IT転職 × Tips 仕事の悩み

IT業界の転職にTOEICは、不要です【英語学習の重要性】

2022年8月12日

IT業界の転職にTOEICは、不要です【英語学習の重要性】
ミヤビ

IT業界に転職したいけど、TOEIC対策って必要かな?やっぱ、IT業界だと、TOEICで高得点な方が、採用で有利ですよね?とはいえ、国内企業なら、英語ってそんなに必要じゃないのでは?TOEICを勉強すべきか教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • IT業界の転職にTOEICは、不要です
  • IT業界の転職に『英語スキル』は重宝します
  • IT業界に最短で転職する英語力の身につけ方

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。TOEICスコアは700点のザコですが、問題なくIT業界にドップリ浸ってます。

IT業界の転職に、TOEIC対策が必要と思ってませんか?

本記事では、IT業界の転職にTOEICが不要な3つの理由を解説します。さらに、IT業界で市場価値を高める方法論として、英語学習の重要性にも触れますね。

この記事を読むと、最短でIT業界に転職する方法がわかります。

TOEIC対策は、本末転倒ですよ。
さぁ、結果にコミットしましょう。

IT業界への転職にTOEICは、不要です

IT業界への転職にTOEICは、不要です

IT転職に、TOEICは不要ですね。
理由を解説します。

  • 理由①:ITスキル > TOEICです
  • 理由②:手段が目的化する
  • 理由③:TOEICで昇給しません

※ あくまで、"IT転職において"です。国際社会で英語は必須ですから、英語がデキると、社内のIT担当でも重宝します。英語で情報を参照したり、海外のメーカーに問い合わせるなど、英語の活用シーンは多いです。

理由①:ITスキル > TOEICです

前提として、ITスキルを持ってますか?もし「YES」なら、TOEICの勉強をする価値はあると思います。しかし「NO」なら、行動の順序が間違っています。

正くは、下記のとおりです。

  • 手順①:まずは、IT転職に必要な「ITスキル」を身につける
  • 手順②:そして、スキル証明する「ポートフォリオ」を作る
  • 手順③:付加価値を高める行動として「TOEIC」も学習する

TOEICは「採用に有利だろう」というテクニック思考は、やめましょう。確かに、英語力を証明する手段としては有効ですけど、所詮、TOEICの点数など「+αな資格」です。

まずは、ベースとなるスキルに、フォーカスすべきですね。

 日本語 > 英語です

当たり前ですけど、日本語、大切ですね。
なぜなら、日本人と働くからです。

あなたは日本語で、スムーズに会話できますか?

何を言ってんだ。僕は日本人だし、生まれて以来、ずっと日本語を話してるゾ。日本語なんて、できて当然だ...

こう思いますよね?

しかし、日本語の苦手な日本人が多いのも事実。僕も、苦手です。空気を読んだり、ギャル語だってあるし、尊敬語とか謙譲語とか、正直メンドい。

英語以前の問題で、社会では、スムーズの会話できないと厳しいです。ちょっと差別的に聞こえるかもですが、アスペ気味だと、日本語特有の会話についてけません。

たとえば「コレ、やっといて...」と言われても、「シンプルに、『コレ』って何スカ?」ですよね?まぁ、発言側にも問題アリですけど、シンプルに、日本語は難しい。

理由②:手段が目的化する

TOEICの"ための"勉強になっては、本末転倒ですよ...

  • 目的:IT業界に転職する
  • 手段:上記を達成するための手段として、TOEICを勉強する

本来の目的は、IT業界に転職すること。しかし、いつの間にか、TOEIC学習に行動がシフトしてしまっては「木を見て森を見ず」です。所詮「+αなツール」にすぎません。

目的と手段が入れ替わることは、よくあります。しかし、TOEICに力を入れるなら、IT業界を目指すべきではありません。英語の講師にでもなりましょう。

理由③:TOEICを取得しても、給料は上がりません

IT業界では、TOEICを資格手当としてる企業は少ないです。下記の図をご覧ください。

リクナビNEXT | 「勤務先にキャリア支援制度がない」が7割以上

リクナビNEXT | 「勤務先にキャリア支援制度がない」が7割以上

リクナビNEXTの調査によると、資格手当のないIT企業が「7割以上」というデータです。というのも、資格がなくても仕事はできますし、忙しいと、資格勉強してるヒマなどありませんからね。

それにIT業界は、変化の早い世界です。スキルをアップデートしないと「腐ったスキル」になります。資格より、スキルを磨く方が優先度は高いですよ。

 資格も、不要ですね

TOEIC対策と同様、IT資格も不要。
費用対効果は薄いので、時間の無駄です。

TOEICに然り、IT資格に然りですけど、IT業界に転職してから考えましょう。

IT転職のための資格勉強は、コスパ悪すぎます。詳しくは【未経験】IT転職に資格は必要?【結論、時間の無駄!/オススメIT資格3選】をどうぞ。

IT業界への転職に『英語スキル』は重宝されます

IT業界への転職に『英語スキル』は重宝されます

やはり、英語は大切ですね。

朗報:日本人の大半は、英語ができません

嬉しいことに、日本人の大半は、英語を話せません。なんせ、英語を話す機会がないですからね。

「英語ができない=機会損失」です。つまり、会社の利益に貢献せず、仕事の幅も広がらないことを意味します。たとえば、下記のとおり。

  • 英語を読みとれない:最新アプデ情報がわからない
  • 英語をしゃべれない:海外の顧客先と仕事できない
  • 英語を聞き取れない:仕事の生産性がガタ落ちする

外資系なら英語は必須ですし、そもそも「IT転職でTOEICは勉強すべきか?」と悩まない。悩む前に行動済みでして、本音をいうと「グダグダ言わず、さっさと勉強しろ」です。

 むしろ、チャンスです

というと、英語が少し話せるだけで、頭ひとつ飛び抜けます。

たとえば、面接でイングリッシュアピする場合、さいごの質問タイムがチャンスかと。面接官にジャブをかますことで「あっ、こいつは、ちょっと英語を話せるんだな...」と印象付けられますよね?

英語で面接に挑む人なんかいませんし、それだけで差別化です。面接官の記憶にも残りやすいから、多少の英語スキルがあるなら、ウザがられない程度に実践してみてください。

面接では「オモシロい人」が勝ちます。

まずは『出川イングリッシュ』でOK

あの、、、出川哲朗さんです。
英語、お上手ですよね?

自由の女神像を「フリーウーマン」で辿り着いた男ですからね。

外人と話すたびに思いますけど、文法なんか、ぶっちゃけ、どーでもいいです。何となくの英語でも話は通じますし、ボディランゲージも使えば、完璧です。

日本人はやたら文法を重視しますけど、大切なのは、下手でも失敗を恐れず「English」してみることです。

今日あなたは、英語を話しましたか?もし「YES」なら素晴らしい。しかし「NO」なら、今すぐ英語を話しましょう。独り言でも、心の中でもデキるハズです

今日をサボると、明日もサボりますよ。
ぜひ、今から英語を実践してくださいね。

海外経験は、大切です

この記事を書いてる僕は「ジョージア」という国で暮らしてます。そして、この記事を書いてる間も、そこら辺には外国人がいて、みんな英語でコミュニケーションしてます。

海外に来ると感じますが、アルメニア人だろうとジョージア人だろうと、みんな英語を話せます。英語を話せないのは、日本人だけです。

とはいえ、翻訳アプリや出川イングリッシュで問題ないでしょ?...と思うかもですが、それは間違いです。

というのも、それだと外国人と「微妙なズレ」が生じまして、相手の眉間に「シワが寄る」のを確認できます。つまり、相手からすると「ストレス」でして、やはり、英語を喋れないと「相手から、舐められる」といった具合です。

しかし、それは避けたいので、最後に英語をサクッと身につける方法を解説しておわります。外国人の友人から教えてもらいましたので、共有しますね。

IT業界に最短で転職する英語力の身につけ方

IT業界に最短で転職する英語力の身につけ方

英語なんて、"遊びながら"、身につけましょう。

  • 方法①:英語のメディアを読む←英語を"読む"スキル
  • 方法②:外国人とおしゃべりする←英語を"話す"スキル
  • 方法③:映画を字幕付きで楽しむ←英語を"聴く"スキル

ちなみに、英語を"書く"スキルは、一旦スルーしましょう。まずは、英語を読みとれ、聞き取れて、話すことが最優先。

英会話教室やオンラインサロンにお金を払う必要は、ありません。

方法①:英語のメディアを読む

英語ニュースを読むのに、おすすめなアプリです。実際に僕も使っており、共有します。ちなみに、すべて無料です。

  • News in Levels:同じニュースを初級・中級・上級の3つのレベルで読める。アナウンス付きなので、シャドーイングにも最適。
  • NHK WORLD JAPAN:NHKの日本のニュースを英語で学習できる。リーディングやリスニング対策にどうぞ。
  • BBC News:上級者向け。海外のニュースを知りたい方向け。僕は、テック系をメインに見てます。

基礎的な単語や文法理解は必要ですけど、学校で死ぬほど習ってるので、問題ないかと。完全に初心者ですと、もはや、中学生からやり直した方がいいと思います。

方法②:YouTubeでシャドーイング

無料で英語学習できる最強ツールYouTube。上記アプリはニュース系でお堅いですけど、YouTubeなら、暇つぶしで英語を学べるから、苦痛じゃない。

  • タロサック:オーストラリア生活のタロサック氏が、現地人に英語インタービューする動画。生の英会話を学習できて最高。
  • Gariben TV:演説やスピーチの抜粋動画。英語・日本語字幕でわかりやすい。
  • TED:上級者向け。生の英語を聞き流すことで、英語耳を鍛えられる。

僕は、上記をメインに使ってます。
ぜひ、どうぞ。

方法③:映画を字幕付きで楽しむ

気になる映画は、字幕付きでみましょう。

海外人も、子供の頃から、日本のアニメや映画を字幕付きで勉強してたりします。

Netflix、Amazonプライムビデオ...
日本なら、ぜんぜん余裕ですよね?

いや〜、、、日本文化って、海外でガチ人気なんですよね〜。海外の知人で、子供の頃から日本のアニメを見てると聞いた時は、ビックリしました。シンプルに嬉しいです。

というわけで、外国人の真似をしましょう。だいたい、日本人で英語を話せる人も、映画やアニメを字幕付きで見てたりします。「TTP」が、成功の近道です。

>> Amazonプライム

 IT転職で、TOEICは不要です

それでは、まとめです。

  • IT業界の転職に、TOEIC学習は不要
  • なぜなら「ITスキル > TOEIC」「手段が目的化する」「資格手当で昇給もない」
  • とはいえ、英語スキルはIT業界で重宝されます
  • 最短で英語学習し、IT業界に転職しよう

というわけで、以上です。
TOEICは、転職してからでOK。

やるべきことは、ITスキルを身につけて、転職の土台を作りましょう。

※ 最後に、ちょっと宣伝です
スタディサプリを使うと、オンラインで英会話を身につけられます。7日間の無料体験を行ってまして、もし「ビミョーだな...」と感じたら、期間中に解約すれば問題ありません。ぜひこの機会に、英語を身につけるチャンスです。>> 新日常英会話セットプラン

 IT転職のロードマップ

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み