NFT Web3.0転職

【NFT】ピクセルアート(ドット絵)の作り方【絵心ない僕でもできた】

2022年10月5日

【NFT】ピクセルアート(ドット絵)の作り方【絵心ない僕でもできた】
ミヤビ

NFTのピクセルアート(ドット絵アート)を作りたいんだけど、どうやって作るんだろう?絵心もセンスもない僕だけど、ピクセルアートの作り方を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【NFT】ピクセルアート(ドット絵)の作り方
  • 【NFT】ピクセルアートをミントする方法
  • 【NFT】参考にすべきピクセルアート3選
  • 【NFT】ピクセルアートのよくあるQ&A

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。仮想通貨やNFTなどのWeb3.0の世界に触れており、含み益は7桁ほど。

ピクセルNFTアートの作り方を知りたいですか?

本記事では、ピクセルNFTアートの作り方を解説します。

この記事を読むと、ピクセルアートの作り方、必要なモノ、ピクセルアートをミント(NFT化)する方法を理解できます。

絵心やセンスや才能もないと感じてるあなたでも、ピクセルアートならサクッと作れます。さぁ、ピクセルNFTアートに挑戦してみましょう。

【NFT】ピクセルアート(ドット絵)の作り方

【NFT】ピクセルアート(ドット絵)の作り方

ピクセルNFTアートの作り方です。
手順は、下記のとおり。

  • 手順①:ピクセルアートを作成する
  • 手順②:ピクセルアートをミントする

上記を頭に入れておいてください。

ピクセルアート(ドット絵)は、JPEGやPNG、GIF形式のデジタルコンテンツです。コレを、NFTマーケットプレイスでミント(NFT化)します。

横文字や英語で混乱するかもですが、まずは、NFTの素材となる「ピクセルアート」を作っていきましょう。

ピクセルアートに必要なモノは、3つだけ

ピクセルアートに必要なモノは、下記のとおり。

  • その①:デバイス(PC or iPad or スマホ)
  • その②:ドット絵アプリ
  • その③:タッチペン(なくても可能)

 その①:デバイス

まずは、下記を用意しましょう。

  • PC:必須←ミントで使う/パソコンでも作れます
  • iPad←ドット絵アプリで使う/画面が大きいので、操作が快適
  • スマホ:ドット絵アプリで使う/スマホでも、サクッと作れます

個人的には「Apple製品」をおすすめします。というのも、Appleは連携が「神」でして、デジタルデータの送信・共有にストレスありません。

iPadは、無理に買わなくてもOK。

ぶっちゃけ、スマホとPCさえあれば、ピクセルアートからミントまで可能です。とはいえ、画面の大きい方が快適に作業できます。必要な方だけ、ご用意ください。

 その②:ドット絵アプリ無料5選

無料で使える「ドット絵アプリ」です。

  • アプリ①:dotpict(iOS/Android)
  • アプリ②:アイビスペイントX(iOS/Android)
  • アプリ③:8bit Painter(iOS/Android)
  • アプリ④:ドット絵エディタ(iOS)
  • アプリ⑤:Pixelable(iOS)

個人的に、1番おすすめは「Pixelable」です。ただ、広告が少しウザいかもです。

まずは、試しにすべて使ってみて、お気に入りを見つけましょう。

 その③:タッチペン

iPadで作る方向け。

指でタップやスワイプすると、どーしても細かい作業にストレスを感じることも多いかと。そんな方は、iPadとセットで専用タッチペンも買うと、快適に作業できます。

僕は「iPad mini」を使っています。薄くて軽くてコンパクトで、リュックに「スポッ」と入って、マジ便利です。

iPadやタッチペンを購入しておくと、NFTアートの制作以外でも、仕事や勉強、資料作成に役立ちます。もしその予定があるならば、この際に購入するのもありかと。

お財布と相談の上、お決めください。

iPad 画面サイズ 価格 対応タッチペン
iPad mini 8.3インチ 72,800円(64GB) Appel Pencil(第2世代対応)
iPad Air 10.9インチ 84,800円(64GB) Appel Pencil(第2世代対応)
iPad Pro / iPad Pro 11インチ or 12.9インチ 117,800円(128GB)/174,800円(256GB) Appel Pencil(第2世代対応)

>> Apple Pencil(第2世代対応)

ピクセルアートの作り方

ゼロスキルからピクセルアートを作るには、もはや「自分で描かない」ことです。

  • 方法①:徹底的にパクる(TTP)
  • 方法②:写真や画像から変換する

 方法①:徹底的にパクる(TTP)

TTPの精神が大切です。
とはいえ、本質だけを真似しましょう。

  • 参考デザインを決める
  • ラフデザインを考える
  • ラフデザインから作る
  • デザインを試行錯誤する
  • 1つのデザインを完成させる

実際にやってみると、1つのデザインを作るにも、かなり時間がかかります。適当に作ったNFTアートが売れることはないので、デザインはかなり大切です。

センスがない限り、オリジナリティで作っても、ショボくなるだけ。まずは、先人から本質をパクりましょう。

 方法②:写真や画像から変換する

なんと、アプリを使うと、画像からドット絵に変換してくれます。かなり便利なので、ピクセルアートに自信がないなら、画像変換を利用しましょう。ガクッと作業がラクになりますよ。

 動画で、学ぶ

【NFT】ピクセルアートをミントする方法

【NFT】ピクセルアートをミントする方法

ここからは、NFTの素材を用意できた方向け。ミント(NFT化)する方法・手順をわかりやすく解説します。

  • 手順①:仮想通貨取引所を開設する
  • 手順②:イーサリアム(ETH)を購入する
  • 手順③:メタマスクを開設する
  • 手順④:メタマスクにETHを送金する
  • 手順⑤:OpenSeaとメタマスクを接続する
  • 手順⑥:OpenSeaで素材をミントする

ミントは、NFTマーケットプレイスで実行します。本記事では、初心者でも安心・安全にミントできる「OpenSea(オープンシー)」を例に解説します。

険しそうな道のりですが、諦めずに僕についてきてください。ここを乗り越えたら「トップ3%」のインテリです。

とはいえ、すべて解説すると、話が長くなりますm(._.)m

手順①〜⑤は【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】にまとめました。なお、手順⑥については【重要】NFTにおけるMint(ミント)とは?【仕組み・方法・注意点】をどうぞ。

以上で、NFTアートを作れます。
実に、カンタンでしたね\(^o^)/

【NFT】参考にすべきピクセルアート3選

【NFT】参考にすべきピクセルアート3選

NFTアートで人気なピクセルアート。
海外・国内別にピックアップしました。

※ NFTアートの特徴として「ジェネレーティブNFT」が挙げられます。プログラミングを使って、複数の素材パーツを一つと被ることなく組み合わせて、大量生産できます。

【海外】ピクセルNFTアート3選

NFTアートは、海外がメインです。まずは、世界で名を馳せるピクセルNFTアートをみていきましょう。

  • 参考①:CryptoPunks
  • 参考②:CrypToadz by GREMPLIN
  • 参考③:CyberKongz

 参考①:CryptoPunks

参考①:CryptoPunks

参考①:CryptoPunks

CryptoPunks」は、世界最古のNFTアートです。その名を知らないNFTコレクターはいないかと。

売り出されてる価格帯をみると、平均70ETHくらいなので、1個「1,400万円」くらいです。

日本では「イケハヤさん」や「マナブさん」、あとは決済大手の「VISA」なんかもCryptoPunksを購入して話題になりました。

ミヤビ

僕のNFTアイコンも、CryptoPunksを真似しました。個人的には、わりと気に入っておりますm(._.)m

 参考②:CrypToadz by GREMPLIN

参考②:CrypToadz by GREMPLIN

参考②:CrypToadz by GREMPLIN

CrypToadz by GREMPLIN」は、蛙をモチーフにしたピクセルNFTアートです。どれも、キモ可愛くて最高です。

売り出されてる価格帯をみると、2ETHほど。1個「40万円」くらいです。

おいおいおい...さっきから、何故こんなに価格がバグってるんだ?...と思いますよね?

それは、NFTアートという「世界に一つだけのデジタル資産」だからです。アーティストの人気や作品の素晴らしさに、「本物」「一点モノ」「希少性」という付加価値が加わり、高額で落札されてます。

 参考③:CyberKongz

参考③:CyberKongz

参考③:CyberKongz

CyberKongz」は、ゴリラをモチーフにしたピクセルNFTアートです。

売り出されてる価格帯をみると、15ETHほど。1個「300万円」くらいです。

たかがデジタルデータに、サラリーマンの年収以上の値がつくNFTの世界は、もはやバグ。なんか、人生を諦めたくなりますよね〜?こーいった努力ができると、ワンちゃん人生逆転可能かもです。

【国内】ピクセルNFTアート3選

国内のピクセルNFTアートも参考にしてみましょう。

  • 参考①:Murakami.Flowers Official
  • 参考②:Kawaii Skull
  • 参考③:UnchiCream

 参考①:Murakami.Flowers Official

参考①:Murakami.Flowers Official

参考①:Murakami.Flowers Official

Murakami.Flowers Official」は、日本の現代美術家「村上隆」のNFTアートです。

売り出されてる価格帯をみると、2ETHほど。1個「40万円」くらいですね

イケハヤさんと肩を並べる国内トップNFTアーティストです。他にも、彼のNFTプロジェクトは多数あるので、そちらも参考にしてみましょう。

 参考②:Kawaii Skull

参考②:Kawaii Skull

参考②:Kawaii Skull

Kawaii Skull」は、カワイイ骸骨をモチーフにした国内NFTアート。

売り出されてる価格帯をみると、0.02ETHほど。1個「4,000円」くらいですね。

NFTの中では、わりとリーズナブルなので、気軽に購入でき魅力的です。

 参考③:UnchiCream

参考③:UnchiCream

参考③:UnchiCream

UnchiCream」は、ウンチのソフトクリームをモチーフとした国内NFTアート。ちなみに、僕の作品です。

ソフトクリームをウンチにする世界観は、なかなか面白いと思います。完全にパクるのは「NG」ですよ。

ジェネレーティブNFTです。パーツ毎に出現率を変えており、レアウンコは、値が張ります。もし欲しい方がいれば、僕にお声かけを。

>> Twitter | インペリアルミヤビ@ImperialMiyavi

【NFT】ピクセルアートのよくあるQ&A

【NFT】ピクセルアートのよくあるQ&A

よくある質問をまとめました。

  • 質問①:ピクセルNFTアートの初期費用は?
  • 質問②:ピクセルNFTアートのサイズ感は?
  • 質問③:ピクセルNFTアートはスマホでOK?

質問①:ピクセルNFTアートの初期費用は?

結論、気軽に始めるなら「10,000円」ほどでできるかと。

  • その①:仮想通貨取引所へ日本円を入金する手数料(1,000円ほど)
  • その②:イーサリアム(ETH)などの仮想通貨代金(3,000円ほど)
  • その③:仮想通貨取引所→メタマスクへの手数料(0.005ETHほど)
  • その④:初回出品時の手数料(0.03ETHほど)
  • その⑤:上記以外の必要経費

広告をブーストしたり、共同制作する場合もあります。また、デザインを外注すれば、デザイン費も発生します。プロジェクトの本気次第では、数百万円かかることもザラかと。

>> 関連記事:OpenSeaの初期費用とは?【出品・販売・購入のガス代まとめ】

質問②:ピクセルアートのサイズ感は?

特に、決まりはありませんが「8の倍数」が作りやすいかと。とはいえ、あまりにもピクセル数を大きくすると、細かいドット絵になるので、緻密さが増します。

  • 16 × 16px:荒くてダサすぎ
  • 24 × 24px:CryptoPunksなど
  • 32 × 32px:ちょうどいいピクセル数
  • 48 × 48px:細かくて、作業がキツい
  • 64 × 64px:無理ゲー...美大生でどうぞ

大切なのは、必ず「正方形」にするということです。

というのも、NFTアートには「SNSアイコン」という使い道があります。アイコン =「正方形」ですよね?長方形だったりすると、使いにくいワケです。

とはいえ、アプリの設計上、自動で正方形になるので、心配しなくて大丈夫です。

ちなみにツイッターのアイコンは「400 × 400px」推奨ですけど、上記のサイズ感で問題ありません。アプリで作成したピクセルアートは「1920 × 1920px」などの細かいピクセルでダウンロードできます。

質問③:ピクセルNFTアートはスマホでOK?

僕は「iPad mini」で作りましたよ。

試しにスマホでも作ってみたところ、ストレスでした。画面が小さいので、指先でタップすると、隣に色を塗ってしまったりします。

制作には、わりと時間もかかります。僕は、すべての工程で、1ヶ月ほどNFTアートに時間を費やしました。

ストレスなく作業したいので、やはり、スマホではなくiPadで作った方が作業も捗るかと。そこは、お財布とご相談の上、お決めください。

ピクセルNFTアートを作ってみよう!

本記事では、初心者でもできるピクセルNFTアートの作り方を解説しました。作業工程は長いですが、挑戦してみる価値は大いにあります。それでは、内容を振り返ります。

  • 手順①:ピクセルアートを作成する
  • 手順②:ピクセルアートをミントする

デジタル素材を用意しつつ、ミントする。たったコレだけですが、やることは意外と多い。とはいえ、僕でもできたので、あなたでもできます。

できない...じゃなくて、、、「やる or やらない」ですからね。

本記事を読み終えたら、すぐに手を動かしましょう。もしやらなければ、1ヶ月後もやりませんからね。そしてその間に、僕ならNFTの新コレクションを作成できるかと。

また【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】も参考に、ミントの準備も進めましょう。デザインを作っただけじゃ、ただの画像ですので。

【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】
【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】

OpenSeaの始め方を知りたいですか?本記事では、これからNFTを始めたい方に向け、OpenSeaの始め方を解説します。世界最大級のNFTマーケットプレイスで、NFTデビューしましょう。

続きを見る

 ドット絵制作には、iPadが便利

iPad 画面サイズ 価格 対応タッチペン
iPad mini 8.3インチ 72,800円(64GB) Appel Pencil(第2世代対応)
iPad Air 10.9インチ 84,800円(64GB) Appel Pencil(第2世代対応)
iPad Pro / iPad Pro 11インチ or 12.9インチ 117,800円(128GB)/174,800円(256GB) Appel Pencil(第2世代対応)

>> Apple Pencil(第2世代対応)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「ゆとりブログ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-NFT, Web3.0転職