IT転職 × Tips 仕事の悩み

仕事を入社9ヶ月で辞めるのはアリか?【僕は辞めた】

2022年8月28日

仕事を入社9ヶ月で辞めるのはアリか?【僕は辞めた】
ミヤビ

仕事を9ヶ月で辞めたいと思っています。4月入社でして、12月末で辞めるのって、流石に早いかな?実際に12月末で早期退職した人の話を聞いたいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 仕事を9ヶ月で辞めるのはアリか?
  • 仕事を9ヶ月で辞める際の3つの注意点
  • 仕事を9ヶ月で辞めるなら作戦が大切です

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。入社して9ヶ月で民間企業を退職しており、その後は国家公務員に転職しました。

入社した会社、9ヶ月で辞めたいと感じてませんか?

本記事では、仕事をたった入社9ヶ月で辞める是非を解説します。

この記事を読むと、仕事を9ヶ月で辞めるモチベが上がり、次なる人生へどのように舵を切るべきかがわかります。

僕は新卒入社した会社を9ヶ月で辞めました。そして、何も問題ありませんでした。思い切って辞めても、人生で1ミリも悪影響ありませんよ。

仕事を9ヶ月で辞めるのはアリか?

仕事を9ヶ月で辞めるのはアリか?

結論、1ミリも問題ない。
どうぞ、辞めてしまって構いません。

仕事を辞めたいと思う3つの理由

新入社員が会社に不満を抱える理由は、だいたい下記のとおり。ワガママですからね...無理もありません。

  • 理由①:シンプルに、辛い
  • 理由②:シンプルに、飽きた
  • 理由③:シンプルに、第X志望

 理由①:シンプルに、辛い

仕事が辛いのは、当たり前。
ラクして金を稼げるほど、世の中甘くない。

  • 人間関係:上司からの圧力
  • 会社通勤:山手線の椅子取りゲーム
  • 業務内容:残業、休日出社、休みなし

特に東京などの都心で働く人のほとんどは、上記を避けられないと思います。中小だろうと大手だろうと、公務員だろうと、日本の労働環境はどこも似たり寄ったりですので。

なので、解決策としては、耐えて成長 or 辞めるですね。基本的には「仕事に耐える価値はあるか?」を考えればOK。つまり、未来が見えなければ、サクッと方向転換しましょう。

仕事がどーしても辛いときは、仕事がマジ辛いときに聴きたい穴場な名曲10選をどうぞ。少しは、気持ちがフワッと軽くなるかと。

 理由②:シンプルに、飽きた

仕事って、フツーは飽きないと思うんですよね。しかし、飽きるというのは、ヒマな仕事だったり、業務量が少なかったりなど、なんだかんだ素晴らしい会社だと思います。それで、立派にビジネスを回せてるワケですから。

こんな暇な仕事を一生続けるとか、発狂するわ...って感じです。たとえば、工場のライン作業とか、警備員とか...

ヒマな仕事はサイコーですが、裏を返すと「役立たず階級の量産」ですからね。本当はやりたいことがあるのに、会社に縛られてるから、何もできない...こんな人生でいいのかな...?と発狂してくるかと。

貴重な20代をヒマな会社に捧げるって、人生の無駄遣いじゃないですかね?

それでお給料をもらえるからありがたいですが、裏を返すと、誰でもできる仕事です。それなら、人生に挑戦しまくった挙句の果てとして、ヒマな会社で働いた方がいいです。

年を重ねるとカラダもキツくなりますし、そーいった方のために、雇用枠を空けておくべきかと。

何はともあれ、飽きる仕事から情熱は生まれません。詳しくは【対処法】仕事に飽きたら"転職"という舵を切るべき話【飽きこそものの、上手なれ】をどうぞ。

 理由③:シンプルに、第X志望

これは僕のパターン。「御社が第一志望です」とウソをつき、入社してしまった人。ホントは、別の仕事をしたいがために、仕方なく「まぁここでいいか」と諦めかけてるかと。

とはいえ「夢を叶えたい」想いがあるため、なんか人生に満足してない状況がストレス。こういった人も、仕事を早々に辞めたいと思う人の特徴ですね。

転職で1回失敗しても、しつこく挑戦すれば、意外と受かります。僕は、国家公務員の試験を2回受けてますが、2回目で受かりましたので。

とはいえ、3ヶ月は耐えるべきか?

要は、12月末で辞める or 来年の3月末で辞めるかの違いですよね?ココは悩みどころですが、ぶっちゃけ、どちらもあまり変わりませんよ。強いていうなら、お金ですかね。

退職後、一生ニートなら問題アリですけど、少なくとも、4月入社の転職をお考えですよね?でしたらどの道、3ヶ月をニートで頑張るか、働きつつ頑張るのかの違いです。

  • 12月末で辞める←次の転職まで貯金がある
  • 3月末で辞める←次の転職まで貯金がない

こんな感じで、貯金のゆとりを考えつつ、転職活動に踏み切れば問題ない。

 退職の意向を切り出すタイミング

  • 12月末で辞めたい10月までに
  • 3月末で辞めたい←新年早々

ギリギリはNG。3ヶ月前から退職の意向を直属の上司に伝えつつ、入念に準備する必要があります。

一応、僕は退職のプロでして、揉めて辞めたことは一度もない。

仕事を淡々とこなし、サクッと退職の意向を3ヶ月前に切り出す。実にシンプルです。そして、退職まで、誠意を持って働く。これだけです。

仕事を9ヶ月で辞める際の3つの注意点

仕事を9ヶ月で辞める際の3つの注意点

仕事を9ヶ月でやめる注意点を3つ解説します。

  • 注意点①:退職金をもらえない
  • 注意点②:失業手当をもらえない
  • 注意点③:突然の人事異動に備えよ

その①:退職金をもらえない

残念ながら、退職金はもらえないかと。

多くの企業の場合、退職金の条件として「3年以上」と設定してる場合が多い。

僕が9ヶ月で辞めた会社は、もらえませんでした。なので、9ヶ月でやめようと12ヶ月でやめようと「退職金はもらえない」ものだと99.9%諦めましょう。

その②:失業手当をもらえない

9ヶ月で辞める場合、残念ながら、失業手当ももらえませんね。

2. 離職の日以前2年間に、被保険者期間(※補足2)が通算して12か月以上あること。
ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。引用元:ハロワーク公式サイト

上記のとおり。

12ヶ月以上が条件ですので、入社して9ヶ月で辞めると、失業保険の適用外。その他の疑問は「厚生労働省 | Q&A〜労働者の皆様へ」で、ナゾな上から目線で語られてます。

その③:突然の人事異動に備えよ

実際にあったエピソードを話します。
それが「突然の人事異動」です。

僕は新卒で入った会社を12月末でやめようと考えてました。というのも、国家公務員に採用が決まってたからです。ある日、9月の中頃、本部の人が来て、人事異動を告げられました。人事異動は10月から。しかし僕は、カウンター罠「国家公務員に転職するんで、どーします?」を発動。すると、人事異動は白紙になりました。めでたし めでたし...

まぁこんな感じで、新入社員とて「突然の人事異動」を宣告される場合もあります。なので、転職の意向があるなら、転職先を早めに確保しつつ、カウンターを仕掛けるのもアリ。

難易度は高めですが、僕は完全に本社を掌で転がしてました。詳しくは【悪用厳禁】人事異動を拒否るたった一つの方法【入社1年目の僕でもデキた】をどうぞ。

仕事を9ヶ月で辞めるなら作戦が大切です

仕事を9ヶ月で辞めるなら作戦が大切です

ズバリ、転職を見据えた立ち回りです。

9ヶ月で退職するなら、転職先を見つけよう

当たり前ですが、会社を辞めたら、給料はゼロ円。つまり、退職金や失業手当ももらえず、貯金をせっせと切り崩しながら生活することになります。

しかし、あなたは貯金を失う痛みに耐え続けられますか?

手取り18万として、毎月の貯金が10万。学生時代のバイト代も合わせて、たかが100万ぽっちの貯金で、次の仕事まで持ち応えなくてはなりません。

しかし残酷なことに、国はあなたからお金を貪ろうします。そうです、住民税、国民健康保険、国民年金のトリプルパンチです。会社を9ヶ月で退職する方は、注意です。

退職後に行う3つの事務手続き

日本国民の義務です。
お金はしっかりと納めましょうね。

  • その①:住民税
  • その②:国民健康保険
  • その③:国民年金

住民税は、勝手に役所から請求書が送られてきます。国民健康保険と国民年金の切り替えは、自分で市役所に行って手続きします。いづれも退職後、2週間以内です。

 その①:住民税

住民税は、前年の所得に応じて支払うため、来年の5月くらいに勝手に請求書が自宅に届きます。とはいえ、転職が決まってるなら、何の問題もなく、給料から引き落とされるだけ。

なので、現時点でまだ考えなくてもいいですが、問題は、ニートになった場合。滞納すると厄介ですので、住民税のお金は確保しておきましょう。

ザックリいうと、年収200万くらいで10万ほどです。

市民税6%+県民税4% = 10% が、前年の所得額に応じて計算される決まりです。つまり、稼げば稼ぐほど住民税は高くなりまして、所得の多い方は注意です。

 その②:国民健康保険

退職後、2週間以内に市役所に行って、手続きします。

これがまたバカにならない金額なんですよね。会社折半じゃなくて全額負担だから、会社のありがたみを実感できます。人によりますが、毎月3万〜5万くらいかと。

会社を辞めた年は、めっちゃキツい。日本は労働国家ですので、ニートには風当たりが強いのが残念なとこです。

 その③:国民年金

こちらも、退職後2週間以内に市役所で手続きします。要は、厚生年金→国民年金への切り替えです。

毎年度見直しが行われまして、令和5年ですと「16,520円」が毎月の支払額。けっこう、バカになりませんよね?

支払いがキツい方は、免除制度もあります。さらにクレカ払いで一括で払うと、ちょっとお安くなる制度もありまして、ぜひ有効活用しましょう。受付の人に言うだけなので、マジ楽チンですよ。

在職中に転職活動しよう

転職の平均期間は、3ヶ月〜6ヶ月です。12月末で辞めると、少なくとも、夏くらいからは転職活動を始めないと、スムーズに退職できないことを意味します。

転職先が決まってると聞けば、会社側は諦めます。しかし、転職先が決まってないと、引き止められる可能性は高くなります。

労働者という立場上、会社には逆らえません。なら、労働者の唯一の反骨心は「戦略ありきの転職」です。僕が人事異動を拒否できたのも「転職カード」を握っていたから。

わりと策士に見えるかもですが、会社にキンタマ握られ続ける人生ってどうなんでしょう。文句しか垂れないサラリーマンをよく見かけますが、カッコ悪いと思います。

やるべきことはシンプルで、働きつつ、スキルを磨きつつ、転職活動する。そして、内定をもらいつつ、時が来たら上司に伝えて、退職する。たった、これだけです。

 IT業界を目指すべき

どうせ苦労して転職するなら、転職する価値のある業界に転職すべき。というのも、せっかく転職しても給料が上がらなかったり、時代錯誤な会社で消耗したら、お粗末ですので。

やりたい仕事が明確なら、そちらを目指すべき。たとえば、農業に興味があるなら、農家に引きこもるとか最高です。しかし、何となくしかビジョンが浮かんでないなら、IT業界で働いてみませんか?

ITと聞くと難しいかもですが、エンジニアやデザイナー、マーケターといった、時代を謳歌する職業が魅力的。リモートワークも可能ですし、「自由」「効率」を追求する人柄が多い世界です。

世界を旅するように暮らしつつ、ITで稼ぐ仕事も可能ですね。こういった生き方を「デジタルノマド」と言いますが、彼らは物価の安い海外で月5万生活をしつつ、月収50万を稼ぐというチート人生を送ってたりします。

こういった生き方ができるのが、ITの世界です。なので、IT業界でスキルを高めつつ、中・長期的なキャリア設計として、戦略的にIT転職してみるのもオススメです。

IT業界に強い転職エージェント

というわけで、転職エージェントに登録しつつ、転職活動するのがセオリーです。IT業界とて未経験者もOKですので、とりあえず、登録しつつ、担当者に相談しつつ、求人詳細をチェックしてみましょう。

  • マイナビIT AGENT:王道のマイナビ。大手だから求人数も多く、定番なので、ぜひ登録しておきましょう。
  • リクルートエージェント:王道のリクルート。国内最大級の転職支援実績なので、ぜひ登録しておきましょう。
  • IT求人ナビ転職:ITエンジニアに特化した転職支援サービス。未経験も可能なので、ぜひ登録しておきましょう。
  • Geekly:IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。未経験も可能なので、ぜひ登録しておきましょう。
  • レバテックキャリア:エンジニアやデザイナーに特化した転職エージェント。経験者は、ぜひ登録しておきましょう。

というわけで、今回は以上です。仕事を9ヶ月で辞めるのはアリですが、転職先を決めつつ、退職するのが一番安心かと。僕もそうしましたし、あなたもそうしましょう。

とはいえ、貯金に余裕があるなら、そんなに焦らなくてもOKです。人生は長いので、あなたのペースで焦らず地道に頑張りましょう。それでは、素晴らしい人生を。

【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】

IT業界に強い転職エージェントを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職エージェントを5つ厳選して解説します。IT業界に転職しつつ、会社を踏み台にしましょう。

続きを見る

【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【※ おすすめなど存在しません】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【おすすめなど存在しません】

IT業界に強い転職サイトを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職サイトを3つ紹介します。IT転職サイトを活用して、乾いた人生から卒業しませんか?

続きを見る

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み