SEO基礎 SEO対策

【10選】SEOに効果的!おすすめ画像対策まとめ【PV1.5倍/画像検索の重要性】

2023年1月25日

【10選】SEOに効果的!おすすめ画像対策まとめ【PV1.5倍/画像検索の重要性】
ミヤビ

画像って、SEO対策すべきですか?どーして、画像でさえSEO対策が必要なの?具体的な画像SEO対策の方法や注意点も教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 画像をSEO対策する必要性
  • SEOに効果的なおすすめ画像対策10選
  • 画像SEO対策の注意点3つ
  • 画像SEO対策でよくある質問
  • 画像をSEO対策して検索流入を増やそう

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。ブログ歴は3年ほどでして、ブログの最高月収は20万円です。

画像SEO対策の方法を知りたいですか?

本記事では、画像をSEO対策する重要性や具体的な画像SEOの対策10選を解説します。

この記事を読めば、画像SEO対策の重要性を理解しつつ、ブログのPVが「1.5倍」もUPする効果的な画像SEO対策10選を実践できます。

画像SEOを無視した結果、画像の表示があまりにも遅く、内容がわかりずらいこともあります。それでは、ユーザーの利便性が低下し、ブログ記事の評価も下がります。

SEOに効果的な画像を挿入して、コンテンツの質を高めていきましょう。たかが画像、されど画像です。

画像をSEO対策する必要性

画像をSEO対策する必要性

効果的なSEOを実現させるには、ブログの「画像」も見逃せないポイント。

そこで、画像をSEO対策する2つの必要性を押さえておくべき。つまり「検索ユーザー」と「検索エンジン」向けに、画像内容を正しく認識させる施策を打ちます。

  • 検索ユーザー:人間向けの画像SEO対策
  • 検索エンジン:ロボット向けの画像SEO対策

必ずセットで、SEO対策しましょう。

検索ユーザー:人間向けの画像SEO対策

検索ユーザー:人間向けの画像SEO対策

一言でいうと「読者が記事に飽きぬよう、わかりやすい画像を挿入せよ」ということ。画像を入れることで、ユーザーに下記のメリットがあります。

  • ブログが読みやすくなる
  • 記事内容もわかりやすくなる
  • 読者満足度が高まり、滞在時間もUPする

ニュース番組でも、声だけ伝えてたら、視聴者は理解できませんよね?

つまり「相手目線に立つ」ことが大切でして、ユーザーが求めてるのは「自分の悩みを解決できる分かりやすい情報」です。その点で画像は、情報をわかりやすく伝えられる「手段」かと。

ブロガーの存在意義は、ユーザーの悩みを深く解決すること。決して、画像を入れることが「目的」にならぬよう、ユーザー目線に立った画像を挿入しましょうね。

ミヤビ

画像の入れすぎ「厳禁」です。

検索エンジン:ロボット向けの画像SEO対策

検索エンジン:ロボット向けの画像SEO対策

検索エンジン向けの画像SEO対策を行うと、下記のメリットがあります。

  • Googleの「画像検索」に露出される
  • 画像検索からのトラフィック(検索流入)を見込める
  • 結果的に、効果的なSEOを実現でき、検索上位を狙える

検索エンジンは、人間みたく、画像を正しく認識できません。たとえば「リンゴの画像」なら、色は「赤 or 緑」なのか、企業の「Apple」なのか...正しく理解できません。

サイト構造から機械的に画像情報を読みとるので、検索エンジン向けの施策を行う必要があるのです。具体的な対策は「SEOに効果的なおすすめ画像対策10選」で解説します。

読者と検索エンジン双方にわかりやすい画像を提供する。すると、読者満足度が向上しては、平均滞在時間も伸び、記事やサイト全体のSEO評価が高まる。

結果的に、検索上位を狙える効果的なSEOを実現できるというワケ。

SEOに効果的なおすすめ画像対策10選

SEOに効果的なおすすめ画像対策10選

Googleは「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成すること」を重視してます。そのためにすべき画像SEO対策は、下記の10項目です。

決して、小手先のSEO対策に囚われず、ユーザーを最優先したコンテンツ制作を目指しましょう。

その①:画像と記事内容の関連性を深める

画像SEO対策①:画像と記事内容の関連性を深める

ブログに挿入する画像は、記事内容と関連した画像をピックアップしましょう。要は「内容と画像を一致させる」イメージです。

  • アイキャッチ画像:記事タイトルと関連させる
  • 見出し画像:見出し内容と関連させる
  • 補足画像:テキスト情報と関連させる

極端な話、、、「リンゴの鮮度を保つ保存方法」という見出しに「ミカンの画像」はナゾに混乱しますよね?この場合、リンゴの画像を採用すべきです。

関連性の低い画像を挿入すれば、わかりずらいコンテンツになるので、むしろ逆効果。ユーザーの利便性が低下しては、SEO効果も悪くなります。

 アイキャッチ画像を活用せよ

また「アイキャッチ画像」を挿入すると、トップ画面やSNSで「読者の心」を掴みやすくなります。

結果的にクリック率も高まり「拡散」という相乗効果も狙えます。

ブログ記事の「顔」ともなる画像ですので、読者の心をくすぐるキャッチーな画像を作りましょう。

その②:画像に独自性を出す

画像SEO対策②:画像に独自性を出す

画像に、独自性 =「オリジナリティ」を出すと、SEOに効果的です。Googleは、下記の要素を重視してます。

  • 「コンテンツの独自性」
  • 「E-E-A-T(経験・専門性・権威性・信頼性)」

画像も含めた総合的なオリジナルコンテンツが求められます。

同じような記事が検索上位に表示されてると「また、この記事か...」とガッカリしますよね?つまり「Google広告収益の滅亡」を意味しまして、事実「陰り」始めてます。

Googleのビジネス的思考を理解しつつ、ユーザーの気持ちを最優先する。

ありきたりな画像は、読者を飽きさせます。ページ離脱が加速しては、平均滞在時間も短くなります。エンゲージメント率も低下するので、十分なSEO効果も期待できません。

オリジナル画像でユーザーの悩みをわかりやすく解決する。独自性あるコンテンツで差別化を図る。こーいった工夫が、大切ですね。

その③:alt属性(代替テキスト)を記述する

画像SEO対策③:alt属性(代替テキスト)を記述する

alt属性(代替テキスト)を記述することで、画像が表す内容を検索エンジンに伝えることができます。

  • 理由①:通信障害に対応するため
  • 理由②:視覚障害者に対応するため(音声ガイド)
  • 理由③:クローラーに画像情報を伝えるため

たとえば、通信が不安定で、画像の読み込みが遅い場合。しかし、alt属性が記述されてると、どーいった画像かを文字情報として読者に伝えられます。

その他、視覚障害を持ったユーザーに、音声として画像情報を伝える役割もあります。

また、Googleなど、検索エンジンのクローラーに対しても、画像内容をHTMLのテキスト情報として設定するので、より正確に伝えられます。

 alt属性の書き方ルール

alt属性の設定方法は、とても「カンタン」です。HTMLタグのimg要素内でalt属性を記述するか、WordPressの画像編集より、代替テキスト欄に入力するだけ。

本記事の場合、WordPressブログに直接「alt属性」を記述するので、下記のとおり、画像詳細画面よりカンタンに設定できます。

WordPressでalt属性を記述する方法

WordPressでalt属性を記述する方法

  • 具体的に書く
  • キーワードを入れる
  • 日本語でも英語でもOK

とはいえ、alt属性で「キーワードの乱用」はNG。スパム判定の原因です。

alt属性は「地味」ですが、とても「重要」です。ユーザの利便性を考慮しつつ、細かいですが、画像のSEO対策は「必須」ですね。

HTMLでalt属性を記述する方法

alt属性は、下記のように記述します。

<img src = "画像のURL" alt = "ここにalt属性を記述">

 具体例:alt属性の書き方

alt属性は、具体的に書きましょう。
たとえば「リンゴ」の画像で解説します。

丸かじりされた青リンゴのベクター画像

丸かじりされた青リンゴのベクター画像

  • NG:「リンゴ」
  • OK:「丸かじりされた青リンゴのベクター画像」

alt属性を設定すると、画像とテキスト情報を抽出できるので、ユーザービリティが高まっては、Googleに評価されやすくなります。

一方、alt属性を記述しないと、スクリーンリーダーなどのテキストを読み上げる音声ブラウザに対応できないので、アクセシビリティが低下します。

ミヤビ

必ず「alt属性」を記述しましょう!ただし、装飾目的な画像の場合は「カラ」でもOKです。

その④:画像タイトル・キャプションを記述する

画像SEO対策④:画像タイトル・キャプションを記述する

alt属性とセットで、画像タイトルや画像キャプションも付与しましょう。

  • 画像タイトル:画像にホバーすると表示される。Googleの画像検索で表示されることもある。
  • 画像キャプション:画像下に表示される画像の説明書き。リンクを付与できる。
画像のタイトル・キャプションの書き方

画像のタイトル・キャプションの書き方

Googleは、画像が掲載されてるページコンテンツから画像情報を認識します。画像データだけでは、情報を正確に判断できません。

だからこそ、こーいったテキスト情報として、画像を正しく認識させるSEO対策が必要になります。

ミヤビ

alt属性・タイトル・キャプションは、同じ文言でもOK。

その⑤:わかりやすい画像ファイル名にする

画像SEO対策⑤:わかりやすい画像ファイル名にする

画像のファイル名も、画像内容の判断材料として使われます。わかりやすいよう、下記のように画像ファイル名を書きましょう。

  • 英語で書く
  • キーワードを入れる
  • 区切る場合は「ハイフン(-)」

たとえば「IMG00001.png」 よりも「seo-image.png」の方が、画像テーマを判断しやすいです。

前者だと「ん?何の画像だろう...」ですが、後者なら「おっ、SEO対策に関する画像か...」と認識できます。

Googleに認識されやすいファイル名にすることで、クローラビリティやユーザビリティが高まっては、Googleから適切な評価を受けやすくなるのです。

一方、ナゾの英数字や文字列で構成されるファイル名だと、そこから正しく画像内容を判断できません。ユーザーやクローラーが認識しづらいので、SEO効果も見込めませんね。

その⑥:一般的な画像ファイル形式にする

画像SEO対策⑥:一般的な画像ファイル形式にする

画像のファイル形式は、Googleがサポートする「標準形式」を使いましょう。

標準の画像形式を使用する

一般的にサポートされているファイル形式を使用します。ほとんどのブラウザは JPEG、GIF、PNG、BMP、WebP の各画像形式をサポートしています。ファイル名の拡張子をファイル形式に一致させるのも良い方法です。引用元:検索エンジン最適化 SEO スターターガイド

  • JPEG:多くのブラウザでサポートされてる
  • PNG:高品質のデジタル画像を表示できるが、容量がやや大きい
  • GIF:画像やフレームを繋ぎ合わせて、アニメーションを作れる

よく使われる画像ファイルを採用すれば、たくさんのブラウザユーザーから画像認知できます。つまり、ユーザーの利便性を確保できるので、効果的な画像SEOを見込めます。

一般的に「JPEG」「PNG」あたりが無難。また最近は、画像ファイルの軽い「WebP」も人気ですが、ブラウザによっては非対応です。

現時点では「WebP」を使ったコンテンツは、ユーザーの利便性がちょい微妙かもです。とはいえ、僕はガンガン使ってますが、ぶっちゃけ、問題ありませんね。

その⑦:画像を軽量化させる

画像SEO対策⑦:画像を軽量化させる

画像サイズ・容量が大きいと、ページの表示速度が遅くなります。

  • 対策①:画像を圧縮する
  • 対策②:画像を遅延読み込みする
  • 対策③:画像を不用意に入れすぎない

分かりやすいブログを作ろうとすると、どーしても画像が増えますよね?

しかし、画像の読み込みが遅いと、ユーザーはイライラします。平均滞在時間が下がっては、再検索されると、Googleからの評価がとても悪くなります。

また「ページの表示速度がランキング要因になる」ことからも、画像の高速化は「必須」ですね。詳しい画像高速化の方法は、別記事をご用意してます。

その⑧:高品質な画像を使う

画像SEO対策⑧:高品質な画像を使う

フリー素材ではなく、高品質な有料画像を使うのも効果的です。

  • ポイント①:おしゃれ
  • ポイント②:ぼやけない
  • ポイント③:インパクトある

サイトや記事がダサいと、内容はともかく、読む気が失せませんか?

クオリティ高い画像を見ると、ユーザーは心を惹きつけられます。エンゲージメント率が高まっては、平均滞在時間も伸び、Googleから高評価です。

高品質な画像を使いつつ、コンテンツ全体の質を総合的に高める。SEOに効果的な画像にするためのポイントです。

 有料画像を使うメリット

画像に独自性を出すなら「有料画像」もおすすめです。

  • メリット①:ブログの差別化
  • メリット②:サイトに統一感が出る
  • メリット③:ブログ内容を理解しやすくなる

有料画像は、ハイクオリティで他人と被りにくく、差別化しやすいメリットがあります。フリー素材より接触頻度が少なく、その分オリジナリティーを確保しやすいですね。

有料画像を使うなら【差別化】ブログに有料画像を使うべき?おすすめ有料画像サイト3選【結論、必要なし】をどうぞ。

その⑨:画像サイトマップを使う

画像SEO対策⑨:画像サイトマップを使う

必須じゃないですが「画像サイトマップ」を使う方法も有効です。

  • 手順①:専用のXMLタグでマークアップしたサイトマップを作成
  • 手順②:Googleサーチコンソールから画像サイトマップを送信

See the Pen
Untitled
by miyavi-is-apple (@miyavi-is-apple)
on CodePen.

上記のとおり「image:image」「image:loc」といった専用のXMLタグで、マークアップした画像サイトマップを作成します。

そして、作成した画像サイトマップファイル、たとえば「sitemap-image.xml」といったURLを、Googleサーチコンソールから送信しつつ、画像クロールを促進すればOK。

しばらくすると、クローラーが画像サイトマップを検知し、画像コンテンツがGoogleから認識されます。

ミヤビ

原理は、通常のサイトマップ送信と同じです。

 必須じゃありません

この方法は、ちょっとムズいのでスルーでもOK。画像サイトマップを使わなくても、サイト構造がしっかりしてれば、画像はGoogleから認識されます。

この点は「有料テーマ」を導入すれば解決しまして、SEO内部対策がバッチリ最適化されてます。

とはいえ、サイト構造が貧弱なら、クローラーの回遊率も悪く、ウェブページが認識されづらい状態かと。

よって、画像もクローラーに認識されづらい状況ですので、画像サイトマップを「補助輪」として活用しつつ、SEO対策することが重要です。

その⑩:モバイルフレンドリー対策する

画像SEO対策⑩:モバイルフレンドリー対策する

ココ最近の検索媒体は「7割スマホ」ですので、画像を含めたサイト構造が「モバイルフレンドリー」に対応する必要があります。

ザックリいうと「スマホ検索最適化」でして、スマホで閲覧したとき、たとえば、画像表示が崩れてなかったり、表示スピードを早める対策のことを意味します。

対策はカンタンでして「モバイルフレンドリーテスト」の改善点を実行するだけ。

  • 「画像の横幅が画面の幅を超えてる」←モバイルブラウザの横幅に収まるよう画像を調節すればOK
  • 「画像の表示速度があまりにも遅い」←画像を圧縮しつつ、画像の遅延読み込みなどを対策すればOK

モバイルフレンドリーなサイトは、ユーザーの利便性が向上し、Googleからも高評価。モバイルユーザーにフォーカスしつつ、スマホ検索最適化することが重要です。

常に、相手の立場に立って考えればよく、あなた自身がググってるときに、スマホで読みづらかったら萎えますよね?

モバイルフレンドリー同様、ブログは「レスポンシブデザイン」が常識。詳しくは【必須】レスポンシブ対応じゃないブログはオワコンです【プログラミング不要】もどうぞ。

ミヤビ

必ず「当事者意識」を持ちましょう。

画像SEO対策の注意点3つ

画像SEO対策の注意点3つ

下記の注意事項を守らないと、画像のSEO対策をしても効果が無駄になります。

  • 注意点①:画像を盗用しない
  • 注意点②:ユーザービリティを損なわない
  • 注意点③:画像にテキストを埋め込まない

注意点①:画像を盗用しない

そもそも前提として、、、画像の盗用は絶対「NG」です。

許可なしに勝手に他人の画像をサイトに掲載する行為は「著作権違反」にあたります。

画像はSEO対策せよ...とはいえ、勝手に画像を盗用するなら、法的にアウト。

フリー素材や有料画像、オリジナルで作成した画像、実際に撮影した写真などを使うべきです。

 引用しよう

他人の著作物を使いたい場合は「引用」します。引用のルールは、下記のとおりです。

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

引用元:文化庁|著作物が自由に使える場合|(注5) 引用における注意事項

上記のとおり、引用の注意事項を「文化庁HP」から引用しました。

とはいえ、画像の場合、許可がないと引用を認められないケースもあります。

あくまで、引用 =「客体」ですから、あなた自身のオリジナルコンテンツの必要がある点には注意ですね。

注意点②:ユーザービリティを損なわない

ユーザービリティとは「使いやすさ」のこと。用は、適切に画像を使いつつ、ブログの読みやすさを向上させましょう。

  • 適切な画像サイズに調節する
  • 鮮明で見やすい文字やデザイン
  • 表示速度は遅いより早い方が良い

視覚的に読者を惹きつける画像を作りつつ、読者がコンテンツをより理解しやすくする工夫が大切です。また、意味のない画像の使用は控えましょう。

注意点③:画像にテキストを埋め込まない

重要なテキストを画像に埋め込むのも非推奨です。

重要なテキストを画像に埋め込まない:画像にテキストを埋め込むことは避けてください。特に、ページ見出しやメニュー項目などの重要なテキスト要素は埋め込まないでください。これは、すべてのユーザーがアクセスできるわけではないためです(また、ページ翻訳ツールも画像に対しては動作しません)。ユーザーがコンテンツに最大限アクセスできるよう、テキストは HTML 形式で作成し、画像に代替テキストを設定してください。引用元:Google 画像検索 SEO ベストプラクティス

たとえば、画像 =「見出し」として扱うのは「NG」です。

本文を読みやすくする狙いも考えられますが、この場合、、、見出しは見出しとして活用しつつ、画像は見出しの直下に配置するのがベストです。

ユーザーの使用環境によっては、画像が表示されない可能性も考えられます。その場合、alt属性を記述してないと、SEO的にもマイナスですし、ユーザー満足度も下がります。

画像SEO対策でよくある質問

画像SEO対策でよくある質問

さいごに、画像に関するよくある質問にもお答えします。SEOの観点からも重要なので、しっかり目と耳を傾けてくださいね。

  • 質問①:画像はどこに設置すべき?
  • 質問②:画像は自作すべき?
  • 質問③:無料画像と有料画像どっちがおすすめ?
  • 質問④:画像の枚数はどれくらいがベスト?
  • 質問⑤:適切な画像サイズ・容量とは?

質問①:画像はどこに設置すべき?

画像の配置箇所は、下記のとおりです。

  • アイキャッチ画像:タイトルの直下
  • 見出し画像:見出しの直下
  • 補足画像:関連テキストの直下

記事全体に一定のリズムが生まれ、ユーザーの理解度がより深まります。

結果、ユーザーの利便性が向上し、平均滞在時間も上がっては、Googleからの評価も高まります。

テキストだけでなく、画像でも補足しつつ、コンテンツをわかりやすくさせる。こーいったユーザー目線な施策こそ、SEOに効果的な画像にする「秘訣」です。

質問②:画像は自作すべき?

画像は、できるだけ自作すべきですね。

  • 他人にパクられにくい
  • 読者の理解度が深まる
  • 独自コンテンツを重視

とはいえ、テキトーな画像を自作しても、理解されないなら意味ありません。たとえば、画像内容が細かすぎると、一目で読みとれず、逆にストレスですよね?

このように、画像の独自コンテンツを作る場合は「視認性」も重要です。競合と差別化する姿勢は大切ですが、ユーザービリティも考えられると、高評価を得やすいですよ。

質問③:無料画像と有料画像どっちがおすすめ?

大切なのは「読者目線に立つ」ことです。

質の高い有料画像を使ったからといって、SEOに効果的でもないですし、読者にメリットがないなら、意味をなしません。むしろ、フリー素材でもOKです。

一方、オリジナル画像を作りつつ、記事内容をよりわかりやすくする工夫の方が、読者満足度は高くなるかもです。

本質に立てば「どっちがいい?」と悩むことはありません。

とはいえ、差別化対策として、読者の心を掴むクオリティある画像を使うことは、意味アリですね。詳しくは、下記をどうぞ。

質問④:画像の枚数はどれくらいがベスト?

正解など存在しません。
情報量とのバランスを考えましょう。

たとえば「仮想通貨の口座開設手順」を初心者向けに解説する記事なら、あなたは画像が必要だと思いますか?

僕でしたら「どーいった手順で行えば、失敗せず口座開設できるかを知る『画像付きの解説』があったら嬉しいなぁ〜」と思います。

仮に文章だけで解説されてると、ちょっとイメージ湧きにくいですよね?それなら、画像をふんだんに使いつつも、画像通りに進められる記事の方がユーザーファーストです。

あくまで上記は「一例」ですが、画像とテキストの両方を充実させたコンテンツ制作を心がけましょう。

ミヤビ

僕の記事も参考にしてみてください。

質問⑤:適切な画像サイズ・容量とは?

特に決まりはありませんが、画像サイズ・容量は、下記を目安にしましょう。

  • 画像サイズ:700px × 394px(16:9の黄金比)
  • 画像の容量:50〜100KBほど

上記は僕の画像設定ですが、黄金比を意識すると、美しい見栄えになり、画像容量も最適化できておすすめです。

僕の画像は、1枚あたり平均「50KB」くらいでして、わりと軽め。ページの読み込み速度に悪影響を与えぬよう、画像を圧縮してサイズを小さくしましょう。

 なぜ『横:700px』なのか?

結論、PC・スマホで、もっとも綺麗に表示される、ちょうどいいサイズ感だから。経験より導いた、画像サイズの最適解です。

これを「横:500px」とかにすると、、、PC表示でダサくなります。逆に「横1140px」とかにすると、表示面積は変わらないけど、その分、サイトスピードが低下します。

ちなみに、ブログ記事の場合は「横長」が基本です。縦長な画像ですと、見栄えが悪くなるので注意してください。

ミヤビ

PCでギリギリ美しく表示される画像幅を、分析してみると良いですよ。

画像をSEO対策して検索流入を増やそう

画像をSEO対策して検索流入を増やそう

本記事では、画像をSEO対策する必要性や具体的な画像SEO対策おすすめ10選をマルっと解説しました。

効果的な画像SEOを実現するには「ユーザー」と「検索エンジン」に画像内容を正しく伝える施策が必要でしたね。下記の10項目を、ぜひブログで実践しましょう。

繰り返しですが、大切なのは、読者目線で良質なコンテンツを作ることです。

自己満な記事では、SEO効果は表れにくい。必ず「ユーザーファースト」を実践しつつ、クローラにも認識されやすい独自コンテンツを作っていきましょう。

 WordPressブログの始め方

【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】
【無料】たった10分でできるWordPressブログの始め方【エックスサーバー】

WordPressブログの始め方を知りたいですか?本記事では、WordPressブログの始め方やブログの全体像、開設後の初期設定やよくある質問にお答えします。たった10分でブログを始められますよ。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

ブログ・アフィリエイト・AIを愛するデジタルノマド|海外移住のため皇室を去る|日本⇄ジョージア⇄トルコ⇄ASEANで永久機関生活|ブログ歴3年→ブログ最高月収20万|普段はイスタンブールに隠遁しつつ、徒然なるままに日暮し365日ブログを書いてます|ブログで「ゆとり」ある人生設計を発信します。

-SEO基礎, SEO対策
-