解決できません。そして、同じミスを繰り返します。

たとえば、WordPressにログインできない原因は「昨日、WordPress本体を更新したからでは?」などと仮説を立てることにより、打つべき手段が明確になります。

そーすれば「プラグインが干渉してるのかな?」「テーマと相性が良くないのかな?」と解決策がボンヤリ見えてきますよね?それを、一つずつ実行していくまでです。

対処法②:FTPソフトでアクセスする

WordPressにログインできない場合、管理画面に遷移できません。なので、FTPソフトやサーバーのコンパネから、WordPressのデータベースにアクセスする必要があります。

 FTPソフトとは?

FTP(File Transfer Protocol)とは、インターネットを介して、コンピュータ間でファイル転送するためのプロトコルです。

FTPソフトを使用すると、コンピュータからFTPサーバーに接続しつつ、サーバー上のファイルをダウンロード、またはアップロードしたりすることができます。

 FTPソフトの使い方

FTPソフトの使い方は、下記のとおりです。

  • 手順①:FTPソフトをダウンロードしてインストールする
  • 手順②:FTPソフトを起動する
  • 手順③:FTPサーバーの接続情報 (サーバーのアドレス、ユーザー名、パスワード) を入力する
  • 手順④:FTPサーバーに接続する
  • 手順⑤:FTPサーバー上で、必要なファイルをダウンロード・アップロード、または編集する
  • 手順⑥:FTP サーバーから切断する

エックスサーバーだと「サーバーパネル」>「FTP」>「サブFTPアカウント設定」>「ドメイン選択画面」>「FTPソフト設定」より、FTPサーバーの接続情報を確認できます。

エックスサーバー:FTPサーバーの接続情報

エックスサーバー:FTPサーバーの接続情報

なお、おすすめなFTPソフトは「ForkLift」ですね。僕はコチラを使ってエンジニアの仕事もしてましたし、サクサク操作できて、初心者でも扱いやすいですよ。

格納ファイルの場所

  • テーマ:「wp-content」>「themes」
  • プラグイン:「wp-content」>「plugins」
  • PHPファイル:「wp-admin」>「xxx.php」

上記ディレクトリのファイルを停止・削除すれば、原因を特定できるかもです。

対処法③:PHPのバージョンを確認する

PHPバージョンは「推奨」に設定されてますか?たとえば、エックスサーバーの「サーバーパネル」より、PHPのバージョンを確認してみましょう。

エックスサーバー:PHPバージョンの確認方法

エックスサーバー:PHPバージョンの確認方法

サーバーパネル>「PHP」>「PHP ver. 切り替え」>「ドメイン選択画面」より、現在のPHPバージョンを確認できます。

PHPは、WordPress本体のバージョンに合わせてください。ちなみに、2022年11月にリリースされた「WordPress 6.1.1」では、PHPバージョンは「7.4以上」です。

WordPress本体の推奨基準を満たしていない場合、バグの原因になります。PHPの更新は「手動」ですので、定期的にPHP環境を最新アプデしておきましょう。

対処法④:バックアップをとる

日頃からWordPressの「バックアップ」をとり、万が一の事態に備えましょう。

また、FTPソフトを使ってデータベース情報を編集するときも、万が一のトラブルに備えて「バックアップ」をとっておくと安心です。各データには「コピー」や「複製」項目があります。

バックアップは、WordPressのプラグイン「UpdraftPlus」や「BackWPup」を使うと便利ですよ。

対処法⑤:サポートに問い合わせる

上記を試しても解決しない場合、レンタルサーバーのお客様サポートにヘルプを求めましょう。たとえば「エックスサーバー」では、下記のサポートに対応してます。

  • 電話サポート
  • メールサポート
  • チャットサポート

なお、質問する際は、具体的にいつからどのような状態で、何を実践したのかも伝えると、サポートする相手の負担も軽くなります。たとえば、下記のように伝えましょう。

 質問サンプル

質問サンプル

先日より、突然の「503エラー」でWordPressにログインできない状況です。下記を実践しても、解決しなかったのでご連絡しました。

  • A(解決できず)
  • B(解決できず)
  • C(解決できず)

現在、サーバー障害などは発生していますでしょうか?お手数ですが、至急、ご回答お願いますm(._.)m

【契約サーバー】〇〇
【参考ページ】https://〜
【サイト】https://example.com/

このように質問すると、相手から「おっ、コイツは優秀だな。よし、優先して回答するか!」と気持ちよくなり、良好な関係を築けます。

WordPressのログインでセキュリティを強化する方法

WordPressのログインでセキュリティを強化する方法

さいごに、WordPressログイン時のセキュリティを強化する方法を解説します。

プラグイン:SiteGuard WP Plugin

セキュリティ強化のプラグイン「SiteGuard WP Plugin」を使えば、WordPressログイン時のサイトURLを変更しつつ、文字や画像認証機能も追加でき、ログイン画面のセキュリティを鬼強化できます。

WordPressのログイン方法は、サイトURLに「wp-login.php」や「wp-admin」をつけるだけでしたね?

そのため、誰でも簡単にログインページにアクセスできてしまうのです。それではハッキングリスクも高いので、プラグインを使ってセキュリティ対策しましょう。

SiteGuard WP Pluginの設定方法

SiteGuard WP Pluginをインストールし有効化したら、下記の設定を行いましょう。

  • 設定①:ログインページ変更
  • 設定②:ログインロック

 設定①:ログインページ変更

WordPressにログインするためのURLを変更します。これにて、ハッキングリスクを大幅に抑えられます。

SiteGuard WP Pluginの設定①:ログインページ変更

SiteGuard WP Pluginの設定①:ログインページ変更

  • 変更前のログイン:https://ドメイン名/wp-login.php/
  • 変更後のログイン:https://ドメイン名/カスタマイズ/

「英数字」「-(ハイフン)」「_(アンダーバー)」の組み合わせが可能です。

デフォルトのWordPressログインURLをカスタマイズし、セキュリティレベルが鬼UPです。

 設定②:ログインロック

不正アクセスに「制限」を付与します。

SiteGuard WP Pluginの設定②:ログインロック

SiteGuard WP Pluginの設定②:ログインロック

  • 期間:5秒 (長い方がセキュリティ向上)
  • 回数:3回(少ない方がセキュリティ向上)
  • ロック時間:1分(長い方がセキュリティ向上)

5秒間に3回のログインに失敗すると、そのIPアドレスを1分間ブロックするという意味です。

リスト攻撃やブルートフォース攻撃のセキュリティ対策としてどうぞ。

WordPressには必ずログインできます!

WordPressには必ずログインできます!

本記事では、WordPressにログインできない10の原因と5つの対処法を解説しました。

 WordPressにログインできない10の原因

  • 原因①:ユーザー名・メールアドレスが不明←データベースを確認
  • 原因②:パスワードが不明←パスワードの再設定
  • 原因③:400番台エラー←ユーザー側の設定ミス
  • 原因④:500番台エラー←PHPを最適化する
  • 原因⑤:Cookieの影響←ブラウザのCookieを削除
  • 原因⑥:WordPressテーマの干渉←FTPソフト
  • 原因⑦:WordPressプラグインの干渉←FTPソフト
  • 原因⑧:PHPファイルの記述ミス←FTPソフト
  • 原因⑨:.htaccessの記述ミス←.htaccess
  • 原因⑩:サーバー障害・メンテナンス←復旧を待ちましょう

 WordPressにログインできない場合の対処法5つ

  • 対処法①:仮説を立て、順番に試す
  • 対処法②:FTPソフトでアクセスする
  • 対処法③:PHPのバージョンを確認する
  • 対処法④:バックアップをとる
  • 対処法⑤:サポートに問い合わせる

WordPressにログインできない場合は、焦らず本記事の内容を実践してみてください。必ず「原因」がありますので、ココ最近の行動履歴をよ〜く思い出しましょう。

また、WordPressへの不正ログイン対策として、プラグイン「SiteGuard WP Plugin」などを使ったセキュリティ対策を行うこともおすすめします。

その他、WordPressに必要なプラグインに関しては【9選】WordPressブログおすすめ無料プラグイン【不要プラグイン5選】にまとめました。

なお、WordPressログイン後、やるべき初期設定はたくさんあります。詳しくは【20個】WordPressおすすめ初期設定ガイド【失敗を避ける方法】をどうぞ。

【必須】失敗しないWordPressおすすめ初期設定ガイド【絶対すべき20項目】
【20個】WordPressおすすめ初期設定ガイド【失敗を避ける方法】

WordPressの初期設定でお悩みですか?本記事では、WordPressブログの開設後に絶対すべきおすすめ初期設定20個を解説します。ブログで失敗したくない方は必見です。

続きを見る

WordPressブログなら、エックスサーバー

エックスサーバー

最後に宣伝ですが、国内最大手&高速レンタルサーバーを実現した「エックスサーバー」をおすすめします。

僕は3年以上も愛用してますが、サーバーダウンの経験が一度もありません。つまり、WordPressにログインできないリスクが低いことを意味します。

また、サポートも手厚く、特にブログ初心者さんの心強い味方になってくれます。サーバーの乗り換えも、ぜひ視野に入れましょう。

>> 関連記事:【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】

【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】
【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】

WordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、WordPressブログの始め方やブログの全体像、開設後の初期設定やよくある質問にお答えします。たった10分でブログを始められますよ。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

ブログ・アフィリエイト・AIを愛するデジタルノマド|海外移住のため皇室を去る|日本⇄ジョージア⇄トルコ⇄ASEANで永久機関生活|ブログ歴3年→ブログ最高月収20万|普段はイスタンブールに隠遁しつつ、徒然なるままに日暮し365日ブログを書いてます|ブログで「ゆとり」ある人生設計を発信します。

-WordPress, WordPress 初期設定
-