AI Web3.0転職

AIアートを始めるメリット・デメリットとは?【チャンスを失う人の特徴】

AIアートを始めるメリット・デメリットとは?【チャンスを失う人の特徴】
ミヤビ

AIアートのメリット・デメリットを教えてください。AIアートを始めると、何か良いことでもあるの?むしろ、損するんじゃないの?否定的な声も多いし、始める理由がわかりません。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • AIアートのメリット・デメリットとは?
  • AIアートでチャンスを失う人の特徴
  • AIアートの始め方ガイド

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。AIツールでAIアートを作成しており、時代の最先端で活動してます。

AIアートを始めるメリット・デメリットを知りたくないですか?

本記事では、AIアートを始める3つのメリット、2つのデメリットを経験から解説します。

この記事を読むと、AIアートのメリット・デメリットをサクッと把握しつつ、AIアートでチャンスを逃す人の特徴もマルッと理解できます。

AIアートは、社会構造の変化の一つです。その変化を楽しみつつ、サクッとAIアートを始めてみましょう。

AIアートのメリット・デメリットとは?

AIアートのメリット・デメリットとは?

AIアートを始めるメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

AIアート3つのメリット

AIアートを始めるメリットは、下記のとおりです。

  • メリット①:AIに触れられる
  • メリット②:好奇心を実行できる
  • メリット③:アートの世界に興味を持つ

 メリット①:AIに触れられる

AIと聞くと「文系だし...プログラミングもできないし、どうせ僕には無理です...」と始める前から諦めてる人が多いと思います。しかし、事実、下記のとおりです。

  • 無料で始められます
  • プログラミング知識は不要です
  • 作りたい画像イメージをテキスト入力するだけ

ぶっちゃけ、中学生でもできます。天才エンジニアたちが、誰でも気軽に体験できるよう、AIアート専用のプラットフォームを用意してます。それを使ってみるだけです。

>> 関連記事:【無料】AIで作れる?おすすめ画像生成サイト・アプリ6選【愛が大切です】

 メリット②:好奇心を実行できる

AIに対して、気持ちはどうあれど、実行してみる姿勢が大切です。

  • AIを使いこなせる人:社内業務をAIで効率化し、ヒューマンエラーも防ぎつつ、低ストレスで、チャレンジャーな人生を送る
  • AIを使いこなせない人:社内業務は「人・紙・感情」が中心で、ヒューマンエラーも改善できず、高ストレス環境で、昭和な人生を送る

仕事でも「ねぇ、こんな仕事あるんだけど、やってみる...?」という上司からの誘いに対し、、、「いやー...ちょっと、自分には無理かもです...」という人だと、次に声が掛かることはありません。

じゃあ、それをAIアートに置き換えてみると、下記のとおりです。

「AIアートやってみない...?」という誘いに対し「ぜひ、やらせてください!文系でAIのことはわかりませんが、家に帰ったらちょっと勉強してみます。明日、その報告をさせてください!」、、、こうあるべきですよね?

まずは、何事も挑戦してみましょう。
AIアートで失うものなど、ありませんよ。

 メリット③:アートの世界に興味を持つ

AIアートに触れると、たとえ「美術に興味なし」な人も、現代美術や古典美術に興味がわくかもしれません。

  • AIアートを始めてみた
  • すると、ルネサンス期のイタリア画家に興味を持った
  • 本場である「イタリア-フィレンツェ」に旅がしたくなった

AIアートにフォーカスするのではなく、AIアートに触れた未来や体験にこそ、本質的な「価値」があります。

人生は、勉強です。勉強と聞くと、嫌気が差すかもですが、たとえゲームでも、上手くなりたきゃ「学びの姿勢」が大切ですからね。

AIアートは、あなたの人生に"きっかけ"を与える「恵みの雨」ですよ。詳しくは、人工知能が描くAIアートの価値とは?【口先は教授並み、でも、行動は盲人以下】をどうぞ。

AIアート2つのデメリット

AIアートのデメリットは、下記のとおりです。

  • デメリット①:学ぶ時間が必要
  • デメリット②:否定的な意見を受け入れる

 デメリット①:学ぶ時間が必要

何事においてもですが、スキルを身につけるには「学ぶ時間」が必要です。時間という学習コストを受け入れましょう。

  • AIアートとは?を調べる時間←3分でOK
  • プロンプトのコツをマスターする時間←3日でOK
  • AIアート作成ツールの使い方を調べる時間←10分でOK

あなたは、ダラダラ「YouTube」でも観たいかもです。しかし、冷凍食品を食いながらの体たらくな人生に未来はありません。むしろ、YouTubeでAIアートを学べる時代に感謝すべきです。

必要なのは、1ミリの行動勇気です。

AIアートは無料で始められるので、その「好奇心」を実行してください。

 デメリット②:否定的な意見を受け入れる

AIアートは、一瞬でプロの画家と肩を並べられるほど、破壊的な革命を秘めてます。過去に、アメリカのアートコンテストで、AIアートが優勝したと話題でした。

もちろん、不満炸裂、大炎上しましたが、それゆえ「AIアート」という新たなレールも誕生しました。

ブログやSNSで、AIアートを投稿すると、否定的なユーザーから「小石」が飛んでくるかもです。ぶっちゃけ、僻みなのでスルーでOKですが、そーいったリスクも受け入れる必要があります。

AIアートは、時代に追いついてません。法整備もまだまだでして、正直、グレーゾーンです。その点をご理解しつつ、AIアートに挑戦してみてください。

AIアートでチャンスを失う人の特徴

AIアートでチャンスを失う人の特徴

結論「変化を嫌う人」です。
不変を愛するのは「無惨様」だけでOK。

社会構造の変化を振り返る

現代社会がガラッと変わったのは、SNSやスマホが普及し始めた2010年くらいからです。

当時、スマホを持ってる人などいなく、4G回線もないですし、暗黒の「ガラケー時代」でした。たかが10年前ですが、今では、考えられない時代です。

なんせ、暇つぶしに、YouTubeを見れない、調べごともサクッと検索できない時代ですからね。スマホによる社会構造の大変化は、いうまでもありません。

 今後の社会構造の変化は?

たとえば、今後の社会構造の変化として、5Gや6Gによって、IoTやAIが加速する未来...とかですね。

たとえば、話しかけるだけでスマホが便利になる「Siri」は有名ですよね?じゃあ、この音声認識機能の「裏の意図」はというと、世界のユーザーからデータを集めること。

つまり、ビッグデータを集積することで、AIをより賢くし、ユーザーの利便性を向上させつつ、利益を上げることです。

自動運転や受付ロボットもそうですが、むしろ、人力で行う方が、ヒューマンエラーになります。人件費もかかりますし、仕事がAIに代替されていくのは、時間の問題かと。

AIアート =「チャンス」です

ここで大半の人は「そうか...AIによって、仕事が失われていくのか...将来、とても不安だな...」と思うかもですが、むしろ、こーいった人こそ「チャンス」と捉えるべきですよね?

チャンスを失う人の特徴としては、下記が挙げられます。

  • その①:変化を嫌う
  • その②:学ぶことが嫌い
  • その③:故に、波乗りし損ねる

日本人の識字率 =「ほぼ100%」でして、あとは、調べるだけ。読み書きできるだけで、恵まれてますからね...

現代は、とても便利な時代です。ほとんどのサービスは無料で始められます。プログラミングでもそうですが、ネットで調べたり勉強するのも、無料でできます。

それなのに「いや...ちょっと...」みたいな思考が先走り、結果、初速でもつまづき、チャンスを逃す...という始末です。

AIアートに本質的な価値などない

注目すべき点は、AIアートではありません。AIアートを構築する「AI」に触れてみることです。

あなたは、AIアート自体に価値があると思いますか?

価値観の受け取り方は人それぞれですけど、過去の偉人やアーティストの作品と比較してみても、やはり、"ムラ"があります。それに、所詮、デジタルな領域でしかありません。

もし「3Dプリンター × AI」で、AIアートを作れる時代になれば、スゴいことかもしれません。人は、デジタルより、実物として鑑賞したり、所有したいですからね...

AIアート =「大きな桃」です

あなたは「桃太郎」をご存知ですよね?

おばあさんが川で洗濯をしてたら、大きな桃が「ドンブラコ...ドンブラコ...」と流れてくる童話ですね。

解説したように、AIアート =「社会構造の変化」です。インターネットに然り、スマホに然り、NFTに然り。こーいった、世界をひっくり返す技術は、川から流れてきた「大きな桃」です。

とはいえ、事実として、大半は「怪しい...コレは拾うべきじゃない...スルーしよう...」という思考かと。拾うかスルーするかは、あなた次第です。

おばあさんは「大きな桃」を拾いました。僕も、拾ってみました。実に、甘くて美味しいです。詳しくは「AIアートなんてやめとけ」←人生、損してる件をどうぞ。

AIアートの始め方ガイド

AIアートの始め方ガイド

時代の変化を受け入れつつ、変化を愛してみましょう。AIアートを始める手順は、下記のとおりです。

  • 手順①:AI画像作成サイトに登録
  • 手順②:プロンプト
  • 手順③:AI画像をダウンロード

しかも、無料で始められますし、プロンプト(テキスト入力)すれば、サクッと10秒でAIアートが自動生成されます。

AIアートの概要・仕組みについては【芸術は爆発】AIアートとは?【特徴・仕組み・活用例】を読むと、サクッと3分でAIアートの概要をつかめます。

また、詳しいAIアートの始め方の手順については【保存版】初心者でもできるAIアートの作り方【ロードマップ】をどうぞ。

AIアートに必要なモノ、それは好奇心

気になったモノには、間髪入れず、触ってみる...そんな心意気も大切です。

もちろん、リスクはあるかもですが、3日もあればリサーチ完了します。幸いにも、AIアートを始めるリスクは「皆無」ですから、どうぞ安心してください。

具体的には、パソコンやスマホ、場合によっては「Discordアカウント」も必要になります。しかし、すでにお持ちですよね...?

詳しくは【無料】AIアートに必要なモノとは?【結論、好奇心】をどうぞ。もう一度いいますが、AIアートに必要なモノは「好奇心」だけですよ。

AIアートを作ってみよう

AIアートのメリット・デメリットを理解できたら、とりま、AIアートに触れてみることです。そのための行動リンクは、解説済みですけど、下記に載せておきました。

ぜひ、AIアートに触れてみて、何か人生の"きっかけ"を得られれば幸いです。

【保存版】初心者でもできるAIアートの作り方【ロードマップ】
【保存版】初心者でもできるAIアートの作り方【ロードマップ】

AIアートの作り方を知りたいですか?本記事では、初心者でもできるAIアートの作り方を解説します。未知なるAIの世界を、アートで体験してみましょう。

続きを見る

 AIアート作成ツール

【2022】AIアート無料おすすめサイト・アプリ6選【愛が大切です】
【2022】AIアート無料おすすめサイト・アプリ6選【愛が大切です】

AIアートの無料おすすめなサイト・アプリを知りたいですか?本記事では、AIアートを作れる無料おすすめなサイト・アプリを6つ紹介します。AIで高クオリティなデジタルアートを作れる時代です。

続きを見る

【無料】AIで自動執筆?おすすめ文章作成サイト3選【現役ブロガーが厳選】
【無料】AIで自動執筆?おすすめ文章作成サイト3選【現役ブロガーが厳選】

AIで文章を作りませんか?本記事では、無料で使えるAI文章作成サイトを3つ紹介します。AIを使いこなす現役ブロガーが解説します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「ゆとりブログ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-AI, Web3.0転職