AI Web3.0転職

【無料】AI画像作成ツール「Stable Diffusion」の使い方【日本語ver】

2022年10月19日

【無料】AI画像作成ツール「Stable Diffusion」の使い方【日本語ver】
ミヤビ

最近、AI画像を作れることで話題な「Stable Diffusion」の使い方を知りたいです。僕は英語ができません。日本語でも、AI画像を作れないかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【基礎理解】Stable Diffusionとは?
  • 【環境設定】Stable Diffusionの始め方
  • 【環境実行】Stable Diffusionの使い方

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。AIツールでAIアートを作成しており、時代の最先端で活動してます。

Stable DiffusionでAI画像を作ってみませんか?

本記事では、rinna株式会社が提供してる「Japanese Stable Diffusion」を使って、「Text to Image」を「Google Colaboratory」下で実行していきます。

この記事を読むと、Stable Diffusionの始め方、日本語からの作成方法をマルっと理解できます。

なお、テキストからAI画像を生成するプログラムを、Pythonで書きます。ちょっとむずかしいですが、画像付きで丁寧に解説します。

※AIの進歩は、目まぐるしく高速です。そのため、本記事で解説した環境では動作しなくなる場合もありますので、参考程度にしてください。

【基礎理解】Stable Diffusionとは?

【基礎理解】Stable Diffusionとは?

Stable Diffusion(ステーブル ディフュージョン)とは、AIスタートアップ企業であるイギリスの「Stability.AI社」が開発する、無料のAI画像作成ツール。

2022年8月22日に一般公開されたばかりで、なんと、1億100万ドル(約150億円)の資金調達に成功したと、今、もっとも話題のあるAI企業です。

Stable Diffusionでは、他のAI画像作成サイトと同様、テキストを入力するだけで、ビックデータからその特徴を炙り出し、それに応じた絵をAIが自動生成してくれます。

Stable Diffusionの特徴

Stable Diffusionの特徴は、下記のとおり。

  • 特徴①:無料で使える
  • 特徴②:著作権は、ユーザーにある
  • 特徴③:商用利用も可能

ぶっちゃけ、AI画像を作るなら、Stable Diffusion一択かと。

他のサイトやツールですと、生成したAI画像の著作権が企業にある場合が多い。そして、商用利用も有料ユーザーじゃないと不可だったりして、ちょっと不便だったりもします。

そんな「痒いところに手が届く」をうま〜く体現したのが「Stable Diffusion」です。

Stable Diffusionの画像

Stable Diffusionでは、下記のような画像を作れます。

Stable Diffusion Launch Announcement

引用元:Stability.AI

上記は、開発者が作ったAI画像。枯葉でできた横顔女性の肖像画とは、なんとも「粋」ですよね?

続いては、実際に僕が作ってみました。テーマは「虹と滝壺」です。

滝壺-01

滝壺-01|Portraited by Stable Diffusion @ImperialMiyavi

滝壺-02

滝壺-02|Portraited by Stable Diffusion @ImperialMiyavi

圧縮の関係で、画質が荒かったらゴメンなさいm(._.)m

A detailed landscape painting of a waterfall falling into the darkness of an abyss, a ray of straight rainbow crepuscular through a gap in the clouds and blue sky, cinematic post-processing, cinematic scene, cinematic composition, cinematic lighting, overexposure, by Jacob van Ruisdael.

それにしても、素晴らしいですね。素人でもこのようなアートを、サクッと10秒ほどで作れてしまいます。あなたも、Stable Diffusionに触れてみる価値はありますよ。

さぁ一緒に、始めてみませんか?

【環境設定】Stable Diffusionの始め方

【環境設定】Stable Diffusionの始め方

Stable Diffusionを始める手順は、下記のとおり。なお、本記事では、日本語からStable Diffusionを実行していきます。

  • 手順①:Google Colaboratoryをインストール
  • 手順②:Hugging Faceを新規登録
  • 手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス

手順①:Google Colaboratoryをインストール

Google Colaboratory(グーグル コラボラトリー)とは、Google Researchが提供する、ブラウザ上で「Python」を実行できる無料サービスです。通称、Colab(コラボ)と呼ばれてます。

  • 特徴①:環境構築が一切不要
  • 特徴②:GPUアクセスが無料
  • 特徴③:コードの共有が可能

Python(パイソン)は、プログラミング言語のことでして、Webサイトの構築、データ収集・分析、人工知能の開発、ブロックチェーンなどの領域に活用されてます。

Stable Diffusionで日本語からAI画像を生成するには、このColab環境で、Text to Imageタスクを実行していきます。

 Google Colaboratoryのインストール方法

インストール方法は、とても簡単です。

「Googleドライブ」→「新規」→「その他」→「アプリ追加」→「Colaboratory」と入力→インストール

詳しくは【無料】Google Colaboratoryとは?【特徴・インストール方法・使い方】をどうぞ。

すでに、インストール済みの方は、「Googleドライブ」→「新規」→「その他」→「Google Clolaboratory」でどうぞ。

Google Colaboratory

Google Colaboratory

手順②:Hugging Faceを新規登録

Hugging Face(ハギング フェイス)とは、アメリカの「Hugging Face社」が提供する、自然言語処理(NLP)を対象としたオープンソースのAIコミュニティです。

ソースコードはすべて、GitHub上で公開されてます。

自然言語処理とは、人間が使っているコトバを、コンピューターに処理させる技術。

つまり、AI画像を自動で生成する「Text to Image」とお考えください。

 Hugging Faceの登録方法

Hugging Faceの登録方法-01

Hugging Faceの登録方法-01

まずは、下記の公式サイトより、「Sign Up」からアカウントの新規登録をします。

>> Hugging Face公式サイト

Hugging Faceの登録方法-02

Hugging Faceの登録方法-02

続いて、メアドとパスワードを入力して、「Next」をクリック。

Hugging Faceの登録方法-03

Hugging Faceの登録方法-03

  • ユーザーネーム:(必須)
  • フルネーム:(必須)
  • アバター:(任意)
  • GitHubのユーザーネーム:(任意)
  • ホームページ:(任意)
  • Twitter:(任意)
  • 興味分野:(任意)

上記をそれぞれ入力し、利用規約にも同意をチェック。「Create Account」をクリックします。

Hugging Faceの登録方法-04

Hugging Faceの登録方法-04

登録したメアドに上記が送られてくるので、リンクをクリックして、アカウントを有効化。これにて、Hugging Faceの登録はおわり。

手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス

続いて、日本語からでも、Stable Diffusionを実行できるよう、rinna株式会社が提供する「Japanese Stable Diffusion」をインストールします。

手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス-01

手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス-01

Hugging Face検索欄より「japanese-stable-diffusion」と入力します。すると、、、「rinna/japanese-stable-diffusion」とヒットするので、それをクリックします。

>> rinna/japanese-stable-diffusion

手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス-02

手順③:Japanese Stable Diffusionにアクセス-02

英語でズラーっと表示されますが、一通り確認しつつ、同意の上「Access repository」をクリックします。

これにて、「Japanese Stable Diffusion」を実行できる環境が整いました。それでは、実際に、日本語入力からAI画像を作っていきましょう。

【環境実行】Stable Diffusionの使い方

【環境実行】Stable Diffusionの使い方

AI画像を作成する手順は、下記のとおりです。

  • 手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール
  • 手順②:トークンを追加
  • 手順③:プロンプトする

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール

Google Colaboratory上で、Japanese Stable Diffusionを実行するためのモジュールをインストールします。

まずは、Google Colaboratoryを開き、新規ノートブックを立ち上げます。

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-01

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-01

「ランタイム」→「ランタイムのタイプを変更」より、「GPU」に変更します。

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-02

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-02

ハードウェア アクセラレータを「GPU」に変更し、「保存」をクリック。

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-03

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-03

Hugging Faceの「rinna/japanese-stable-diffusion」より、下にスクロールすると、pip installを実行するコードがあるので、コピーします。

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-04

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-04

セルに、必ず「!」をつけて、その後ろにコードをコピペしてください。Enterキーを押して、pip installを「実行」します。

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-05

手順①:Japanese Stable Diffusionをインストール-05

いろいろ処理されつつ、上記の赤枠が表示されたら、インストール完了。これにて、Google Colaboratory上に、Japanese Stable Diffusionがインストールされました。

手順②:トークンを追加

続いては、Hugging Face - cliのログイン実行コマンドを入力します。ログインには、トークンが必要なので、今からトークンを作っていきます。

手順②:トークンを追加-01

手順②:トークンを追加-01

要領はさっきと同じで、まずは、「huggingface-cli login」のコードをコピーしてください。

手順②:トークンを追加-02

手順②:トークンを追加-02

セルを追加します。そして、さっきと同じ要領で、「!」をつけてからコードをコピペして実行します。

手順②:トークンを追加-03

手順②:トークンを追加-03

すると、huggingface-cliにログインに必要なトークンを生成するためのリンクが出るので、クリックします。

手順②:トークンを追加-04

手順②:トークンを追加-04

「New token」をクリック。

手順②:トークンを追加-05

手順②:トークンを追加-05

適当に名前をつけて、「Generate a token」をクリック。

手順②:トークンを追加-06

手順②:トークンを追加-06

生成されたトークンをコピーします。

手順②:トークンを追加-07

手順②:トークンを追加-07

トークンをコピペして、Enterキーで実行します。

手順②:トークンを追加-08

手順②:トークンを追加-08

上記赤枠が表示されたら、ログイン成功です。

あと、もう少しの辛抱です。
頑張って、ついてきてくださいね。

手順③:プロンプトする

プロンプト =「文章(呪文)」です。AI画像を生成する「日本語」を記述していきます。

手順③:プロンプトする-01

手順③:プロンプトする-01

さっきと同じ要領で、上記コードをコピーして、セルにコピペします。

手順③:プロンプトする-02

手順③:プロンプトする-02

「prompt = ""」の箇所に、日本語でプロンプトします。サンプルは「猫の肖像画 油絵」です。ここを書き換えて、あなたが作りたいイメージの画像を鮮明に記述してください。

たとえば、「サハラ砂漠の中心で大雨に打たれながら手を広げる男性」をイメージしてプロンプトしてみます。

手順③:プロンプトする-03

手順③:プロンプトする-03

それっぽい画像が生成されました。残念ながら、雨には打たれてませんが、日本語でだいたいのイメージは伝わっているみたいですね\(^o^)/

というわけで、日本語で生成する方法は、以上です。

※この記事を書いてる2022年10月19日現在、上記コードでエラーが発生しました。もしかしたら、運営側のアップデートが原因かもですm(._.)m

Japanese Stable Diffusion エラー

Japanese Stable Diffusion エラー

どうやら、「sample」でエラーが起きてるようです。

 エラーの解決方法

読者よりご教授いただきました。
マジ感謝ですm(._.)m

  • 原因:image = pipe(prompt, guidance_scale=7.5)["sample"][0]
  • 修正:image = pipe(prompt, guidance_scale=7.5).images[0]

詳しくは、Stable Diffusionの英語版をどうぞ。

猫の肖像画 油絵

猫の肖像画 油絵|Portraited by Japanese Stable Diffusion @ImperialMiyavi

無事に、AIアートを作成できました(*`・ω・)ゞ

Stable Diffusionに挑戦してみよう

本記事では、Stable DiffusionでAI画像を日本語から生成する方法を解説しました。

  • Google Colaboratory
  • Hugging Face
  • Japanese Stable Diffusion

上記3つが、必要です。

とはいえ、Stable Diffusionを使った画像生成はいくつか手段があるので、調べて、実践してみてください。一番簡単な方法は「Demoサイト」を使うことですね。

Stable Diffusion以外にも、無料おすすめなAI画像作成サイトはいくつかあります。下記で紹介してるので、ぜひご覧ください。

 AI画像作成サイト・アプリ

【2022】AIアート無料おすすめサイト・アプリ6選【愛が大切です】
【2022】AIアート無料おすすめサイト・アプリ6選【愛が大切です】

AIアートの無料おすすめなサイト・アプリを知りたいですか?本記事では、AIアートを作れる無料おすすめなサイト・アプリを6つ紹介します。AIで高クオリティなデジタルアートを作れる時代です。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「ゆとりブログ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-AI, Web3.0転職