IT転職 × Tips 仕事の悩み

給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由【ヒント:IT業界】

2022年8月16日

給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由【ヒント:IT業界】
ミヤビ

給料の低い会社に転職すべきか迷ってます。とはいえ、特にスキルもないから仕事なんて選べないし、もう仕方ないよな...給料の高い仕事に転職するのは、諦めるべきだよな...

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由
  • 給料の低い会社に転職しても、人生を豊かにできます
  • 給料の低い会社は、業界構造問題にある【ヒント:IT業界】

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。過去に、転職で年収300万→500万ほどUPさせました。

給料の低い会社って、魅力的ですか?

本記事では、給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由と、給料の低い会社に転職しつつも人生を豊かにする方法を解説します。

この記事を読むと、給料を上げる正しい業界選びのコツと、転職する行動勇気がわきます

人生は選択の連続です。迷ってる時間が無駄なので、感情ではなく論理的に生きましょう。

給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由

給料の低い会社には転職すべきでない3つの理由

安月給な会社に、転職すべきでない理由。
それは、下記のとおり。

  • 理由①:給料が低い = ギスギスする
  • 理由②:給料が低い = 心が狭くなる
  • 理由③:給料が低い = 代替可能です

理由①:給料が低い = ギスギスする

給料の低い会社の特徴として「謎に、忙しい」ことが挙げられます。忙しい職場は、常にピリピリしてまして、理不尽に怒鳴られたり、陰湿なイジメも、よく起こります。

なぜなら、給料が安いのに、忙しいからですね。

つまり、みんな「割に合わないな」と思いつつも、我慢しながら働いてます。それじゃあ、ギスギスして当然です。

 医療事務は、ギスギスしてる

たとえば「医療事務」って、わりと「謎に、忙しい」ですよね?

お客は高齢者ばっか、耳が遠くて、いくら説明しても理解できない、、、ストレス感じませんか?そして、こういった職場では、薄給が故の「ヒエラルキー」も存在します。

たとえば「パートなんだから、黙ってろ」みたいな圧力ですね。コレは良くないと思いますが「医者 > 看護師 > その他」みたいな構造だから、嘆いても仕方ない。

いくらパートが医者に楯突こうもんなら、謎の圧力に襲われます。つまりは、クビ。シンプルに、給料の低い会社は、ギスギスしてる場合も多く、人間関係に苦労すると思います。

理由②:給料が低い = 心が狭くなる

大方、上記のとおりでして、給料の低い会社に転職すると「ゆとり」も失われます。つまり、心が狭くなることを意味します。

  • まず、貯金ができない
  • すると、他人に八つ当たりする
  • そして、時間も無駄に失いやすい

どんなに仕事を頑張っても、まず、貯金すらできません。すると、金銭的ゆとりのなさから、家族や部下に当たり、職場の空気が悪くなります。

さらに、節約思考も高まります。たとえば、DtD「1時間半」の通勤とかですね。そして「満員電車だけど、小汗をかきつつ、我慢する」って感じです。

こういったストレスを抱えて嫌な仕事をガマンするのは、心苦しいかと。あなただけでなく、他の社員も給料が低いので、どんよりした空気になるのは必然です。

理由③:給料の低い = 代替可能です

悲しい事実として、給料の低い仕事は、代替可能を意味します。

  • 人による代替可能
  • AIによる代替可能

たとえば、介護士、保育士、ドライバー、公務員、医療事務とかですね。

そもそも、付加価値を出しづらく、テクノロジーが進歩すれば、AIに代替される未来です。何か「特別な想い」があるなら別ですが、無理してあなたが働く理由はありません。

みんなが無理して働くと「フムフム、これくらいなら辞めずに働くのか...」という経営者の判断基準になります。なんというか、業界のためにも、転職すべきではありませんね。

世の中のブラック企業が加速する要因は、給料の低い会社で無理して働き続けることにあります。給料の低い会社に転職するのは、やめましょう。

 自衛隊の給料を聞いて、ビビった

自衛隊の友人が3人ほどいます。そして「給料いくら?」と聞くたび、萎えます。

友人Aは、大卒3年目で13万くらい。友人Bは、大卒6年目で17万くらい。友人Cは、すでに辞めてました...

いくら国のためとは言いつつも、流石に薄給すぎませんかね?どれだけ理不尽に耐えられるかの世界ですので、離職率の高い職場は、やはりキツい。辞めるのも、正解です。

給料の低い会社に転職しても、人生は豊かにできます

給料の低い会社に転職しても、人生は豊かにできます

給料の低い会社でも「安定」は勝ち取れますよ。

ヒマな仕事に、転職すべし

転職するなら「ヒマな仕事」がおすすめ。
ヒマな職場は、人間関係が良好です。

なぜなら「給料は低いけど、このくらいの仕事量なら、まぁ仕方ないか...」と納得できるから。もしこれが、給料のわりに激務だと、人間は我慢できません。

そして、職場が「ギスギス」します。
つまり、人間関係が悪いです。

 ヒマな、仕事とは?

顧客のいない仕事です。
運用保守系は、おすすめです。

たとえば僕は、国際的な水道事業を展開する仕事をしてました。現場でコツコツ保守点検する作業がメインでしたが...

過去を思い返すと、、、「暇ゲー」でした。

現場作業って、監督者の目が届かなかったりします。なので、仕事さえやれば、あとはフリーダム。なので、仕事を速攻で覚えては、上司と仲良くなりつつ、下記をしてました。

  • 上司と一緒にゲーム
  • 国家公務員試験の勉強
  • 転職活動の準備

すみません、、、怒られそうですけど、事実です。そして、怒られることはなく、職場に「新しい風」を吹き込んでました。職場で信頼を勝ち取りつつ、会社から「月20万の小銭」をもらってました。

とはいえ、暇な仕事に未来はない

ここまで聞いて「あっ、そうか...ヒマな仕事に転職すれば、ストレスなさそうだな...多少、給料が低くても、まぁいいっか...」と思ってませんか?

ヒマな仕事 =「代替可能」ですよ。
あなたの代わりは、いくらでもいます。

余裕こいてると、転勤を余儀なくされたり、何かの拍子で人間関係にキズが生じます。基本的には、真面目に働くべきでして、余裕があるなら、時間を有効活用すべき。

ブラック企業ですと、暇さえありませんからね。そして、給料の高い仕事に転職したいのであれば、スキマ時間で勉強するなり、努力は必要です。

働きつつ、勉強しよう

ヒマな仕事は、定時が多いです。
残業も少なく、自分の時間を確保しやすい。

  • 副業でブログを書く
  • 転職活動の準備をする
  • プログラミングを独学する

僕は、上記をしてました。

人間は贅沢な生き物。どうせ暇な会社で働いてても「ヒマ、辛い」とか言い始めます。なら、そのヒマを活かしつつ、別な人生に舵を切る行動も大切です。

そのヒントとして、給料の高く、働き方も柔軟な「IT業界」という選択肢を提示します。下記の項目で解説しますね。

給料の低い会社は、業界構造問題にある【ヒント:IT業界】

給料の低い会社は、業界構造問題にある【ヒント:IT業界】

給料は、業界選びで決まります。
そこを理解してないと、薄給で苦しみます。

いったん、IT業界に転職しよう

IT業界は、比較的、給料が高い。
そして、働き方も柔軟です。

日本のお金持ちを想像してみてください。サイバーエージェントの藤田さん。ライブドアのホリエモン。2ch創設者のひろゆき。すべて、IT企業です。世界を見ても、Google、Apple、Facebook、Amazonなど、「IT企業」ですよね?

このように、あなたの問題というより、業界選びで給料は決まります。

インターネットが普及した1990年代。スマホやSNSが普及した2000年代後半。そして、2030年代には、メタバースやNFT、仮想通貨といった「WEB3.0」の世界も当たり前になるでしょう。

いくら「保育士の給料を上げろ」と嘆いても、難しいと思います。子育てロボットや、リモートワークが普及すれば、保育士の需要は減るかもしれません。

そう、時代は「テクノロジー」です。というわけで、IT業界などの情報通信やWEBの世界に転職することが、給料を上げやすい転職テクですね。

IT業界にセンスは、必要か?

よくある悩みで、文系だから無理とか、美的センスがないから無理とか、みんな驚くほどカンタンに諦めます。

しかし、エンジニアでもデザイナーでもマーケターでも、一部のトップ層を除いては、あなたと同じ人間ですよ。学力も偏差値50くらいの大学レベルですし、頭のキレも、そんな大差ありません。

じゃあ、どういった基準で「人生の差」として現れるのか?、、、それは「勉強」です。人によっては、独学。人によっては、自己投資として、スクールに通う人もいます。

何はともあれ、好奇心に勝るモノはありません。挑戦の動機は「不純」でも構いません。つまり「金」でもOK。僕は将来、あまり働きたくないから、プログラミングを学びました。

そして、今は、ジョージアでリモートワークをしています。通勤が、なくなりました。思考が、現実化しつつあります。

思い立ったら、秒で行動しよう

この記事を見て、実際に「IT転職する」という行動をとる人は少ないと思います。

100人中、3人くらいでしょうか?

しかし「明日でいいや...」と思っても、その明日は120%来ませんね。実際に「明日でいいや...」と思ってる人は、恋人もできませんし、童貞のままでしょう。

ちょっと煽りましたが、事実だと思います。悔しいなら、行動してください。1ミリだけ手を動かしてみてください。そのための行動リンクを、下記に貼り付けておきます。

というわけで、引き続き僕は、ジョージアで優雅なノマド生活を楽しみます。

次は、あなたの番ですね。
応援してます!

 IT業界に強い転職サイト/エージェント

【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【※ おすすめなど存在しません】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【おすすめなど存在しません】

IT業界に強い転職サイトを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職サイトを3つ紹介します。IT転職サイトを活用して、乾いた人生から卒業しませんか?

続きを見る

【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】

IT業界に強い転職エージェントを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職エージェントを5つ厳選して解説します。IT業界に転職しつつ、会社を踏み台にしましょう。

続きを見る

 IT転職のロードマップ

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み