IT転職 × Tips 仕事の悩み

【簡単】キレる上司への対処法は3つある【暴走洗濯機を御する方法】

【簡単】キレる上司への対処法は3つある【暴走洗濯機を御する方法】
ミヤビ

いつも理不尽にキレる上司、マジでウザい。仕事ができないから怒られるのは納得だけど、正直、そこまでブチギレなくても...仕事に自信がつきませんし、ストレスで胃が痛い。キレる上司への対処法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • キレる上司への対処法は3つある
  • キレる上司を操るたった一つの方法

この記事を書いてる僕は、ジョージアで暮らすデジタルノマド。キレる怖〜い上司に当たりまくり、モノの見事にキレられつつも、上司をコントロールしてました。

理不尽にキレる上司、ストレスじゃないですか?

本記事では、理不尽にキレる上司への3つの対処法を解説します。

この記事を読むと、感情をコントロールできない上司への対処法を理解しつつも、相手の感情を逆撫でることなく操作できるようになります。

基本的に他人を変えることはできません。諦めつつも、感情の懐を操作する方法を解説します。

【簡単】キレる上司への対処法は3つある

【簡単】キレる上司への対処法は3つある

キレる上司への対処法です。
経験から解説します。

  • 対処法①:あらかじめ『包囲網』をはる
  • 対処法②:必ず『報・連・相』をする
  • 対処法③:上司を『犬』とみなす

対処法①:あらかじめ『包囲網』をはる

包囲網 =「予防線」のこと。つまり、事前に「バリア」を貼っておくことです。

たとえば、僕は「APD」という聴覚情報処理障害を抱えています。そして、APD =「バリア」として、上司にあらかじめ相談し、僕への怒りがマイルド化したことを実証できました。

こういうと策士に見えますが、僕は働きつつも、実験しました。その結果、僕だけにはやや優しかった。しかし、他の人は可哀想でした。

上記以外にも、ADHDやASD、HSPといった人も多く、そういったバリアをあらかじめ上司に相談しておくと、理不尽にキレられることを防げますよ。

なので、予防策をはることが最重要。
事前に、上司に相談しておきましょう。

 とはいえ、事前にだなんて...

とはいえ、予防策なんてありません。それに、もう遅いですよ...すっかり上司の標的になってます...助けてください。

こんな声が聞こえますが、大丈夫です。
キレられてるのは、あなただけじゃない。

きっと同僚も、あなたと同じように理不尽にキレられてます。なので仲間意識というか、その上司の愚痴ネタも生まれ、楽しい瞬間が訪れるハズです。

そして、勇気を振り絞れば、その上司の上司にだって相談できます。

  • 主任→係長に相談しましょう
  • 係長→課長に相談しましょう
  • 課長→次長に相談しましょう

まぁ、ここまでかなと思いますが、基本的に悩んでるなら、役職関係なく、他人に相談した方がいいですよ。会社によっては、相談窓口を設けてる場合もあります。

僕はそーいうのをフル活用しており「あの人、今日もブチギレられてんな〜」と横目でニヤけてました。すみません、性格が悪いかもですが、予防策の重要性を伝えたかった。

 まぁ『ウソ』でもOKです

どーしても、理不尽を回避する術がないのなら、ウソでもでっち上げましょう。別に上司から「医師の診断書を用意しろ」なんて言われませんので。

APDとかHSPは、まだまだ理解の乏しい領域。しかし、現実問題として、そーいう隠れた苦しみを抱えてる人は、意外に多い。多様性の認められつつある現代だからこそ、ちょっとウソついても、まぁ問題なしです。

とはいえ、フツーの人からしたら「それは、甘えだ」と片付けられてしまいやすい。だからこそ、そこに120%甘えることなく、仕事は淡々とすべき。

何はともあれ、予防線を貼ることで、上司からの理不尽なブチギレをマイルド化できます。僕が、実験済みですので。体調不良の部下に「出社しろ」なんて、いえませんよね?

対処法②:必ず『報・連・相』をする

彼らはどこで「怒りスイッチ」が入るかわかりません。まさに「暴走洗濯機」です。一度、スイッチが入ったら止まることを知りません。思考回路がブッ壊れてますので。

なので、暴走しないよう、必ず「報・連・相」(ホウレンソウ)を徹底しましょう。報告・連絡・相談は「基本のキ」でして、ここをサボる人は、そもそも信用されません。

そーいう意味では、キレる上司 =「仕事にマジメ」だったりします。基本的に仕事にガチですし、誰よりも仕事をマジメに取り組んでたりします。

それ故の「理不尽にキレる」だと思いまして「報・連・相」は当たり前。僕はサボったら、APD関係なく、ブチギレられました。特に新人は、肝に命じておきましょうね。

 ブチギレる沸点とは?

ポイントは、上司が「部下から見下された」と感じた場合、ブチギレられることが多い。下記の記事からも、まさに同意です。

いつも偉そうで、すぐキレる上司の場合、心理学的に見ると、彼らが偉そうにしているのは常に心のどこかに不安を抱えているから。周りから凄いと思われたい承認欲求が強いけれど、実際には自らが望むような評価が得られていない。偉く見せることで自分の気持ちを保っているのです。これまでの成長プロセスのなかで身につけた姿勢ですから、彼らの生き方は今さら変えられません。

普段は温和なのに、いきなりキレる上司もいますね。彼らもまた、自分が評価されていないのではと、自信が持てていない。普段は不安を押し隠して平静に振る舞っているのですが、実は気持ちに余裕がないため、自分が否定されたり人から攻撃されたと感じたときに自己防衛が働く。心に溜まった不安が爆発し、キレてしまうというわけです。

どちらのタイプも、自分は部下から実力を疑われているのではないかという「見下され不安」を抱えています。部下としては馬鹿にしたつもりは毛頭なく、ちょっとした意見を言っただけのつもりが、上司が突如キレてしまう。心に余裕のない上司は「部下から見下された」と強く感じてしまうのです。

引用元:すぐにキレる人は、なぜすぐにキレるのか

キレられてる途中で口答えすると、火に油。怒りはヒートアップし、暴走し始めます。それは、自分が見下されてると勘違いしてるからですね。

やはり「報・連・相」をサボったら、キレられたことが多かった。

それは「自己判断」という「上司への見下し」が原因かもです。そこで「自分はこう思ったんで〜...」というと「それは、お前の感想だろ」とブチギレられます。

「不用意な、見下し」に注意です。

対処法③:上司を『犬』とみなす

もう、諦めましょう。
諦めるのも、一つの対処法です。

理不尽にキレる上司を「犬」と思うことで、自分の脳を錯覚できます。他人の性格は変えられないけど、自分の脳をダマすイメージです。

別に、道端で犬に吠えられようが、傷つきませんよね?

「今日もあの犬(上司)威勢いいな〜...」くらいに思っておきましょう。そうすれば、心の負担も軽くなります。むしろ、可愛く思えるほどです。

しかし、キレられる原因は、本当にあなたが仕事できない場合もあり得ます。そこを見極めつつ、臨機応変に対応してください。仕事できないポンコツなのに、1ミリも反省しないとか、ポンコツの神ですからね。

上司を「犬」とみなしてる場合じゃないですよ。

>> 関連記事:【秘術】ムカつく上司をブン殴る前にすべき5つの対処法【西村ひろゆきが教えてくれた】

キレる上司を操るたった一つの方法

キレる上司を操るたった一つの方法

前半では、キレる上司の対処法を3つ解説しました。後半では、暴走洗濯機のようにキレる上司をサクッと操る方法を解説します。

基本的に、他人の性格は変えられません。
しかし、性格を利用することは可能です。

方法:論理よりも感情を優先すべし

キレる上司は、感情的です。
つまり、感情をコントロールできません。

その裏をつき、感情の懐に「スッ」と入ることで、上司の味方になれます。

その方法とは「上司が喜ぶことをせよ」です。一言でいうと、まぁ「気を使いなさい」ということ。気を使いすぎるのも酷ですが、何はともあれ最善の方法です。

 具体例①:掃除

個人的な人生観として、掃除が圧倒的に最強ですね。断言します。掃除ができる部下は、マジで上司から嫌われません。つまり、理不尽にキレられなくなるということ。

  • 玄関を掃除しましょう
  • トイレ掃除もやりましょう
  • 上司のデスク周りも掃除しましょう

仕事場がキレイだと、仕事しやすいですよね?

「そんなの関係ねぇ」と思うかもですが、それは間違ってますよ。ふと目にしたホコリとか、ゴミを見ると、なんか気持ち悪くないですかね?

作業場がキレイだと、ストレスを感じません。つまり、それは相手の立場で考えることでして、掃除ができると、上司から好かれますよ。ウソ偽りなく、ガチ本音です。

 具体例②:あえて、怒られることをする

すみません、具体例ではないかもです。
しかし、重要なので言います。

それは「あえて、怒られることをする」です。つまり、上司のキレるパターンを見つけつつ、その逆の「喜ぶことを探る」という方法。

残念ながら「痛み」が発生しますが、新人ならではの特権「積極的に失敗する」を活かしつつ、実験思考でキレられるパターンを見つける作戦です。

この上司は「〇〇をするとキレるんだな...」と徐々に分かるようになります。そして「じゃあ、〇〇をすれば喜ぶんじゃね?」という逆説的な思考に辿り着けます。

僕は、こうやって仕事してました。たとえば「報告が遅れると、ガチギレされるな〜」と痛みを味わいつつ「じゃあ、秒速で報告してやろ...」といった感じ。

こうすると、上司のキレるパターンを見つけつつも、上司に好かれる方法を発見できます。僕はこうして、敵を作らず、策士的に働いてました。

キレる上司の性格パターンは2つだけ

僕の経験上、下記のとおり。

  • 自分の感情をコントロールできない:99%
  • 相手のためを思って怒ってる:1%

基本的には「舐められてると感じる→キレる」パターンがほとんど。なぜか、仕事のできる優秀な上司ほど、舐められることに敏感です。

部下の何気ない発言でも「あっ、舐められたわ」と感じるケースが多く、僕にとっては、別に気にするほどでもないけどな...と思いつつも、そのプライドの高さに諦めました。

理不尽にキレる上司ほど、舐められたくありません。つまり、プライドが高い。

 お前のためを思って怒ってる←ウソですよ

正しくは「お前がちゃんと仕事できないと、俺の評価が下がって出世が遠のくから、ちゃんと仕事しろよ...クソ野郎」ですからね。

この言葉にダマされる人も多いですが、勘違いなさらずに。ここで、僕のエピソードを少しだけ。

僕は、マジ仕事できませんでした。10回も同じことを言われても、なおできず、上司からブチギレられる日々。上司に「お前のためを想って怒ってんだからな!」と怒鳴られました。そしてあるとき、その上司が「ボソッ」と本音を漏らしました。「マジで俺の評価が下がるから、ちゃんと仕事しろよ。給料もらってんだろ!...」と。

やっぱ「ウソじゃん」と思いました。
しめしめ、僕の勝ちですね。

とはいえ、本当に部下を想い怒ってる場合もあります。そこは、あなたの力量次第ですが、仕事ができるようになれば、上司もわりとすんなり認めくれるハズ。

僕はその上司から離れた後、徐々に仕事ができるようになり、何はともあれ、仕事では「相性も必要だなー」と感じました。

キレる大人は、カッコ悪い

ホントに強い人は、威勢よくいばりません。無言で、56します。もしくは、背中で語ります。職人みたいに「技は、盗め」という人の方が、シンプルにカッコいい。

僕のモットーは「キレる大人から、そっと離れる」です。

正直、40・50代のおじさんがブチギレても、Z世代やα世代からは「老害認定」されるだけですので。

昔なら、職場でキレる上司はカッコよかったかもしれません。しかし、今はYouTubeで「Breaking Down」でも見れば、エンタメとして十分に楽しめる時代です。

褒めて伸ばす方が「Win-Win」ですし、なんだかんだ、キレても相手が傷つくだけですからね。日本人は、自分を下げてまで他人を蹴落とす傾向にあります。

しかしそれは、あまりにも不幸ですので、基本的には、他人に無関心でありつつも、他人を肯定して生きたい。そのほうが、お互い幸せですので。

というわけで、今回は以上です。さいごにおまけとして、ひろゆきも似たようなことを言ってたので、切り抜き動画を載せておきます。

 おまけ:ひろゆき「上司がキレる人だとむしろラッキーです!」

 リスクヘッジとしての『IT転職』

どーしても、理不尽にキレる上司に耐えられない人は、リスクヘッジとして「転職」も考えておくべきかと。

基本的に、どこの職場にもキレる人はいます。しかし「IT業界」ですと、社風がよかったり、リモートワークも可能だったりして、理不尽を回避できるルートが広い。

理不尽に上司に怒鳴られ、せっかくの才能が潰れてしまう人を何人も見てきました。そして、僕もその一人になりかけましたが、自分でIT業界に舵を切りました。

IT転職のキャリア設計を、今から考えておく価値はあるかと。彼らは「怒りスイッチ」を制御できませんので。詳しくは、未経験からIT転職する完全ロードマップをどうぞ。

【未経験】100日後にIT転職する完全ロードマップ
未経験からIT転職する完全ロードマップ

未経験からIT転職を成功させませんか?本記事では「100日後にIT転職する完全ロードマップ」と題して、具体的なITスキルの学習方法〜IT転職の方法をマルっと解説します。IT転職を成功させて、人生の質をワンランクUPさせましょう。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤビ

「100日後にIT転職するユトリ」の編集長。民間・公務員・WEBフリーランスとマルチな職歴を持つ敏腕ゆとり転職マスター&デジタルノマド。100日後にIT転職させます。

-IT転職 × Tips, 仕事の悩み