IT転職 × Tips 仕事の悩み

水曜日に休みたい?週休3日を現実化するライフハック3選

2022年8月5日

水曜日に休みたい?週休3日を現実化するライフハック3選
ミヤビ

水曜日とか休みにならないかな?月火と仕事して、水曜日に休んで、木金と頑張って、土日休みが理想です。そんな会社ないかな〜?こういった働き方が浸透すれば、日本はもっと生きやすい国になるのに...

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 水曜日に休みたい?週休3日を現実化するライフハック3選
  • 週休3日制度を導入するメリット・デメリット
  • 水曜日に休みたいなら、社畜になるべし

この記事を書いている僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。基本的に「週休7日」でして、毎日、休まずに働いてます。

水曜日が休みになってほしい...と感じてませんか?最近でも、週休3日制度を導入する企業がポツポツ増えてきましたね。

本記事では「水曜日休みたい!」という週休3日への想いを現実化するライフハック術を3つ解説します。

この記事を読むと、週5勤務の気ダルい毎日から、週休3日の労働スタイルを実現する行動意欲が湧きます。

将来的には、そんなに働かない未来が訪れるでしょう。しかし「そんなの待ってられっか」って人は、今すぐ働きすぎない未来を手に入れましょう。

水曜日に休みたい?週休3日を現実化するライフハック3選

水曜日に休みたい?週休3日を現実化するライフハック3選

世の中、そんな甘くありません。
今の会社に期待するだけ無駄です。

  • その①:転職
  • その②:起業
  • その③:フリーランス

その①:転職

方法①は、週休3日を採用してる仕事に転職すること。

当たり前ですが、今の職場で「週休3日にならないかな〜」と期待しても意味ないですよ?

こういった革新的な制度を導入するのは、大企業とかベンチャー企業とかスタートアップ企業。いうまでもなく、人手不足で、業績も停滞気味で、風通しの悪い職場では無理。

2022年、週休3日を導入する企業が増えてきました。たとえば、「ZOZO」「みずほ」「ユニクロ」でして、いづれも大企業。というわけで、イケイケな職場に転職するのが近道かと。

 エンジニアは、オススメです

IT業界も、週休3日のチャンス大です。

特にエンジニアやデザイナーは、リモートワークやフリーランス独立も可能な職種。詳しくは、週休3日に転職するなら、エンジニアがオススメな件をどうぞ。

 3つのタイプがある

週休3日には、下記のタイプがあります。

  • ①:報酬削減型←勤務日数は減るけど、給料も減る
  • ②:圧縮労働型←勤務日数は減るけど、1日の勤務時間が増え、給料は変わらない
  • ③:報酬維持型←勤務日数は減るけど、1日の勤務時間と給料は変わらない

会社によって異なりますが、週5でダラダラ働くより、メリハリをつけてキビキビ働いた方が生産性は高い。政府による「骨太方針2021」でも、週休3日の推進が決まってますので、日本社会に浸透していくハズです。

その②:起業

方法②は、もはや自分で会社を作り、制度として週休3日を導入すること。

「起業する」というと敷居が高く感じますけど、要は「個人事業主→法人化」という考えでOK。

僕は起業経験が乏しいので、深くは踏み込めません。とはいえ、従業員を抱えないマイクロ法人なら、週休3日も可能でして、これならスピード実践できますよね?

僕はここを狙ってまして、いづれ法人設立に挑戦しようと思ってます。節税対策もありますので、ミニマムに生きるのもわりとアリだと思います。

読むべき本

マイクロ法人の知識は、お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方を読みましょう。節税や社会の抜け道を学べます。ちょっと、難しいですけど、100%読んで損しない名著です。

その③:フリーランス

方法③は、フリーランス的に生きること。成果物を納品するカタチなので、作業スペースや工数によっては、週休3日も可能です。

僕みたいな根暗フリーランスなら「WEB系がいいかな?」と思いまして、人と会うことなく、仕事もできます。

たとえば、フリーのヨガインスタラクターだと、出張や通勤、オンラインレッスンなどもありまして、人と関わる仕事をしたいなら、そういう選択も自由かと。

何はともあれ、フリーランスは、自分で仕事量を調節できます。週休3日にこだわらず、自由な働き方が可能でして、マジでオススメです。

週休3日制度を導入するメリット・デメリット

週休3日制度を導入するメリット・デメリット

正直、週休3日が浸透すれば「会社員でもいいかな?」と思います。

  • メリット①:毎日が『休み』or『休日前』or『休日明け』
  • メリット②:2日連続で有給を取ると...
  • メリット③:平日の水曜日だと、人が少ない

メリット①:毎日『休み』or『休日前』or『休日明け』

働くモチベが、120%UPします。
まさに、社畜ですね。

  • 月:休日明け
  • 火:休日前
  • 水:休み
  • 木:休日明け
  • 金:休日前
  • 土:休み
  • 日:休み

マジで、最高じゃないですか?
これで、サザエさん症候群も解決ですね。

今までは、土日休みまでに、5日も会社に奉仕する必要がありました。しかし、週休三日なら、たったの「2日」の我慢です。

ストレスが減り、生産性もUPするデータが出ています。日本社会が平和になることを祈ってます。

メリット②:2日連続で有給休暇を取ると...

なんと、5連休になります。
たとえば、月曜と火曜が有給の場合。

  • 月:休み
  • 火:休み
  • 水:休み
  • 木:仕事
  • 金:仕事
  • 土:休み
  • 日:休み

ヤバいですね。
これなら、仕事も頑張れるハズ。

とはいえ、日本人は真面目です。自分だけ休むと周りに迷惑がかかり、我慢する人も多いと思います。そういった気遣いも大切ですが、気にせずガンガン有給を取得すべき。

なぜなら、有給取得は「労働者の権利」だからです。

有給を取らせないブラック企業など、いうまでもなくオワコン。最近の労基は厳しく、有給を取らせないと、すぐに社員にチクられますからね。そして、困るのは社長です。

というわけで、積極的に有給休暇を取るべき。もし、どうしても有給休暇を取れない会社なら、サクッと辞めましょう。

メリット③:平日の水曜日だと、人が少ない

地味に嬉しい「おまけ」メリット。
なんせ、土日は混雑しますからね。

  • 病院も空いている
  • ランチの混雑をずらせる
  • 行政サービスも受けやすい

平日休みなのは、マジで嬉しい。人生からストレスを排除できるので、1日の生活が楽しくなりますね。あと、水曜日休みだと、ナゾの優越感に浸れるのも嬉しい。

とはいえ、デメリットは、考えなくてOK

たとえば、下記のデメリットが想定されます。

  • 導入するコストや管理が大変だ←それは、企業側の仕事です
  • 会社の給料が下がるから、嫌だ←空いた時間で、副業しましょうよ
  • その分、働く人の負担が増える←サービス業や小売業は、大変かもですね

とはいえ、週休3日の会社で働くことに、なんの不都合もありませんよね?

社員の最大のデメリットとして「給料が下がる」ことは懸念点ですけど、それなら副業しましょう。週休3日制を導入する企業は、時代の流れを捉えられる風通しの良い職場です。

つまり、副業OKな企業も多く、社員に寛容だったりします。

仮に月に5日の休みが増えると、単純に120時間も増えます。副業で月5万も射程圏内ですので、給料が下がるのを心配するより、メリット大かと。

水曜日に休みたいなら、社畜になるべし

水曜日に休みたいなら、社畜になるべし

本業で成果を出しましょう。
「社畜のススメ」です。

本業で、成果を出そう

もし、今の仕事で何の成果もないのなら、それは転職活動で苦労することを意味します。

今の仕事で、何か成果を出せてますか?

本業で成果を出す人は、副業でもフリーランスでも結果を出します。つまり、あなたがやるべきことは、今の仕事で成果を出すこと。

 成果を出す人の特徴とは?

本業でも副業でも、成果を出す本質は変わりません。

仮説を立てる→実行する→原因を分析する→再度、実行する

上記を「PDCAサイクル」と言いますが、成功する人の特徴です。

正直、受け身で仕事してても、つまらない。どうせ仕事するなら、成果を出して、褒められたり、昇給したり、上司や部下から信頼されたいですよね?

なら、愚直に、真摯に、仕事に取り組むべき。そうすれば、転職もカンタンでして、週休3日への未来もカンタンに切り開けるかと。「急がば回れ」ですよ。

とはいえ、日本人は、働きすぎ

すみません、、、矛盾してますよね?しかし、事実なので言いますが、日本人は、働きすぎです。

僕の父親も親戚のオジサンも、1年間にマジで休んでません。朝から晩まで、仕事でクタクタです。好きだから仕方なしなのですが、本当に休んだ方がいいと思います。

つまり、長期的に働きすぎないためにも「今」ガッツリ働こう...という意味です。週休3日な人生を手に入れるために、まずは仕事で成果を出し、転職しましょう。

毎日、労働しよう

愚直に、努力すべきです。
未来に働きすぎないためにも。

若いときは、苦労を買ってでもしなさい。

年寄りになっても、週5でサラリーマンしたいですか?

僕は、絶対にNG。優雅に、湖のホトリで静かに暮らしたい。そして悲しいことに、現状の日本だと、その可能性が高いのも懸念。カラダが動けるうちに、人生の舵を切りましょう。

 読むべき本

思考は現実化する」という名著をご存知ですか?ちょっと胡散臭いですが、題名通りですので、読む価値大です。「水曜日に休みたい」という思考を現実化させましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み