NFT Web3.0転職

【初心者】NFTにおすすめなマーケットプレイス3選【クリエイターの僕が保証】

2022年9月27日

【初心者】NFTにおすすめなマーケットプレイス3選【クリエイターの僕が保証】
ミヤビ

NFTにおすすめなマーケットプレイスって何かな?選び方や注意点、初心者でも挫折しないおすすめなNFTマーケットプレイスを教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべきこと
  • NFTにおすすめなマーケットプレイス3選

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。NFTの最前線で活動しつつ、実際に、NFTを「自作・購入・販売」してたりします。

NFTにおすすめなマーケットプレイスを知りたくないですか?

本記事では、これからNFTを始める方向けに、おすすめなNFTマーケットプレイスを3つ紹介します。

この記事を読むと、ちょっと敷居の高いNFTの「はじめの一歩」を踏み出せます。

さぁ、NFTデビューの開幕戦です。
キックオフの笛が鳴りました。

※ NFTマーケットプレイスとは?
NFTコンテンツを売買できるプラットフォーム。クリエイターが作ったコンテンツをNFT化(ミント)して販売できたり、利用者が購入したNFTを二次販売できたりもします。

NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべきこと

NFTマーケットプレイスを選ぶ前にやるべきこと

NFTを始める前に、下記の3つの作業が必要です。

  • その①:NFTの利用目的を考える
  • その②:メタマスクとETHを準備する
  • その③:NFTの詐欺対策を学ぶ

その①:NFTの利用目的を考える

NFTをどのような目的でどうしたいのか?...ここをハッキリと明確にしましょう。

  • NFTを買いたい→NFTをコレクション目的で購入したい
  • NFTを販売したい→NFTを自作して販売したい
  • NFTを転売し稼ぎたい→NFTを投資対象として購入し、転売して稼ぎたい

そして、いろんなNFTがあります。たとえば、アート、音楽、ゲームアイテム、土地などですね。当然、精巧に作られた詐欺まがいのNFTもたくさん存在します。

利用目的を明確にしてから、NFTマーケットプレイスを選びましょう。なぜなら、利用目的が決まってないと、時間とお金を無駄にするからです。

 大切なのは、大手から選ぶこと

上記のとおり、市場規模を判断軸にしましょう。海外のNFTマーケットプレイスですと、下記の3強です。

  • Rarible:安定
  • OpenSea:安定
  • Magic Eden:Solana専用(ETH対応済み←Magic Ethen)

この辺りをチョイスしておけばOK。

ユーザーや取引量が多い =「市場も活発」ということ。大手なら、対応通貨・NFTコンテンツ・ガス代の機転も充実してます。というと、シンプルに使いやすい。ニッチなNFTマーケットプレイスは、無理に選ばなくてOK。

その②:メタマスクとETHを準備する

NFTマーケットプレイスを利用するには、下記が必要です。

  • 仮想通貨取引所を開設する←そもそも「ETH」を購入する必要があるため
  • メタマスクをインストールする←NFTプラットフォームに接続する必要があるため
  • メタマスクにETHを送金する←NFTプラットフォームで購入・販売するため

NFTを「自作・購入・販売」いずれにおいても、Web3.0の世界ではイーサリアム(ETH)とは切り離せません。

※ 最近ですと、仮想通貨もメタマスクも必要としないNFTプラットフォームも出てきました。日本ですと「HEXA(ヘキサ)」が有名でして、記事の後半で解説します。

 仮想通貨取引所を開設する

【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】
【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】

コインチェックの始め方を知りたいですか?本記事では、口座開設方法、メリット・デメリット、口コミ評判を解説しつつ、実際に愛用する僕の感想もお伝えします。コインチェックで仮想通貨デビューしましょう。

続きを見る

 メタマスクをインストールする

【簡単5分】メタマスク(MetaMask)とは?【登録、送金方法を解説】
【簡単5分】メタマスク(MetaMask)とは?【登録、送金方法を解説】

メタマスク(MetaMask)とは何か知りたいですか?本記事では「メタマスクとは何か?」に触れつつ、インストール方法や仮想通貨の送金方法について解説します。メタマスクの使い方をマスターしましょう。

続きを見る

 メタマスクにETHを送金する

【簡単】イーサリアム(ETH)の買い方【購入後にすべき3つのこと】
【簡単】イーサリアム(ETH)の買い方【購入後にすべき3つのこと】

イーサリアム(ETH)の買い方を知りたいですか?本記事では、ETHの買い方、ETH購入後にすべき3つのことを解説します。ETHを購入し、Web3.0の世界に挑戦しましょう。

続きを見る

上記のように、NFTはすぐに始められるわけではありません。 それ以外にも「ガス代」の知識だったり、NFTを出品する「作品」も必要だったりします。

やるべきことは、少し多いですけど、NFTの利用目的を明確化しつつ、NFTに挑戦する価値は大いにアリです。

その③:NFTの詐欺対策を学ぶ

NFTの世界は、もれなく詐欺がセットです。

  • 方法①:公式チャンネルを使う
  • 方法②:リカバリーフレーズをシェアしない
  • 方法③:公式のウォレットやアプリを使う
  • 方法④:知らないリンクをクリックしない
  • 方法⑤:パスワードを使いまわさない
  • 方法⑥:必ず「2段階認証」を設定する
  • 方法⑦:ハードウェアウォレットを使う
  • 方法⑧:スマートコントラクトの承認を制限
  • 方法⑨:添付ファイルを安易に開かない
  • 方法⑩:一件、良さげに見えても...

上記を「スッ」と理解できますか?
もし「No」なら、鴨鍋コースかと。

こういったリスクを受け入れた上、ぜひNFTに挑戦してみてください。NFTの詐欺対策は【おすすめ10選】NFTの詐欺被害を120%避ける方法【OpenSea直伝】をどうぞ。

NFTにおすすめなマーケットプレイス3選

NFTにおすすめなマーケットプレイス3選

結論、下記のとおり。
すべて無料で始められますよ。

  • おすすめ①:OpenSea(オープンシー)←世界最大手/とりま、OpenSea一択
  • おすすめ②:Coincheck NFT(β版)←国内最大手/NFTゲームのアイテムを売買したい方
  • おすすめ③:HEXA(ヘキサ)←仮想通貨・ウォレット不要/仮想通貨やNFTを避けたい方

何はともあれ、NFTを始めるなら「OpenSea」一択ですね。もし、仮想通貨やNFTに抵抗あるなら、HEXA(ヘキサ)を使いましょう。

おすすめ①:OpenSea(オープンシー)

NFT =「OpenSea」です。
日本でも「OpenSea」一択かと。

  • メリット①:世界最大級のNFTマーケットプレイス
  • メリット②:2回目以降の出品は、ガス代が不要
  • メリット③:ロイヤリティの不労所得が可能

デメリットは、ユーザーが多い分、詐欺も多いということ。OpenSeaの無料ミントされた8割はニセ物と言われるレベルですからね。

コンテンツにひも付く証明書としてのNFT自体のデータは改ざんできないが、問題となっているのは、何のコンテンツにひも付けてNFTを作成するか、ということだ。OpenSeaが提供しているような無料のNFT作成・販売機能を使えば、ネットで違法に集めたデジタルコンテンツを無許諾でひも付けたNFTを作り、販売することもできる。デジタルコンテンツは権利侵害の違法コピーコンテンツが繰り返し問題となるが、「NFTでも同様のことが起こっている」と伊藤氏。許諾が得られていないコンテンツを勝手にひも付けたNFTを作成する偽物が増えているというのだ。引用元:「NFTの8割が偽物」に対策加速 JCBIなどシステム本運用へ

とはいえ、心配ご無用。あくまで、不正に無料ミントされたNFTが出回ってるだけ。

OpenSeaは海外のNFTマーケットプレイスですが、ユーザ数、市場規模、認知度ともにTOPクラス。NFTを始めるなら、OpenSeaで問題ありません。

詳しい始め方は【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】をどうぞ。

おすすめ②:コインチェックNFT(β版)

国内で有名なNFTマーケットプレイスは、仮想通貨取引所コインチェックが運営してる「コインチェックNFT(β版)」ですね。

「CryptoSpells」「The Sandbox」「NFTトレカ」「Sorare」「Meebits」「TOMO KOIZUMI」「Decentraland」「Art Blocks」「Generativemasks」「Otherside」など、10種類以上のNFTゲームのアイテムを購入・販売できます。

  • メリット①:NFT出品・購入のガス代が不要
  • メリット②:10種類以上の仮想通貨で決済可能
  • メリット③:コインチェックNFT専用のウォレットで管理

ぶっちゃけ、デメリットはあまりない。NFTゲームの商品に限られることです。

コインチェックNFTを始めるには、コインチェックの口座開設が必要です。詳しくは、【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】をどうぞ。

【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】
【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】

コインチェックの始め方を知りたいですか?本記事では、口座開設方法、メリット・デメリット、口コミ評判を解説しつつ、実際に愛用する僕の感想もお伝えします。コインチェックで仮想通貨デビューしましょう。

続きを見る

おすすめ③:HEXA(ヘキサ)

国内NFTマーケットプレイスで、今もっとも話題のある「HEXA(ヘキサ)」もおすすめ。

なんと、仮想通貨やNFTの知識がなくとも、日本円だけでNFTの売買ができる画期的なNFTマーケットプレイスです。

  • メリット①:仮想通貨不要←日本円で完結
  • メリット②:ウォレット不要←メタマスク不要
  • メリット③:PCスマホからクレカでカンタン決済

デメリットは、国内ユーザーが少ない、海外向け販売がむずかしい、販売手数料が「20% or 30%」と、NFT初心者向けではあるものの、クリエイターとして継続活動するには不向きかと。

詳しくは【簡単】初心者でもできるHEXA(ヘキサ)の始め方【仮想通貨・ウォレット不要】をどうぞ。

NFTマーケットプレイスを開設しよう

本記事では、初心者におすすめなNFTマーケットプレイスを3つ紹介しました。いうまでもなく、最大手からチョイスすべきでして、理由は初心者でも利用しやすく稼ぎやすいから。

  • おすすめ①:OpenSea(オープンシー)←世界最大手/とりま、OpenSea一択
  • おすすめ②:Coincheck NFT(β版)←国内最大手/NFTゲームのアイテムを売買したい方
  • おすすめ③:HEXA(ヘキサ)←仮想通貨・ウォレット不要/仮想通貨やNFTを避けたい方

ただ、NFTマーケットプレイスで売買するには、基本的に「仮想通貨取引所」が必要です。

17種類の仮想通貨を扱う国内最大級「コインチェック」なら無料で口座開設できます。NFTの売買手数料もタダ。初心者でも挫折することなくNFTデビューできるおすすめな取引所です。

NFTの活動領域で重宝すること間違いなしなので、とりま口座開設して損はないかと。経験から保証します。詳しくは、【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】をどうぞ。

【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】
【簡単10分】初心者でもできるコインチェックの始め方【口コミ評判/感想レビュー】

コインチェックの始め方を知りたいですか?本記事では、口座開設方法、メリット・デメリット、口コミ評判を解説しつつ、実際に愛用する僕の感想もお伝えします。コインチェックで仮想通貨デビューしましょう。

続きを見る

 NFTが怖い方

 そんなあなたは、仮想通貨&ウォレット不要な「HEXA(ヘキサ)」がベスト。決済は、クレカでOK。クリプト知識がなくとも、NFTをサクッと始められます。

詳しい始め方は【簡単】初心者でもできるHEXA(ヘキサ)の始め方【仮想通貨・ウォレット不要】をどうぞ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「ゆとりブログ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-NFT, Web3.0転職