IT転職 × Tips 仕事の悩み

【無料相談】助成金申請の代行は「excell」が神【最大1,500万/経営者向け】

2022年9月3日

【無料相談】助成金申請の代行は「excell」が神【最大1,500万/経営者向け】
ミヤビ

助成金ってもらえるの?助成金申請を自社でやってみようと思うけど、書類作成や申請手続きが大変そうだな...費用対効果もイマイチそうだし、ここはやはり代行すべきかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 助成金申請の代行は「excell」が神

経営者向けに朗報です。

助成金を申請すれば、最大1,500万円の助成金を受けとれます。実は世の中の社労士は、毎年変わる助成金要項に詳しくなく、約94%もの企業が助成金を申請しない状況です。

シンプルに「もったいない」と思いませんか?

本記事では、経営者向けに、助成金申請の代行業者「excell」を利用するメリットを解説します。「excell」は厚生労働省管轄の助成金申請代行業者でして、94%の助成金申請を見過ごしてる企業のお手伝いをします。

この記事を読むと、助成金申請を自社ではなく外注することで、費用対効果を最大化させつつ労務環境を改善できます。

面倒な作業は、すべてプロにお任せしましょう。無料相談もありますので、今がチャンスです。返済不要・用途自由な助成金を申請することで、社内が潤いますよ。

 助成金申請なら『excell』が神


※代行という無料の近道
助成金を自社で申請しようとお考えですか?賢い経営者なら、面倒で効率の悪い作業は、プロに任せるべきです。時短で手間もかかりませんし、助成金の費用対効果を最大化できます。そんな助成金申請のプロが「excell」でして、最大1,500万円の受給をサクッと代行してくれます。>> 無料で助成金申請の相談をする

助成金申請の代行は「excell」が神

助成金申請の代行は「excell」が神

助成金申請は、社労士の仕事。
社労士にしかできない国家業務です。

あなたの会社は、社労士と契約を結んでますか?

特に頼むことがない...費用がかかる...?
いやいや、何いってるんですか?

助成金申請をすれば、最大1,500万円のお金をゲットできるチャンスですよ。面倒な作業は、すべて外注して、社内の資金繰りを最大化させましょう。

 株式会社『excell』の会社概要

株式会社excell 会社概要
代表者 清本健太郎
会社住所 〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容 助成金申請サポート、火災保険申請サポート、売掛金保証・買取、税理士マッチング事業、その他経営に纏わるサービス提供
電話番号 0120-400-971
FAX番号 050-3606-4222
会社連絡先 info@excell.ltd 
会社URL 株式会社excell

社長の綴ったブログも面白いです。
>> excell 社長のブログ

申請の条件

雇用してるすべての経営者は、ぜひ助成金申請の外注を行い、社内資金を潤沢にしましょう。条件は、下記のとおり。

  • 条件①:正社員が1名以上
  • 条件②:雇用保険・社会保険加入
  • 条件③:半年以内の解雇なし
  • 条件④:労務違反がない

たったコレだけ。
申請しないデメリットがありません。

申請は、WEBからサクッと無料でお問い合わせできます。その際にカンタンな質問がございますが、30秒ほどで終わります。下記から、すぐ申し込めます。

>> 無料で助成金申請の相談をする

 個人事業主も申請可能です

「法人じゃないと社員を雇えないのでは?」と思うかもですが、個人事業主でも従業員を雇用できます。正社員、契約社員・アルバイト・パートといった人材雇用が可能です。

なので、個人事業主(フリーランス)の方で、社員を雇っているなら、ぜひ、助成金申請を外注して、使い道が自由なマネーをゲットしましょう。

助成金を活用する3つのメリット

「excell」を活用するメリットです。

  • メリット①:メンドーな作業をすべて代行
  • メリット②:返済不要&用途自由
  • メリット③:10種類以上の助成金を申請可能

最適な助成金の提案、書類作成や書類提出、労務環境の整備など、こういった業務を自社で行うと、マジ消耗します。外注すれば、限りなくゼロ工数で助成金を受けとれるので、ぜひ活用すべきかと。

助成金は融資とは違い、返済不要。10種類以上の助成金があるから、自社での使い道もフリーダム。社内環境の改善につながること間違いなしです。

何はともあれ、今の時代、社内環境が悪いと新人はすぐに転職します。なんせ、3年以内の離職率は30%以上な時代ですからね。

少しでも雇用の安定化を目指したいなら、助成金をフル活用し、昇給なり、育休支援なり、外部研修費用なりに充てて、待遇を改善すべきかと。

働く環境を整備し、業務を効率化し、採用も強化しつつ、スキルある人材が長く勤められる会社を作る、こういったポイントが大切です。

 助成金申請のデメリット

もう一回いいますが、助成金を申請するには「社労士」が必要です。

  • 社労士を探す手間
  • 助成金を探す手間
  • 社内で書類作成する手間
  • 行政への書類提出の手間
  • 社労士の割に合わない人件費

苦労して自社で助成金を申請しようとしても、コストがかかりすぎ、せっかくの助成金の費用対効果も薄れます。

世の中の94%の会社は、助成金を申請しません。なぜなら、メンドくさいから。社労士を雇うほど人件費もありませんし、せっかく助成金をゲットしてもトントンですからね。

なんせ社労士は、4万人ポッチしかいません。対して、日本の企業はというと、400万社ですから100倍ほど差があります。そして、助成金専門の社労士は「2%」です。

たったの2%ですよ。なんせ、社労士のメインな業務は「社会保険の申請手続き」ですからね。助成金申請では、ありません。

メンドくさい助成金申請は、プロに任せつも、せっかくタダでもらえるお金をミスミス見逃すのはもったいなさすぎます。1社平均300万、excellなら最大1,500万です。

こういった眠った国家マネーを会社に循環させるべきです。最終的には経営者であるあなたの判断ですが、外注という手間を惜しまないことで、雇用の安定化につながります。

受け取れる助成金の種類とは?

「excell」では、なんと10種類以上の助成金を受けとれます。

  • 外部研修
  • 昇給
  • 正社員化
  • 健康診断
  • 高齢者雇用
  • 育児休暇

たとえば、上記のとおり。社員が辞めてしまう原因は、人間関係ですよね?その根本的な理由は、給料が低いことにあります。

給料が低い =「心がクサる」ことを意味します。だいたい給料の低い会社は、会社や上司にこき使われて、ストレスも多く、会社に不満を爆発させ辞めていきます。

そういった会社には未来がないので、社会環境を改善させるにも、お金は大切です。お金に余裕があるからこそ、人間関係にも「ゆとり」が生まれ、社風も良くなります。

労働環境の改善に一矢報いるため、ぜひ助成金をフル活用しましょう。

助成金の詐欺に注意

助成金の申請は、国家資格を持った「社労士」にしかできない業務です。社労士の国家資格を持たない者が助成金申請を代行すると、事業主のあなたが不正受給等の法律違反を問われるケースがあります。

必ず、信頼のおける社労士にご相談ください。

とはいえ、都合よく条件の良い社労士は見つかりません。そんなときは、助成金申請のプロ代行業社「excell」が便利です。彼らを利用しつつ、サクッと助成金をゲットです。

  • 返済不要&用途自由
  • 最大支給1,500万円
  • 10種類以上の助成金

メンドーな作業は、すべて彼らにお任せしましょう。厚生労働省管轄の助成金申請代行業社なので、安心です。何はともあれ、クリック1本で済む話なので、カンタンです。

というわけで、迷ってる時間が無駄です。労務環境の改善は急務ですので、今すぐ無料相談を申し込みましょう。

 助成金申請なら『excell』が神

※代行という無料の近道
助成金を自社で申請しようとお考えですか?賢い経営者なら、面倒で効率の悪い作業は、プロに任せるべきです。時短で手間もかかりませんし、助成金の費用対効果を最大化できます。そんな助成金申請のプロが「excell」でして、最大1,500万円の受給をサクッと代行してくれます。>> 無料で助成金申請の相談をする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み