NFT Web3.0転職

【簡単】初心者でもできるNFTアートの作り方【5つの方法】

2022年10月4日

【簡単】初心者でもできるNFTアートの作り方【5つの方法】
ミヤビ

NFTアートってどうやって作るのかな?アートや絵心の才能がない僕でも、NFTアートに挑戦できるかな?また、NFTを作った後は、具体的にどうやって売ればいいのかも教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 初心者でもできるNFTアートの作り方【5つの方法】
  • NFTアートを作成後にすべきこと【NFTマーケの重要性】

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。仮想通貨やNFTなどのWeb3.0の世界に触れており、含み益は7桁ほど。

NFTアートの作り方を知りたいですか?

本記事では、NFTアートの作り方を解説します。結論、NFTアートの元となる画像などのデジタルコンテンツを用意しつつ、NFTマーケットプレイスでミント(NFT化)します。

この記事を読むと、初心者でもできるNFTアートの作り方と作成後にすべきことをマルッと理解できます。

さぁ、Web3.0×アートの世界に出発しましょう。

初心者でもできるNFTアートの作り方【5つの方法】

初心者でもできるNFTアートの作り方【5つの方法】

NFTアートの作り方は、下記のとおりです。

  • 手順①:NFTアートの素材を用意する
  • 手順②:素材をミント(NFT化)する

NFTアートを作るには、NFTの元となるデジタルコンテンツが必要です。そして、その素材を用意できたら、NFTマーケットプレイスでミント(NFT化)します。

以上のステップを踏まえて、NFTアートを作成していきます。

手順①:NFTアートの素材を用意する

まずは、NFTアートの素材となるデジタルコンテンツを用意します。

  • 方法①:自分で素材を作る
  • 方法②:自分で写真を撮る
  • 方法②:プログラムで量産
  • 方法③:AIで自動作成する
  • 方法④:素材を外注化する

なお、素材は「PNG」や「JPEG」などの画像データで問題ありません。

それでは、NFTアートの素材となる「デジタルコンテンツの作り方」を解説します。

 方法①:自分で素材を作る

手書きの絵でさえ、デジタル化できる時代です。しかし、絵が描けなくてもドット絵で代用できます。「絵が描けないから無理です...」と諦めては、残念ながら活路はありません。

  • 絵を描ける人:手書きアートをデジタル化 or デジタルアートを作る
  • 絵が描けない人:ドット絵アートを作る

僕は、絵が好きですが、描けません。なので、ドット絵アートをゼロから作りました。NFTアートに挑戦するなら、グダグダ言わず、手を動かすことです。

小学生が作ったNFTアート(お世辞にも絵心アリとはいえない)でさえ、数百万円の値がつきました。もちろん、運や時代の波もありますけど、行動ありきの結果です。

絵が得意な人でも、不得意だけど挑戦してみたい方だけ、チャンスが眠ってます。

 方法②:自分で写真を撮る

写真を撮るなら、誰でもできますよね?
なんせ、スマホを持ってますので。

  • 自分のカオを撮る
  • 動物の写真を撮る
  • 映える風景を撮る
  • 決定的瞬間を撮る
  • アダルト系もアリ

デジタル素材ならば、なんでもOKなNFTの世界。だから、写真という選択肢もあります。そして、写真を編集・加工すれば、立派な「アート」になります。

 方法③:プログラムで量産

少し難易度は上がりますが、プログラミングを使って、画像を大量に作ることもできます。

界隈では「ジェネレーティブNFT」といいまして、素材パーツをランダムに組み合わせて量産する技術のことです。

僕の場合は、ドット絵 + プログラミングで、一つと同じ種類のないジェネレーティブNFTを1,000体ほど作りました。

少しだけプログラムをいじりますが、初心者でも問題ありません。なぜなら、すでにオープンソースでデータが配布されており、あとは手順に従って作業するだけだからです。

詳しくは【NFT】ジェネレーティブアートの作り方【プログラミングで自動生成】をどうぞ。

>> 参考:OpenSea | UnchiCream

 方法④:AIで自動作成する

AIアートの時代が来るかもです。
というか、120%来ますね。

  • Dream(ドリーム)
  • Midjourney(ミッドジャーニー)
  • Stable Diffusion(ステーブル ディフュージョン)

ぶっちゃけ、AIアートは凄すぎます。もちろん、現段階では「AI感」はありますが、なんというか、人間では思い描けない「神々しさ」があるんですよね〜

将来的には、AIツールを使いこなせる人が稼ぐようになるハズ。アーティストは不滅ですけど、プロのアーティストでさえ、AIツールを使わざるを得なくなると思います。

AIに仕事を奪われるのは事実かもですが、うま〜く共存していく姿勢が大切です。詳しくは【話題】初心者でもできるStable Diffusionの始め方【時代はAI】をどうぞ。

 方法⑤:素材を外注化する

自作できない方向け。
そーいう方は、外注しましょう。

  • その①:知人に頼む
  • その②:ココナラで外注する

絵が得意な方がいれば、お願いしてみてはいかがでしょうか?

無理そうなら、クラウドソーシングを使えばカンタンです。もちろん、費用がかかるので、大量生産はむすかしいですけど、SNSアイコンなどは「サクッ」と用意できます。

>> 無料でココナラを始める

手順②:素材をミント(NFT化)する

NFTの素材を用意できたら、NFTプラットフォームで素材をミントします。

  • その①:NFTプラットフォーム
  • その②:ミント(NFT化)する

NFTアートでしたら、世界最大級なNFTマーケットプレイス「OpenSea」か、国内で人気な「HEXA(ヘキサ)」がおすすめです。

こういった専用プラットフォームで、素材をミントします。完全初心者にもわかりやすいよう、ミントの方法・手順を解説します。

 素材をミントするまでの具体的な手順

手順は、下記のとおり。

  • 手順①:仮想通貨取引所を開設する
  • 手順②:イーサリアム(ETH)を購入する
  • 手順③:メタマスクを開設する
  • 手順④:メタマスクにETHを送金する
  • 手順⑤:OpenSeaとメタマスクを接続する
  • 手順⑥:OpenSeaで素材をミントする

険しそうな道のりですが、諦めずに僕についてきてください。ここを乗り越えたら「トップ3%」のインテリです。

とはいえ、すべて解説すると、話が長くなりますm(._.)m

手順①〜⑤は【保存版】初心者でもできるOpenSeaの始め方【手順は、5つだけ】にまとめました。なお、手順⑥については【重要】NFTにおけるMint(ミント)とは?【仕組み・方法・注意点】をどうぞ。

以上で、NFTアートを作れます。
実に、カンタンでしたね\(^o^)/

NFTアートを作成後にすべきこと【NFTマーケの重要性】

NFTアートを作成後にすべきこと【NFTマーケの重要性】

ミント後のやるべきことです。
NFTマーケを実践し、販売しましょう。

すみません、、、本来はNFTアートを作る前から構想を練るべきです。

なぜなら、設計書なしでビルを建てたら、失敗する確率がガクンとUPするからです。ビルが傾いたり、倒壊するかもしれません。

基本的に、ブログでもYouTubeでもNFTだろうと、始める前から勝敗が決まってます。なんとなく始めたら成功した...というのは天才でして、ますは事前に作戦を練るべきです。

NFTマーケが、最重要

NFTマーケとは、NFTにおけるWebマーケティングです。当たり前ですが、ミントしたからといって、売れるワケではありません。そこは、プロでも素人でも同じです。

わかりやすくいうと、プロのお笑い芸人でさえ「YouTuber」として成功できるほど甘くはない...ということです。

大切なのは、誰にどんな作品を届けるか?...ということ。Webマーケ用語で「ペルソナ」といいますが、ペルソナに刺さらない作品は、やはり、売れません。

 売れるペルソナ設計

NFTマーケには「ペルソナが重要」と解説しました。

  • 価格
  • 実績
  • デザイン
  • コンセプト
  • コミュニティ

こーいった幅広い戦略ありきのNFTマーケがあって、売れるべくして売れます。

描きたい絵を描いても売れません。
コレクターのニーズにマッチしないからです。

NFTマーケ7つの掟

イケハヤ氏の過去のツイートから、深堀りします。

  • 掟①:リサーチしてますか?
  • 掟②:起業意識ありますか?
  • 掟③:哲学は、ありますか?
  • 掟④:あなたがやる意味は?
  • 掟⑤:売り込みしてますか?
  • 掟⑥:SNS発信してますか?
  • 掟⑦:それでもやりますか?

 掟①:リサーチしてますか?

Webマーケの基本は「リサーチ」です。

リサーチ、、、大切ですね。
ブログでもYouTubeでも、同じかと。

リサーチなくして、成功などあり得ません。
リサーチしても、成功はむずかしいので。

 掟②:起業意識ありますか?

副業サラリーマンでは、フルタイムで勝負してる人に、時間的にも勝てません。ブログもYouTubeも、同じかと。

いうまでもなく、NFTはビジネスです。起業精神に欠けてる人は、副業で何を挑戦しても無理でしょう。

 掟③:哲学は、ありますか?

哲学、理念、ビジョン...こういった、世界観ですね。

会社でも、経営理念があります。そして、面接では「御社の理念に共感しまして...」というように、NFTの理念に共感するからこそ、買ってもらえるワケです。

 掟④:あなたがやる意味は?

ホント、辛口ですね。

すでに他の誰かがやってるなら、それは二番煎じです。パクっただけじゃ、そこに付加価値は生まれません。

付加価値を産むには「お前は、誰なの?」という他者からの評判も必要です。

NFTアートに手を出す前に、何か実績はありますか?実績なくして、無名から成功できるほど、世の中、甘くないですよ。

 掟⑤:売り込みしてますか?

つまり、営業ですね。

たとえば、Twitterで「#NFT買います」とツイートすると、ものすごい勢いで営業リプが飛んできます。しかし、心に響かないので、買われない...という残酷な世界です。

売り込んでも、なかなか売れません。しかし、売り込まなかったら、そもそもあなたの作品が知られることもありません。なら、売り込みましょう。ただ、それだけです。

 掟⑥:SNS発信してますか?

SNS発信、、、鬼門ですね。
大半は、ココで挫折します。


ちなみに発信すると、もれなく「詐欺師」からモテまくります。僕はモテすぎて、もはや、詐欺師を一発で見抜ける感じですが、ダマされたことはありません。

モテ期、経験できますよ\(^o^)/

 掟⑦:それでもやりますか?

シンプルに、NFTだろうとアフィリエイトだろうと、ハンバーガー屋だろうと、本質は「集客して、商品を売る」です。実店舗を持つのか、ネットで売るのかの違いです。


おそらく、大企業とかもどんどんWeb3.0の世界に入ってきます。商品開発の一環として、NFT事業にも手を出すハズ。ラインとかアディダスも、NFT事業に参入しましたよね?

始めるなら、今がチャンスですよ。しかし、体感的に激ムズです。とはいえ、費用や経費がかからないので、誰でも参入できるのは確かです。

NFTアートは、誰でも作れます!

本記事では、初心者でもできるNFTアートの作り方を解説しました。そして、NFTアートのマーケ戦略にも触れました。最後に、内容を振り返ります。

  • 手順①:NFTアートの素材を用意する(方法は、5つある)
  • 手順②:素材をミント(NFT化)する(手順は、6つある)

NFTアートに挑戦する前に、ふと立ち止まり、NFTマーケの戦略も考えてみましょう。おそらく、マーケ戦略を考えても成功はむずかしいので、とりま、手を動かすことです。

そんなに焦って作ったところで、どうせ売れないので、ゆっくりでOKです。僕も地道にコツコツNFTアートと向き合っていきます。

最後に、僕が作ったNFTアートもご覧いただけたら幸いです。ジェネレーティブNFTで作った「ウンコのソフトクリーム」です。どうぞ、ご賞味くださいませ。

>> OpenSea | UnchiCream

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「ゆとりブログ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-NFT, Web3.0転職