Web3.0 Web3.0転職

仮想通貨業界でおすすめな転職先ランキングベスト5【時代はFintech】

2022年8月31日

仮想通貨業界でおすすめな転職先ランキングベスト5【時代はFintech】
ミヤビ

仮想通貨業界でおすすめな転職先ってどこかな?最近、仮想通貨に興味を持ちました。将来的に、仮想通貨などのWeb3.0の領域が盛り上がると思います。キャリア設計として、仮想通貨業界への転職ってどうなんだろう?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 仮想通貨業界の市場予測と具体的な職種とは?
  • 仮想通貨業界でおすすめな転職先ランキングベスト5
  • 仮想通貨業界に転職するためにすべき3つのこと

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。BitcoinやEthereumをはじめとした仮想通貨を保有しており、約200万円ほどの含み益を出しています。また、NFTアーティストとしても活動しており、仮想通貨での取引や売買など、ブロックチェーンの世界にドップリ浸っています。

こういった背景の僕が、これから仮想通貨業界に転職したいあなたの想いに応えます。

本記事では、仮想通貨業界の転職先でおすすめなFintech企業を5つ紹介します。

この記事を読むと、仮想通貨という世界に興味を持ち、実際に仮想通貨業界に転職する方法を理解できます

一般的に、仮想通貨 =「怪しい」ですが、本記事で紹介する企業は国内最大手で安心です。さぁ、仮想通貨業界の転職に一歩を踏み出しましょう。

※ 本記事は、仮想通貨取引を推奨する内容ではありません。なぜなら、転職 ≠「仮想通貨取引」 ですので。とはいえ、当たり前ですが、仮想通貨の取引は自己責任。僕もリスクを受け入れた上で投資してまして、勘違いなさらずに...

※ 資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されました。本記事では「仮想通貨」とします。

仮想通貨業界の市場予測と具体的な職種とは?

仮想通貨業界の市場予測と具体的な職種とは?

仮想通貨 =「怪しい」と思いガチですよね?

安心してください。仮想通貨の技術を支える「ブロックチェーン」は本物です。しかし、投資でダマされる人は、いつも「巧みな儲け話」にダマされるだけです。

それでもやはり、怪しいと思うのであれば、シンプルに「あなたの勉強不足」です。そーいう人が、詐欺師にコロっとダマされます。

TKOの木◯が詐欺られたのも、本人の問題です。技術的な欠陥では、ありません。

この記事を読んでるあなたは、バカじゃないと思うので、どうぞ最後までお付き合いください。3分ほどで終わります。

仮想通貨の市場予測は、右肩上がり

仮想通貨の市場規模は、2030年までに「49億4000万ドル」になると予想されてます。2020年の市場規模が約15億ドルですので、10年間で3倍以上の成長。

莫大な富が眠ってそうですね。

>> 参考 仮想通貨市場は2030年までに3倍以上になる

 時価総額も右肩上がり

CoinMarketCapの「Global Cryptocurrency Charts」を見てもわかるように、仮想通貨は、2019年で2500億ドル以上の時価総額があり、2021年には3兆ドル、2022年はやや下火となるも1兆ドルの時価総額です。

世界を牽引するニューヨークの株式市場の時価総額は約20兆ドルですから、それと比較しても市場規模は小さい。しかし、当たり前ですよね?仮想通貨はまだまだ新しい技術です。

世界のお金がデジタルに移行する、すなわち、株式市場の投資家たちが仮想通貨の世界に移動を始めた場合、仮想通貨業界はエゲツない富を築くことになります。

とはいえ、誰も5年先の未来なんてわかりませんし、仮想通貨もギャンブル的な側面も否めないことから、乱高下をよく繰り返します。

何はともあれ、現金→デジタルマネーへの移行はそう遠くないかと。中国やアメリカ、日本も動き出してます。大切なのは「不確定な未来にどれだけコミットするか」です。

仮想通貨業界の具体的な職種

仮想通貨業界とて、一般的な仕事を同じ。
たとえば、下記のとおり。

  • エンジニア職:システムアプリ開発など。運用・保守・企画・設計。Solidityなどの最先端スキルがあると最強
  • デザイナー職:WebデザインスキルでサイトHPのデザインを設計する
  • マーケティング職:デジタルマーケティングやマスマーケティングで仮想通貨の口座開設などを宣伝PRする

経営管理/企画/人事/総務/経理/広報/トレーディング/カスタマーサービス...

まぁ、何はともあれ、未経験からも可能ですし、すでにスキルや実務経験があれば、即戦力として重宝されること間違いなしかと。

 リモートも可能

デザイナー職やエンジニア職は、リモート業務も可能だったりします。というと、企業によっては、世界を旅しながらリモートワークもできるということです。

こういった時代の最先端な働き方を「デジタルノマド」といいますが、僕もその一人。というわけで、ITスキルなどの付加価値の高いスキルをお持ちであれば、積極的にリモートワークを目指したいですね。

ヨーロッパ地中海に沈む夕日を眺めつつ、ノマドワークできるなんて最高ですね。僕は黒海を照らす太陽を仰ぎつつ、オーシャンビューのタワマンより執筆しています。

 仮想通貨取引も経験すべし

本記事は、仮想通貨取引を推奨する記事ではありません、とはいえ、仮想通貨業界に転職するなら、仮想通貨の口座開設を行い、実際に仮想通貨をトレードすべきです。

というのも、顧客視点から会社のサービスを評価できるからです。なお、取引実績とかは、ぶっちゃけ、どーでもいい。

仮想通貨にまったく関心がない人は、そもそも転職しないと思いますし、現段階で知識が浅くても問題なし。というのも、仮想通貨業界は成長段階でして、仮想通貨に触れてるだけで、日本人トップ3%のインテリです。

特に、デザイナーやエンジニア、マーケティングなどのITスキルがあると、即戦力として採用されつつ、リモートワークも可能なんて、まさに「神」ですね。

仮想通貨業界でおすすめな転職先ランキングベスト5

仮想通貨業界でおすすめな転職先ランキングベスト5

結論、下記のとおり。

  • その①:コインチェック株式会社
  • その②:ビットバンク株式会社
  • その③:株式会社DMM Bitcoin
  • その④:株式会社bItFlyer
  • その⑤:GMOコイン株式会社

転職するなら、Fintech企業に強い転職サイト「doda(デューダ)」に無料登録しておきましょう。一般求人には出回っていない詳細な職種にも応募できます。

※Fintech =「Finance + Technology」の略でして、金融×テクノロジーを担う次世代の産業です。近年、IT革命が進んでおり、従来の産業にテクノロジーが融合した「X-Tech(クロステック)」がバンバン誕生してます。

 ポイントは、大手から選ぶこと

最大手から選ぶべし。というのも、大手じゃない限り、法的にグレー運用してる場合が多く、倒産リスクがデカい。ポイントは、下記のとおり。

 金融庁に登録されてるか?

仮想通貨取引業者は、金融庁の許可がないと、取引できない法律となってます。つまり「暗号資産交換業」の認可が降りてる企業から、転職先を選びましょう。

  • その①:コインチェック株式会社←OK(関東財務局長 第00014号)
  • その②:ビットバンク株式会社←OK(関東財務局長 第00004号)
  • その③:株式会社DMM Bitcoin←OK(関東財務局長 第00010号)
  • その④:株式会社bItFlyer←OK(関東財務局長 第00003号)
  • その⑤:GMOコイン株式会社←OK(関東財務局長 第00006号)

とまぁ、上記はすべて金融庁から許可を得てますので、問題なし。安心して、転職活動に踏み切りましょう。

>> 金融庁 | 暗号資産交換業者登録一覧

その①:コインチェック株式会社

ブロックチェーン技術を活用するFintech企業。ビットコイン取引所「コインチェック」を運営してます。

 コインチェックの概要

コインチェック 会社概要
代表者 蓮尾聡
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00014号
会社住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
従業員数 168名(2020年)
販売所 全17種類(BTC, ETH, ETC, LSK, FCT, XRP, XME, LTC, BCH, MONA, XML, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT, SAND)
取引所 全4種類(BTC, ETC, MONA, PLT)
会社URL コインチェック

 コインチェックの仕事

たとえば、コインチェックでは、SEOを使ったマーケティング業務を募集してます。

コインチェックの募集要項

コインチェックの募集要項

ブログで月5万以上稼げる実力があれば、採用条件を満たします。こう見ると、夢ありますよね?

日頃から仮想通貨を楽しみつつ、ブログやSNSで発信しつつ、Webマーケティングで稼げると、Fintech業界で働ける可能性も広がるかと。というわけで、僕も転職できそうです。

学歴不問、年齢も重視しないハズなので、やはり時代の流れをわかってる素晴らしい企業ですね。エンジニアやデザイナー、マーケターなど幅広い業務を募集してます。リモートワークも可能だから、ぜひ応募してみましょう。

>> dodaでコインチェックに応募する

その②:ビットバンク株式会社

国内トップクラス取引高な仮想通貨取引所「bitbank」を運営するスタートアップのFintech企業。

 bitbankの概要

ビットバンク 会社概要
代表者 廣末 紀之
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00004号
会社住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル 7F
設立 2014年5月7日
従業員数 102名(2020年)
販売所 全18種類(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, MONA, XLM, QTUM, BAT, OMG, XYM, LINK, MKR, BOBA, EJN, MATIC, DOT, DOGE)
取引所 全18種類(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, MONA, XLM, QTUM, BAT, OMG, XYM, LINK, MKR, BOBA, EJN, MATIC, DOT, DOGE)
会社URL ビットバンク

 bitbankの仕事

たとえば、bitbankでは経理担当を募集してますね。

bitbankの募集要項

bitbankの募集要項

その他にも、エンジニアやデザイナー、マーケター、海外営業など、幅広い業務を募集してます。

簿記の資格を持っており、実務経験を積んでる方は狙い目かと。しかも嬉しいことに、在宅勤務。年収もそこそこ高いですし、別業界から転職を狙う方は、ぜひおすすめです。

>> dodaでビットバンクに応募する

その③:株式会社DMM Bitcoin

DMMは、実は仮想通貨事業も運営してます。ホントこの会社は「やり手」だと思います。

 DMM Bitcoinの概要

DMM Bitcoin 会社概要
代表者 田口仁
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00010号
会社住所 〒103-6026 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー10F
設立 2016年11月7日
従業員数 49名(2020年)
販売所 全13種類(BTC, ETH, XRP, TRX, ZPG, LTC, BCH, XML, ETC, OMG, EJN, BAT, MONA)
取引所 なし
会社URL DMM Bitcoin

 DMM Bitcoinの仕事

たとえば、DMM Bitcoinでは、仮想通貨を運用するお仕事を募集してます。

DMM Bitcoinの募集要項

DMM Bitcoinの募集要項

その他にも、融資、経理、エンジニア、カスタマーサポートなどの業務を募集してます。私服勤務も可能らしく、やはり、ITを使った企業は、社風がいいですね。

金融業界で働いてた経験を仮想通貨業界に活かしましょう。

>> dodaでDMM Bitcoinに応募する

その④:株式会社bitFlyer

日本を代表する仮想通貨取引業者「bitFlyer」を運営するFintech企業。

 bitFlyerの概要

bitFlyer 会社概要
代表者 関 正明
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00003号
会社住所 〒107-6233 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
設立 2014年1月9日
従業員数 150名(2020年)
販売所 全17種類(BTC, ETH, ETC, LTC, BCH, MONA, LSK, XRP, BAT, XLM, XEM, XTZ, DOT, LINK, XYM, MATIC, MKR)
取引所 全6種類(BTC, ETH, BCH, MONA, XRP, XLM)
会社URL bitFlyer

 bitFlyerの概要

たとえば、bitFlyerでは「暗号資産エンジニア」を募集してます。

bitFlyerの募集要項

bitFlyerの募集要項

その他にも、エンジニア、法務、マーケティング、アプリ開発などの業務を募集してます。

ブロックチェーンエンジニアは将来的に需要大です。そもそも、エンジニアの需要がありすぎますし、何よりWeb3.0にブロックチェーンが使われてますので。

Solidityなど、スマートコントラクトを実装するプログラミングスキルを学習しておくと良いでしょう。難易度は高めですが、ブロックチェーンエンジニアの将来性は高いですね。

>> dodaでbitFlyerに応募する

その⑤:GMOコイン株式会社

GMOインターネットは、仮想通貨取引業者「GMOコイン」を運営してる日本を代表するメガITベンチャー企業。仮想通貨だけじゃなく、FXや投資、Wi-Fiでも有名。

 GMOコインの概要

GMOコイン 会社概要
代表者 石村富隆
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00006号
会社住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
設立 2016年10月28日
従業員数 5758名(2020年)
販売所 全17種類(BTC, ETH, BCH, LTC, XRP, XME, XLM, BAT, OMG, XTZ, QTUM, ENJ, DOT, ATOM, XYM, MONA, ADA, MKR, DAI, LINK, FCR, DOGE)
取引所 全4種類(BTC, ETC, MONA, PLT)
会社URL GMOコイン

 GMOインターネットの仕事

たとえば、GMOインターネットでは、NFT事業を展開してます。現時点でGMOコインの転職は募集してなかったのですが、展開してる事業が膨大なので、転職口も多い。

GMO コインの募集要項

GMO コインの募集要項

Webアプリケーション開発の経験があれば、転職できそう。GMOコインに転職できるかはビミョーですが、GMOの子会社への間口は広いので、幅広いIT業務を経験できますね。

>> dodaでGMOインターネットに応募する

仮想通貨業界に転職するためにすべき3つのこと

仮想通貨業界に転職するためにすべき3つのこと

簡単です。つまり「仮想通貨とは何か?」を学びつつ、体験しつつ、付加価値を身につけることです。

  • その①:仮想通貨の知識を学ぶ
  • その②:仮想通貨を実体験する
  • その③:ITスキルを身につける

その①:仮想通貨の知識を学ぶ

いうまでもなく、仮想通貨を学ぶこと。
勉強なくして、飛躍はあり得ません。

  • 方法①:書籍から学ぶ
  • 方法②:動画から学ぶ
  • 方法③:記事から学ぶ

 方法①:書籍から学ぶ

仮想通貨は、書籍から身につけることをオススメします。

仮想通貨の知識を体系的に学べます。基礎・中級・上級・応用向けに紹介しました。ぜひ、知識の源泉を脳ミソにインプットしましょう。

詳しくは【無料あり】仮想通貨をサクッと学べる本おすすめ7冊【基礎・中級・上級・応用】をどうぞ。

※ Kindle Unlimited会員ですと、2ヶ月たったの99円、200万冊以上が「無料」で読み放題。お使いのスマホ・タブレット・PCでも読めます。ぜひこの機会に、登録してみてください。>> Kindle Unlimited

【無料あり】仮想通貨をサクッと学べる本おすすめ7冊【基礎・中級・上級・応用】
【無料あり】仮想通貨をサクッと学べる本おすすめ7冊【基礎・中級・上級・応用】

仮想通貨初心者が読むべきおすすめな本を知りたいですか?本記事では、仮想通貨の知識を体系的に学べる本を厳選して7冊、紹介します。身銭を切りつつ、仮想通貨の知識を本から吸収しましょう。

続きを見る

 方法②:動画から学ぶ

YouTubeを利用すれば、知識なんて無料で手に入る時代。

できれば現役の投資家や事業家から学ぶべきでして、ホリエモンや与沢翼さんなど、数多くの著名人がYouTubeで発信されてます。というわけで、自分でググりつつ、学んでみてください。

 方法③:記事から学ぶ

ブログなどの専門サイトから学ぶこともおすすめします。

こういった仮想通貨の一次情報に詳しいメディアを常日頃からチェックしておきましょう。

その②:仮想通貨を実体験

実体験、、、ズバリ「仮想通貨取引所」を口座開設しつつ、身銭を切って、仮想通貨を楽しみましょう。

  • その①:coincheck(解説記事
  • その②:bitbank
  • その③:DMM Bitcoin
  • その④:bItFlyer
  • その⑤:GMOコイン

特に初心者におすすめなのが「coincheck」「bitFlyer」ですかね。ちなみに、bitFlyerですとビットコインがたまるクレカを発行できます。僕も所有しており、クレカ決済すると、ポイントの代わりにビットコインが溜まります。

何はともあれ、身銭という痛みを味わいつつ、仮想通貨を楽しむことが大切です。損するリスクもありますが、時代に取り残されるリスクの方がデカかったりするので。

その裏の仕組みでは、ブロックチェーンという革命的な技術が動いまして、時代の最先端を追体験できます。ぜひ「Web3.0の夜明け」に、先行者利益を狙いましょう。

その③:ITスキルを身につける

いうまでもなく、ITスキルがあれば、どこの業界でも転職できます。付加価値を高めるスキルとして、下記がおすすめ。

  • Webエンジニア:Webサービスやアプリ開発するスキル
  • Webデザイナー:サイトHPを構築したりデザインするスキル
  • Webマーケター:インターネットで商品を売るスキル

IT業界に限らず、社内人材としては必須。特に、Webマーケティングスキルが大切かなと思いまして、インターネットや広告で集客しつつ、商品を販売スキルは120%腐らない。

何はともあれ、ITスキルを学んで損はない。いうまでもなく、仮想通貨業界もITスキルが重宝されるので、ぜひこの機会に学んでみてください。

仮想通貨業界は、狙い目

時代を牽引する仮想通貨業界でおすすめなFintech企業を5つ紹介しました。仮想通貨と聞くと、拒絶反応を起こしガチですが、それは、わりと勘違いだったりします。

もちろん、投資のリスクは避けられません。しかし、まずは新しいことになんでも挑戦してみる姿勢が大切です。

どうせ転職するなら、人生を好転させたいですよね?それなら、社風が良くて、働き方も柔軟で、年収も高くて、将来性のある企業で働くべきかと。

今の時代、謎に飲食業やサービス業で働いても、努力が待遇に反映されずらかったりします。ぜひ、ITスキルを学びつつ、仮想通貨に興味を持っていただけたら幸いです。

というわけで、今回は以上です。

本記事で紹介した以外にも、たくさんのFintech企業はありますし、今後もバンバン生まれてくるでしょう。僕も仮想通貨を嗜みつつ、Fintech企業に挑戦していきます。

 Fintech企業おすすめ5選

  • その①:コインチェック株式会社
  • その②:ビットバンク株式会社
  • その③:株式会社DMM Bitcoin
  • その④:株式会社bItFlyer
  • その⑤:GMOコイン株式会社

>> dodaで応募する

なお、Fintechにしかり、時代はIT転職です。セットで【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【※ おすすめなど存在しません】もどうぞ。

【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【※ おすすめなど存在しません】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職サイト3選【おすすめなど存在しません】

IT業界に強い転職サイトを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職サイトを3つ紹介します。IT転職サイトを活用して、乾いた人生から卒業しませんか?

続きを見る

 仮想通貨取引業者おすすめ5選

  • その①:Coincheck(解説記事
  • その②:bitbank
  • その③:DMM Bitcoin
  • その④:bItFlyer
  • その⑤:GMOコイン
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】
【2022】IT業界に強い無料おすすめ転職エージェント5選【会社など、踏み台にしよう】

IT業界に強い転職エージェントを知りたいですか?本記事では、無料でおすすめなIT転職エージェントを5つ厳選して解説します。IT業界に転職しつつ、会社を踏み台にしましょう。

続きを見る

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-Web3.0, Web3.0転職